« 第9合唱練習記(番外編) | トップページ | 津山まなびの鉄道館 »

2017/11/20

心臓の定期検診、特に何も無し

2017年11月20日

心臓の定期検診に行ってきました。開業医の先生ですから、予約無しです。午後の診察1番を狙ったのですが若干出遅れ、しばらく待つことになりました。待っている間に、インフルエンザの予防接種の問い合わせらしい電話がしきりに入ってきますが、もう今からの予約は12月の中旬以降ですね。まあこれはいつものことのようで、今年が特に、ということではないようです。

自分の診察の番が来て、現状報告と診察。備中松山城まで行った話をしたら、先生驚いていました。たまに期外収縮が起きますが、これが「たま」である間は問題なく、「しきりに」とか「頻繁に」となったら要注意です。Tの門にかかっていた頃は、まだ心房細動が起こる前に「心房が大きいと血栓ができやすいから」という理由でワーファリンを処方されていました。このワーファリンのおかげで心房細動頻発になっても血栓ができることはなかったのですが、血栓ができないから心房細動自体は放って置かれました。それで日常生活に支障が出るようになってHハートセンターに駆け込んだのですが。今回は期外収縮が頻繁に出でるようになったら、ワーファリンの処方と弁の手術と、どっちが先でしょう。

特に何も無く、ベプリコールだけを1ヶ月分もらいました。せんせい、いかめらの結果がどうなるか、気にしていました。小生は胃カメラでは今まであまり異常は指摘されたことはなく、大腸の方ばかり引っかかっていましたが、今回は2年も空いたのでどうなるか。

« 第9合唱練習記(番外編) | トップページ | 津山まなびの鉄道館 »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
定期検診、お疲れ様でした。
何事も無くすんで、良かったです。
これで、安心して、第九に臨めますね。
Tの門の心臓内科は、微妙なんでしょうか?

yokobueさん、ありがとうございます。

近くの開業医で済んでいるので、歩いて行ける距離というのが良いです。次は、第9、胃カメラ、大腸内視鏡(同列に書くかなあ)が終わったあとです。あとは風邪を引いても、ひどくならないようにするのが大事です。
Tの門の循環器は、小生が最初に手術の可能性について言われた頃(12年前)は心臓手術の実績もかなりあったのですが、最近は手術の件数も減っており、カテーテルアブレーションについても積極的ではないですね。循環器内科(特に分院)は、それまで見てもらっていたN先生が退職されたあと、どうもしっくりいかなくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心臓の定期検診、特に何も無し:

« 第9合唱練習記(番外編) | トップページ | 津山まなびの鉄道館 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ