« 心臓の定期検診、特に何も無し | トップページ | 第9合唱練習記(11) »

2017/11/22

津山まなびの鉄道館

2017年11月22日

津山の、「津山まなびの鉄道館」に行ってきました。ここはきちんと「鉄道館」にする前から扇形機関庫に機関車と気動車が保存されており、その機関庫の一般公開の時に東京から来たことがあります。調べてみたら2011年10月で、岡山に移り住むとは全く考えていなかった頃です。その時の旅行記は、こちらにあります。Img_3298a


その頃から比べて、D512、DF5018、DD16304の3両が増えています。ただ前回来たときも思ったのですが、見られるのは前面だけで、横には回れないんですね。DLとDCの時はそんなにも感じなかったのですが、D51が入って、横に回れないのが物足りなく感じるようになりました。Img_3306a


SLは動輪とそれを繋ぐコネクティングロッドが魅力の一つですから、魅力半減です。しかも今回は機関車が増えて隙間がなくなったため、余計に側面が見えなくなりました。他の展示館、例えば京都の鉄道博物館や、小樽市総合博物館などは、すぐ横に回れます。ここも展示方法を考えてもらいたいものです。Img_3304a


津山の駅前はバスターミナルが整備され、きれいになりました。C11が移設されていますが、まだ工事中でそばには寄れませんでした。このC1180は元々津山にいたカマなのですが、最後に北海道に異動したため耐寒装備と旋回窓の改造工事を受けています。ただデフの切り詰めはないので、原形を残しています。デフは復元したのかな?今はすごくきれいですが屋外のため、まめに手入れしないとすぐさびが出ます。写真は撮りづらくなりますが、屋根が欲しかったなあ。Img_33221a


バスターミナルがきれいになったのと一緒に、観光案内所や土産物売り場も、バスターミナルの方に移動しています。JRの津山線は急行がなくなって岡山行きの快速と各停だけなのに、バスは大阪行きの高速バスがありますからねえ。土産物売り場併設のカフェでワッフルを食べてから、帰りました。津山線の沿線は、紅葉がきれいでした。Img_33331a


« 心臓の定期検診、特に何も無し | トップページ | 第9合唱練習記(11) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

D51良いですね。
働く電車は、男の子の憧れですものね。
先日、八王子で、タキ100.168?というみどり色の石油列車を、見かけ、うれしくなって、写真を撮りました。

yokobueさん、ありがとうございます。

せっかくのD51が、前だけしか見られないというのが、残念でした。
緑色だと、タキ1000ですね。東日本大震災の時の緊急石油輸送で活躍したタンク車です。関東だとよく見かけるタンク車ですが、岡山界隈では見かけません。地域差がありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津山まなびの鉄道館:

« 心臓の定期検診、特に何も無し | トップページ | 第9合唱練習記(11) »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ