« 大腸の内視鏡検査 | トップページ | レコーディング記 »

2017/12/21

第9のDVD

2017年12月21日

日にちが前後しましたが、一昨日に先日の第9の写真とDVDが送られてきました。写真は、プロが撮っただけあってきれいですね。歌っているところの写真では、M先生の口がきれいに縦に開いているのに対し、小生は口が横に開いています。多分「あ」か「え」の音で、ヴォイトレの先生からも散々言われたのですが、ドイツ語の発音に注意するあまりに口(すなわち、発声)がおろそかになり、学生時代の癖がそのまま出たようです。声優の先生をしている姉からも、口は縦にして発声する(その方が、言葉がはっきりする)ようにと言われていたのですが、完全に抜けました。来年(出られれば)の課題です。他のところは、姿勢が変に曲がっていたり、うつむいたりしていなくて、良かったです。

DVDの方は、昔はこういうものはなかったので、自分の歌っている姿を見るのは初めてですね。学生時代に一度テレビで歌ったのですが、カミさん(当時はカミさんではありません)のいた女声は一人一人カメラが追ったのに、男声は指揮者とゲストの方しか写りませんでした(;_;)。まあ、美女はいましたがイケメンはいませんでしたから。

それで見てみたら、入場時にやたらきょろきょろしています。みんな入って来る方に気を取られて、すでに入った連中にはさほど注意は払われなかったと思いますが、ここは撮影範囲外だと思って気を緩めたのがいけませんでした。待機中は、顔をなるべく動かさないようにしていたのは正解でした。ただ小生は顔を指揮者の方に向け(実際は木管を主に見ていたので、もっと右に向いていた)ていたのに対し、前の若い方が正面を向いていたため、その差が目だちます。

肝心の歌の方は、歌っていると自分のパートとせいぜい隣、フォルテになるとオーケストラの音すら聞こえなかったので、「客席では、こんな風に聞こえるんだ。」とちょっと驚きです。歌の方は、吹き込んだレコードを聞いたときも主旋律が主に聞こえるのに「なるほど」と思ったのですが、今回も聞こえるのはほとんどソプラノですね。ただハモっていますので、ヘッドホンなので注意して聞くと、各パートが聞こえると思います。男声合唱のLaufet,Bru¨derの部分は意外と小さく、そのおかげでテノールソロを消さないでいます。これはマエストロの指示で、狙い通りでしょう。「歓喜の歌」の後の男声合唱部分は、きちんと声が出ていました。ただその次の女声が入った後のganzen Welt!はテノールが最高音Gになるので、ここのGはもう少しボリュームが欲しかったところです。小生はその次のu¨berm SternenzeltのFに備えてサボっていたので、大きなことは言えませんが。来年があれば、ここもGを張ってなおかつその次のFが出せるよう、発声練習です。

この第9は、12月25日(月)、18時からoniビジョンで放送されます。と言っても、oniビジョンはケーブルテレビなので、岡山限定、岡山でも契約者限定です。東京地区の方、申し訳ありません。

« 大腸の内視鏡検査 | トップページ | レコーディング記 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

写真とDVD年内に届いてよかったですね!
私は見るのが怖くて注文しませんでした(^_^;)
ソプラノが聞こえてたということでよかったです。

写真とDVDと25日の放送で今年の年末は楽しめますね!

今年は色々ありがとうございました。
良いお年をお迎えください!

ドレミさん、ありがとうございます。

年内に届くかどうか心配していたのですが、届きました(^^)v。
まあ、他人が見たら気にならないところでも、当人は注目してしまいますからね。

こちらこそ、いろいろありがとうございました。
良いお年をお迎え下さい。
PS:御用納めで飲み過ぎないように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第9のDVD:

« 大腸の内視鏡検査 | トップページ | レコーディング記 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ