« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018/02/28

バスの忌み番

2018年2月28日

ある特定の数字を、「縁起が悪い」と言って避ける「忌み数」というのがあります。有名なところでは、飛行機の座席の列に13列がないとか、高層オフィスビルには13階がない(実際は機械室などになっている)とか。病院の会計窓口に4番がないところも多いですね。548img_30031a


これが車両になると「忌み番」になりますが、さすがに旧国鉄ではそういうものは一切なかったのに、中小私鉄ではかなりありました。島原鉄道のC12型蒸気機関車は、C1203の次がC1205で、C1204はありませんでした。ただこれも最近は小田急や東急に4000系が現れるなど、忌み番にこだわっていられなくなったようです。

先日図書館から借りてきた中村弘之氏の著作「熊本・九州の輝いていたバス達」(ぽると出版)を見ていたら、大分交通の「大分2あ45-49」のナンバーを付けたバスの写真に、「登録ナンバーの末尾には42や49は欠番にしてあると思っていたが(中略)21世紀に至るまで、希望ナンバーでもなければバスで49は見たことがない。」というコメントがありました。42「死に」に通じるのでは忌み番で避けると思っていたのですが、49も忌み番とは知りませんでした。どうやら「しく=轢く」で忌み番になったようです。ウィキを見たら、「希望があった場合と在日米軍向けを除き、交付されない」と書いてありました(ただし、「出典不明」の警告付き)。550img_30701a

そこで、手持ちの資料をあさってみました。確かに、岡電バスで2001年に入ったワンステップバスの一群は、社番は976から980までの連番ですが、登録番号は岡山200か248の次は250になって、249が抜けています。両備も2004年に特急車の西工KL-MP35JM改という6.5mのロングホイルベース車が社番0429から0431まで3台まとめて入っていますが、登録番号は岡山200か647から650までで、649が抜けています。

そして社番の方も、両備は年ごとの番号なので40番代はいないですが、岡電は連番なので、40番代もいます。ところが、942も949もいません。ここは登録番号の方が、941から943、そして948から950と連番になっています。意識的に避けているんですね。また新しいところでは、542も549もいません。ここも登録番号は541から543、548から550と連番です。なお岡電では、「44」もいません。これも忌み番なのかもしれません。

余談ですが、熊本市電に194号という車両がいましたが、これが2階も人身事故を起こし、「轢くよ」だ、と言われていました。ワンマン化改造の時、熊本市電は現番号+1000で、200型は1200型に、350型は1350型になったのですが、同じように190型を+1000にするとかの194号は1194号になり「人轢くよ」になってしまいます。これはあんまりだというので、100番代の車両は現番号+900として、190型は1090型になりました。194号は1094号となり、その後は人身事故は起こしていないそうです。

2018/02/26

新移民時代

2018年2月26日

「新移民時代」という本が、九州のブロック紙、西日本新聞社の編集で発行されています(発行は明石書店)。いやあ、びっくりすることだらけですね。日本は移民政策を取っておらず、公式的には、ごく一部の例外を除いて、移民は存在しないことになっています。ところが国際的な尺度では「移民」とは「国内に一年以上滞在する外国人」ということになっていて、それだと2014年の統計で年間34万人も流入しているのですね。これは、世界5位(上位4カ国は、ドイツ、アメリカ、イギリス、韓国)です。従って日本国内の外国人労働者の数も多く、2016年には100万を突破しています。

公式には外国人労働者(単純労働者)は認めていないはずの日本で、なぜこれだけの数が居るかとなると、実はその2割は「留学生」だというんですね。そして出身国は1位ネパール、2位ベトナム。福岡県の統計ですから、全国では少し違うかもしれません。日本はすでに外国人労働者がいないと社会が回っていかなくなっていますが、それらの「留学生」がアルバイトで働いて、コンビニやら宅配便やらを動かしているわけです。法律では留学生の労働時間は週28時間の制限が課せられていますが、果たしてどこまで守られているものやら。

留学生のほとんどはまず「日本語学校」へ来ますが、これが玉石混淆で、きちんと教えるところから、留学資格の書類は偽造で単に出稼ぎのために籍だけ置かせているところで。学校法人あり株式会社あり。来る留学生の方も、勉強するためから出稼ぎ目的まで。以前は日本語教育振興協会が法務省に代わって日本語学校の審査認定業務を行っていたらしいのですが、2010年の例の「事業仕分け」で廃止され、現在は野放し同然らしいです。

そしてこの留学で生活が立ちゆかなくなったら、東京に出て難民申請をして、偽装難民になるという手があるそうです。難民申請して6ヶ月経つと、フルタイムで働けるようになるからです。「偽装」と書きましたが、実際に国に帰ると、借金が返せなくてマフィアに殺されかねない人もいるそうですが。

問題なのは、これらでネパールに帰った若者の半数以上は、「二度と日本には行きたくない」と思っていることですね。留学中にひどい目に遭ったり、稼いだお金をピンハネされたりして、日本に悪印象を持っているのでしょう。日本が外国から留学生を受け入れるのは、日本びいきの人たちを作るのもその目的であるのですが、逆の結果になっているようです。

その次に労働力として日本を支えているのが、実習生。実習生の問題はもうすでにいろんなところで取り上げられていますので、省略します。

元々日本という国、と言うより日本列島では、そこで発生した人類はおらず、すべて外からの流入者です。特に朝鮮半島とは、ほとんど同一国内並の行き来があったようです。そしてその後も、「渡来人」という名の移民は、ずっと続いていましたね。日本人が単一民族であるというのは、幻想です。そろそろ移民の受け入れを真剣に考えないといけない頃です。「留学生」や「実習生」ではなく「労働者」としての受け入れを決めた上できちんと管理しないと、後になって受け入れを決めたときには皆中国と韓国に流れていって、日本は評判が悪く呼んでも来てくれない、ということになりかねません。

2018/02/25

ジパング倶楽部の手帳

2018年2月25日

22日(木)に無事熊本から帰ってきました。このところ心臓の調子があまりよくなかったのですが、現金なもので、旅行中はなんともないですね。写真は、熊本駅新幹線コンコースの巨大「くまモン」です。18022213a

さて、その旅行には「ジパング倶楽部」の割引を使ったのですが、この割引手帳は2月末で切り替えになります。3月から使える新しい手帳がもう来ても良いはずなのに、来ていません。カミさんに来た記憶があるか聞いてみたのですが、カミさんも記憶にないといいます。熊本に行く前に気になっていて、帰ってみても来ていなかったので、事務局に電話してみました。なお、小生は東京にいるときにJR東のものに加入し、JR西に切り替えるメリットがないので、切り替えずにそのまま使っています。

事務局の電話は混んでいてなかなか繋がらなかったのですが、しばらく待っていたら繋がりました。ジパング倶楽部の手帳に裏に「更新方法のお知らせ」が書いてあり、手続きは全くやっていなかったことに、電話を待っている間に気がつきました。その更新手続きですが、小生の場合は(夫婦会員なので、カミさんも)クレジットカードと合わせた契約なので、自動更新になっていて更新手続きは必要ないこと。新しい手帳は、1月の末には発送しているとのことでした。

1月の末というと、ちょうどインフルエンザにかかっていたころです。そしてあちこち家捜ししたら、ありました。カミさんも「ない」とか言っていましたが、こちらも家捜ししたらありました。狭いマンションなのに、まあうまく姿を隠すものです(^_^;。どうも寝込んでいる間にカミさんが郵便受けから持ってきて、封筒から出して小生に渡してくれたようです。小生は多分低体温の頃で、そのままそのあたりの引き出しに放り込んで、そのまま忘れてしまったようです。

ジパングの事務局も「探してなかったら電話してくれ」と言っていたので、「あった」という連絡はしていません。ジパング倶楽部はジジババクラブですから、こんな電話は多いでしょうね。そろそろぼけた?まだだと思うけどなあ。

2018/02/21

熊本に来ています

2018年2月21日

熊本に来ています。
今日は筑豊電鉄と筑豊線を撮りましたが、筑鉄の旧型3連接は、完全に通常運用から外れているみたいですね。黒崎工場(旧黒崎車庫)の中に2002が1両だけいましたが、2002は記念グッズになっていますから、おそらく最後の1両でしょう。トミックスのNゲージ相当模型は高いので、手は出ませんでした。代わりに、キーホルダーを買ってきました。

折尾駅は改修工事の真っ最中。鹿児島本線をやや北にずらし、筑豊線のホームを立体交差ではなく鹿児島本線と併行させ、筑豊線の仲間方面へは西側に大きく迂回して元の線の戻る形になります。そのため、通常の駅での分岐の形で博多方面から若松方面への直通もできるようになります。黒崎からは、一旦折尾のホームに入ってその先で分岐するようになります。鹿児島本線と筑豊線が全面高架になるので(旧短絡線も廃止)、踏切が消えます。

筑豊線のバッテリー電車に、若松まで乗りました。折尾から若松まで15分、バッテリーに余裕があるせいか、通常の電車と同じ速度で飛ばします。烏山線が、烏山線内に入るとぐっと速度を落とすのとは、ずいぶん違います。若松には充電設備はありません。

熊本に着いたら、熊本駅も、この春に在来線が全面高架になるのと合わせて、駅ビルの改築工事が始まります。すでに駅ビル内の飲食店は、全部閉店していました。毎回熊本に来る度に食事をしていた店がありましたが、当てが外れました。ホテルに入る前に覗いて、良かったです。

これで「鉄」は終わり、明日は真面目にお墓参りです。

2018/02/20

北九州に来ています

2018年2月20日

北九州に来ています。元々は、熊本のお墓の様子を見に行くつもりでした。このお墓、ずっと姉がシルバー人材センターに手入れ(掃除、草刈り、その他)を依頼していて、ドラ息子にバトンタッチしたのですが、何かの手違いでここ数年手入れが全くされていない状態でした。そこで去年小生がしゃしゃり出てシルバー人材センターに依頼し、6月頃手入れが行われた(はず)のです。今年もう1回小生が依頼し、それからドラ息子にバトンタッチしようと思ったのですが、去年の成果を全く見ないで今年依頼するのもどうかと思い、見に行くことにしたのです。

とは言っても、せっかく熊本まで行くのなら北九州で途中下車し、九州鉄道記念館の企画展も見てみたいし、筑豊電鉄の新車も撮りたい。また筑豊線のバッテリー電車もとりたいということで、小倉で途中下車しています。

今日は門司港まで行きましたが、偶然「七つ星」を撮ることができました。ただ門司港駅は大規模な改修工事中で、箱の中です。明日筑豊電鉄と筑豊線を撮って、熊本に向かいます。

2018/02/19

電源リセット

2018年2月19日

Windows10のデスクトップパソコンはキーボードとマウスはワイヤレス(ブルーツースではなく、富士通独自のプロトコル)なのですが、1ヶ月に1回ほどの周期で、認識しなくなります。最初は慌てて富士通に電話をしたのですが、対策方法を教えてもらい、後はそれを実行しています。

その対策方法というのが、シャットダウンして、マウスが効かないのでシャットダウンは本体の押しボタンなのですが、その後電源ケーブルを引っこ抜き、30秒ほど経ったらまた繋いで電源再投入、それでOKです。本体の電源を引っこ抜くとき、キーボードとマウスも一応電源はOFFにしておきます。本当はUSB接続しているHDDなどの器具も外しておけと言われたのですが、それは外さなくても大丈夫でした。

要は電源リセットなのですが、現在のパソコンの外部電源スイッチでは中のCPUが完全には電源OFFにならないため、電源ケーブルを引っこ抜く必要があるのです。

同じように、定期的に電源リセットをかけないと具合が悪くなるのが、シャープ製のビデオデッキです。再生時に画面が数十秒おきに消えるようになって、最初はHDMIケーブルの断線だと思ったのですが、ケーブルを取り替えても改善せず、電源ケーブルを一旦引っこ抜いたら治りました。

電源リセットをかけると治る/かけないと治らないというのは、リセット回路がうまく働かず、メモリーのどこかが満杯になっておかしくなってくるんですね。これはファームウエアのデバッグをしっかりやっていると事前に発見できるのですが、Windows以来、ソフトのバグはあって当然というような風潮になり、それがファームウエアにまで及んできているようです。日本製も、品質が落ちました。

2018/02/16

心臓の検診-S病院行きは予定通り

2018年2月16日

心臓の定期検診に行ってきました。実はこのところ、と言うよりインフルエンザ以来、あまり調子が良くないのです。妙に息苦しかったり胸が苦しかったりするのが、以前は月に1回くらいだったのが、週に2回くらいに増えているのです。おまけにたまには胸が痛かったりします。ただそれが長く続かず秒単位で回復するので、何もせずに放っています。これが長く続くようだったら、即刻S病院に駆け込んでいます。地元の開業医の先生との話でも、S病院を前倒しにするかどうかと言うことだったのですが、今から前倒しにしてもどうせ3月の初めだし、3月19日の予約通りに行くことにしました。その前に3月にもう1回ここに来て、紹介状を書いてもらうことになります。

「地域連携」とやらでおそらく補助金が出るのだと思いますが、半年に1回で予約はすでに入っているのに紹介状を書いてもらうというのも、面倒な話です。

そろそろ花粉症の症状が出始めてきました。まだくしゃみだけですが、そのうち目に来ます。早めにいつものクラリチンをもらってきましたが、今回からジェネリックに変わっていました。ジェネリックは好みではないのですが、元々のクラリチン自体があまり効いている感がなかったので、そのままにしました。クラリチンの改良型も出ているそうです。値段が上がるかな。

2018/02/14

本の総量規制

2018年2月14日

今日はバレンタインデー。県立図書館内の喫茶室で、いつもはコーヒーにピーナッツが付いてくるのですが、今日はハート型のクッキーが付いてきました。

図書館に入り浸っているように、本を買う量がめっきり減りました。昔は月に数千円から万に届くくらい書籍代に使っていたのですが、年金生活者になって可処分所得が減ると、書籍代は抑えざるをえません。鉄道雑誌も、最近はもっぱら図書館です。去年の写真展の懇親会で、有名鉄道雑誌の元編集長やら名誉編集長やらが発行部数の減少を嘆いていましたが、ボリュームゾーンの団塊の世代がこぞって年金生活者になっているのですから、発行部数は減るでしょうね。

ただすべてが図書館になったわけではなく、手元に置いておきたい本は、買っています。加治将一氏が「自分の本は図書館には置くな!」と著作に書かれていますが、何回も読み返したい本だったら、図書館で読んでもそれから購入するんです。実際にそうやって、先に図書館で読んで、それから買った本が何冊もあります。

そう言えば、ソードアートオンラインシリーズは作者の川原礫氏がWEB小説家だったこともあって、出版前の一時期WEBで公開されていますね。ただ公開されるのは第1稿か第2稿で、出版される最終稿とは少し(かなり)違っています。小生はWEBで読んで、出版されるとすぐに買っています。最終稿の方が、面白いです。

ただ岡山に越してきて、総定員法ならぬ本の総量規制をカミさんから言い渡されているので、新しい本を買うと、何か処分しなければいけません。昔のボロアパートの方が、造りが悪くデッドスペースが多かった分、本の隠し場所はたくさんあったのです(^_^;。今回は、古いC型肝炎の本(飯野先生やら熊田先生やら)が処分の対象に上がってきました。治療法もかなり変わったし、そろそろ良いかなあ。

2018/02/11

バスのトランスミッション

2018年2月11日

昔、と言っても1970年頃ですが、バスの運転手は長いシフトレバーを使ってギヤチェンジをしていました。この頃は路線バスにも冷房車が出始めた頃で、そのため走行エンジンはリヤかリヤアンダーに置かれ、車体の真ん中の床下は冷房エンジンが置かれていました。そのためトランスミッションも車体の後ろで、シフトレバーから長いリンクで操作されていました。リモコンと呼んでいましたが、機械式のリモートコントロールです。ギヤはノンシンクロの常時噛み合い型、そのためダブルクラッチの操作が必要でした。ダブルクラッチと言っても、今は操作を見たことのある人の方が少ないでしょうね。

岡山に越してきてバスによく乗るようになり、たまに運転席の隣に座ると、長いシフトレバーがなくなっていました。卓上型というか、スポーツカーのような短いシフトレバーで、フィンガーシフトと言うらしいことがわかりました。これは電動のリモコンで、シフトレバーの操作に合わせてサーボモーターが動いてシフトするものです。時代が進んでいると感じました。

このフィンガーシフトは安全装置も組み込まれており、エンジンがオーバーレブになるような領域ではギヤが入りません。そのため下り坂でオーバースピードになったとき、昔はダブルクラッチでエンジンが壊れることは覚悟で強制的にシフトダウンができましたが、今はそれが出来ません。自分はシフトダウンしたつもりでもギヤが入っておらず、速度超過で大事故を起こしたバスがいました。大型車(フィンガーシフト)に慣れていないと事故後に運転手が言っていましたが、大型車の機構は慣れないとわからないところがいろいろありますね。

その大型車のトランスミッションですが、シフトパターンも乗用車とは異なります。乗用車はニュートラルポジションからまっすぐ下げたところがトップギヤで、左に寄せて上げたところがローギヤです。セカンドで発進する場合は、左に寄せて下げます。ところが大型車は、ニュートラルポジションからまっすぐ上げてセカンドです。発進はもっぱらここを使います。右に寄せて上げたところが4速、右に寄せて下げたところが5速(一部の車では、オーバートップ)です。このシフトパターン、2t車クラスのトラックではメーカーにより異なっており、トヨタのダイナやトヨエースは乗用車と同じパターン、三菱のキャンターは大型車と同じパターンでした。そのためトヨタ車に慣れた人は、三菱車に乗れなかったものです。555img_39661a


ところが最近のバス、岡電バスの場合は2011年頃以降は、バスもオートマチックになっています。ワンマンバスは発車時に次の停留所の案内放送を入れたり、整理券の番号を切り替えたり、操作がたくさんありますから、オートマチックにする効果は大きいでしょうね。岡電は元々エアサス、チューブレスタイヤ、ハイバックシートなど、「高級」な車両を導入してきたので、オートマチックに採用も早いと思っていたのですが、どうやらこのあたりの時期から三菱ふそうの路線バスはオートマチック1本になったみたいです。やっぱり時代は変わっています。

写真は最新(2018年型)の555号(2PG-MP38FK)。当然、オートマチックです。

2018/02/06

五輪特別仕様ナンバープレート

2018年2月6日

これまたいささか旧聞ですが、2020年の東京オリンピック/パラリンピックに協賛して、特別仕様図柄入りのナンバープレートが10月から登場しています。東京のことだし(小生は、2020年の東京オリンピック自体に反対していました。理由は、会場建設に人が取られて災害復旧が遅れるからです。)、岡山は関係ないと思っていました。ところが、オリンピックのキャンプ地誘致に関連してか、岡山で東京五輪特別仕様のナンバープレートが登場しています。S03img_39361a


岡電バスのS03号車で、スカイビューバスに改造されて岡山駅と後楽園とを結んでいるバスです。当然営業用の緑ナンバーなのですが、五輪特別仕様ナンバーは白ナンバーなんですね。ナンバープレートの変更だけで、番号自体は変わっていません。S03img_39321a


1月から2月にかけて、岡電バスには2018年型の新車が一挙5台入りましたが、ナンバープレートは普通のもので、特別仕様車は今のところS03の1台だけのようです。後楽園特別仕様車を走らせている宇野バスは、どうするかな?S03img_30751a


2018/02/05

環太平洋大学マーチングバンド部定期演奏会

2018年2月5日

環太平洋大学マーチングバンド部の定期演奏会に行ってきました。昨年も行こうと思ったのですが、当日券は販売しておらず、行けなかったのです。今年はチケットぴあで取り扱っており、1枚だけ手に入りました。

さてマーチングバンドですが、楽器編成が大きく分けて2種類になるようです。一つはドラム・アンド・ビューグルと言われる打楽器と金管だけのバンド。金管も、マーチングに特化した特殊な楽器が多く使われます。もう一つは、コンサートバンド(吹奏楽団=ウインドオーケストラ)がそのままマーチングを行うもの。楽器も木管楽器を含んでいます。これは大会を主催する上部団体が、日本マーチングバンド・バトントワーリング協会(M協)と、全日本吹奏楽連盟(吹連)の2つあることが関係しているようです。小生はスーザのマーチ(木管楽器がないと演奏できません)から入ったので、コンサートバンドがそのままマーチングを行うタイプの方が好きです。と言うより、ドラム・アンド・ビューグルで聞くに堪える演奏を聞かせてもらったことがありません。ドラムはリムばかりをぶったたくし、アンサンブルの悪さを音量でカバーし、リムをたたいて演奏の下手さをカバーしているようなところばかりです。

さて今回の環太平洋大学マーチングバンド部、全国大会で3位に入るような実力ですが、小生の「嫌いな」ドラムアンドビューグルの編成です。聞いてみました。さすがです。うまい!金管のアンサンブルが、すごくきれいです。しかし聞いていくほどに違和感が。打楽器がせっかくのアンサンブルをぶちこわしています。要は打楽器が多すぎて、やかましい。

演奏がうまいだけに、高音楽器がないというアンバランスさが目だちます。その分は贅沢にも4台ある5オクターブのマリンバがカバーしているのですが、そこはやはり打楽器で、ピッコロやオーボエのカバーにはなりません。

もう一つの違和感、カラーガードショーのところではテープ音源です。いやしくも「バンド」を名乗る団体の定期演奏会でテープ音源を使って恥ずかしくないのか、という感じがあるのですが、やっぱり楽器編成のアンバランスのせいなのでしょうか。

これがマーチングができるコンサートバンド、例えば「オレンジ色の悪魔」京都橘などは、跳んだりはねたりしながら素晴らしい演奏を聞かせてくれます。どうやら環太平洋大学マーチングバンドが向かう方向と、小生が期待するマーチングバンドとは、方向が異なるようです。

2018/02/01

鉛筆とシャープペン

2018年2月1日

雑誌の発売時期からするといささか旧聞に属することですが、「音楽の友」2017年12月号に指揮者の山田和樹氏が、面白いことを書かれていました。メインのテーマはデジタル楽譜についてなのですが、派生した鉛筆とシャープペンに関する考察が面白かったです。

曰く。
○学生時代から、楽譜の書き込みは2B以上の濃い鉛筆と指導を受けてきた(シャープペンではなく)。
○小学校までは、シャープペンは使用禁止である。
○それらの理由について、誰もはっきりした説明をしてくれないに、質問してもはっきりした返事は返ってこない。
と言うことで、消えてしまう芸術である音楽と、土に返る天然素材の鉛筆との関連性について、哲学的な考え方を述べられていました。(記憶で書いているので、多少の誤りはあるかもしれません。)

せっかく哲学的なことを書かれているのにぶちこわしですが、元筆記具屋として「答」を書いておきます。

まず鉛筆の芯の素材ですが、天然黒鉛と粘土の焼成物なので、まさに天然素材です。合成樹脂を焼成したカーボンをバインダーとしているシャープ芯とは違います。ただし、元々安定した物質で、土には返りません。まあ、消して紙の上から消去する行為を「土に返す」と言えなくもないですが。

それから小学校でシャープペン禁止の理由、遊ぶからです。ついつい集中力が途切れがちな小学生は、余計な誘惑は手元に置かない方が良いのです。
また山田和樹氏は触れられていませんでしたが、受験でシャープペンではなく鉛筆を推薦する理由は、シャープペンは万一故障した場合は修理に工具が必要で、現場(受験会場)での修理はまず不可能であるのに対し、鉛筆は折れたらまた削れば復帰します。そのために、絶対的な信頼性は鉛筆の方が上なのです。

それから楽譜への書き込みですが、書き込むときは譜面台の状態で、机にしっかり置いた状態ではありません。つまり後がしっかりしない状態で書ける、弱い筆圧で書くためには、2B以上の濃い鉛筆が必要です。なぜ鉛筆かというと、シャープペンはBかせいぜい2Bまでで、それより濃い芯は昔はなかったからです。現在は0.5mmで4Bまでシャープ芯がありますが、楽譜の書き込みに使えるものやら、これは使ったことがないのでわかりません。

なお自分の経験では、昔まだ図面が手書きだったこと、0.5mmのBを雨の日限定で使っていました。天気によってトレーシングペーパーに対する乗りが違い、雨の日は乗りが悪く、一つ濃いめを使っていたのです。ただこのBを入れたシャープペン(製図用)は、濃い芯はかすが出やすいので故障しやすかったですね。4Bはどうなんでしょう。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ