« インフルエンザ | トップページ | 鉛筆とシャープペン »

2018/01/30

心電図を撮ってもらいました

2018年1月30日

インフルエンザの熱はタミフルですぐに下がりましたが、途中で気になることがありました。28日(日)に熱が下がったので自分で布団カバーをはずそうとしていたら、妙に息苦しくなって作業が続けられなくなり、座り込んでしまいました。しばらく休んで、また休み休み片付けましたが、何か変です。最近は夕方に変に息苦しくなることがあることもあって、内科に行ってきました。心臓の不調がタミフルが原因だったらすぐ止めた方が良いし、息苦しいのが心房細動だったら早めにS病院に行った方が良いからです。

小生は熱はもうとっくに下がって、どちらかというと低体温気味ですが、まだタミフルを飲んでいることもあって判定表によると「登校禁止」の扱いです。待合室ではなく、ベッドの方で待たされました。このベッドは、隔離も兼ねていたんですね。

細かく見てもらって、心電図も撮りましたが、特に心房細動の兆候もなく、タミフルはあと2錠ですが、最後まで飲むことになりました。動けなくなったのは、熱の後の病み上がりのせいなのでしょう。ときどき息苦しいことに関しては、「うちでも24時間心電図の機械を取り寄せればすぐに録れるから、今度録ってみますか?」と言われました。確かに、一度24時間ホルターを録ってもらった方が良いかもしれません。

熱は下がりましたが喉はまだ赤く、風邪自体は治っていないとのことです。またインフルエンザ開けは体力が落ちており、一週間後に別の方のインフルエンザにかかった方が、去年は数人いたそうです。A型のインフルエンザにかかって、タミフルの効果が切れた頃今度はB型にかかる、と言うわけですね。まだしばらくは要注意です。

« インフルエンザ | トップページ | 鉛筆とシャープペン »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/66339359

この記事へのトラックバック一覧です: 心電図を撮ってもらいました:

« インフルエンザ | トップページ | 鉛筆とシャープペン »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ