« 岡山フィル第54回定期演奏会 | トップページ | ガラホに替えた »

2017/10/10

第9合唱練習記(4)

2017年10月7日(土)

前回の練習から10日近く間が開いてしまうが、その間2回上京することになってしまい、声を出せたのは1回だけになってしまった。新幹線の行き帰りの中で第9の練習用CDや、実際の演奏番の第9を聞いてはいたが、今回は練習不足である。ただ全く歌えないところはないので、何とかなるだろう。

東京で高校の同窓会、熊本の高校なのに東京支部の方が集まる人数が多いという同窓会、に出席し、それを途中で抜けて東京駅へ。そのまま新幹線からキャリーバッグを引きずったままでシンフォニーホールに直行する。岡山駅を観光客として利用する場合、新幹線から路面電車へはものすごく行きにくい。初めての人は、どう行って良いのかわからないだろう。エスカレーターを降りて信号を2回渡るか、何の案内も無い地下街を抜けていくしかないので、路面電車を冷遇しているとしか思えない。現在路面電車の残っている都市では、路面電車は排気ガスを出さず、交通渋滞にも関係ない交通機関として、積極的に路面電車利用に誘導する政策が取られている。岡山では市議会で、「一企業に援助するのはいかがなものか。」と反対意見があってつぶれたそうだが、交通機関の大気汚染対策に関しては何も考えていないようだ。

ともかく、信号を2回渡って路面電車に乗り、城下からシンフォニーホールへ。チケット代金を払い込み、チケットを5枚受け取る。そのうちの2枚は予定が無いが、ドラ息子(長男の方)がその頃岡山に来るとか言っていたので、この2枚は残しておこう。

今日からシンフォニーホールでの練習になる。園児の椅子から普通の椅子に戻った(笑)。キャリーバッグは壁際に置いておき、右から2/3くらいのところ、セカンドテナーとおぼしきあたりに席を取る。ただ合同パート練習は今日までで、次回からは合唱全体での合わせ練習になるので、目星を付けた席も今日だけである。今日配布された写真やDVDの申込書が話題になり、小生が「去年はoniビジョンで放送された。」と言ったら、意外と皆さんご存じなかった。今年放送されるかどうかはわからないが。

今日までM先生。まず発声練習からだが、いつもの「アー」のあとに、「ではこれに喜怒哀楽を付けたアーで。」先生の手本はさすがだが、生徒のおっさん達(じいさんの方が近いか(^_^;)、怒は良くできるが喜と楽はうまくできない。皆さん、いろいろ鬱積していられるようだ。ただ意識すると、ずいぶん声に表情が付くものだ。石坂浩二氏が「ナレーションでも、声に長調と短調がある。」と言われていたが、歌だとなおさらである。

今日も最初から。子音が遅れないことと、レガートで歌うことが重点である。ところが、しっかり覚えているところは良いが、小生が暗譜に自信のない「ja!」からのところに来たら、遅れる。小生だけでは無く、皆さん楽譜を追っているのか?楽譜は高い位置に構えると指揮者と楽譜と両方見えるのだが、元々が暗譜の予定なので、こういう指導は無い。ただ小生も、もっと暗譜で自信を持って歌えるようにしなければ、表情が付かない。男声3部合唱のところに来たら、セカンドテナーのメロディが聞こえない。ここも自信を持って歌えるようにしなければ。

有名な「ミミファソソファミレドドレミレードドー」のメロディを調子よく歌った後一転してAndante maestosoになるが、ここの部分で気持ちを切り替えるよう指摘される。ここで初っぱなにやった喜怒哀楽のアーが生きてくる。ここは男声だけなので、責任重大だ。しかもユニゾンで音が高いので、テナーの責任が一番重くなる。ここも重点練習である。

練習後駅までまた電車に乗ろうと思ったら、何かのイベントと重なったのか、電停は長蛇の列である。長蛇の列の最後尾はどこかと追ったら、階段を降りて地下道のはるか先まで続いていたので、あきらめて駅まで歩いた。これがリュックかショルダーバッグだと心臓に負担がかかるが、キャリーバッグなので楽だ。ただちょっとうるさいのと、人混みを抜けるときは気をつけないといけないことだ。何せ小生は、新横浜で2回もキャリーバッグに轢かれたことがある。

« 岡山フィル第54回定期演奏会 | トップページ | ガラホに替えた »

音楽」カテゴリの記事

コメント

おじ様達、かなり鬱積しておられるのですね~(笑)
覚えられていない個所があってもまだ時間はありますからきっと大丈夫です!
私も子音のスピードが遅くなってしまうので課題として頑張っています。

今週から全体練習!いよいよご一緒できますね。

ドレミさん、ありがとうございます。

全く、皆さん相当鬱積しているようです(笑)。
何となくは覚えたのですが、何となくでは自信を持って歌えないので、あと2ヶ月の追い込みです。
全体練習になると、また雰囲気が変わりますね。何せ小生は混声合唱未経験なので、よろしくお願いします。

南海さん、こんにちは!

合わせ練習、お疲れ様でした。
どうやって、第九を暗譜されたのですか?
私のピアソラのカフェを発表会で、譜面なしで吹きたいのですが、難しいです( ^ω^ )

yokobueさん、ありがとうございます。

まだ完全に暗譜しているわけでは無いですが、現在進行中です。まず楽譜が無いと間違えそうなところはチェックして事前に注意書き、「延ばし3拍」「休み2拍」「アーレメンシェン4回」など、音程も間違えそうなところは「ドラファ」など書き込んでいます。その後は、ひたすら数こなすだけです。
ピアノの練習を(我流で)やっていた頃は、目で楽譜を見てそのまま指に出力することがなかなかできなかったので、覚えていました。これはピアノの先生についていたら、「良くないこと」と言われます。楽譜を見てすっと指が動く方は、逆に楽譜を覚えないのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第9合唱練習記(4):

« 岡山フィル第54回定期演奏会 | トップページ | ガラホに替えた »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ