« 第9合唱練習記(6) | トップページ | スカイビューバス »

2017/10/23

シェレンベルガー氏指揮の第9

2017年10月23日

21日の練習で先生がおっしゃっていた、シェレンベルガー氏指揮の前回の第9、youtubeにありました。2014年ですね。

まずソリスト4人が全員楽譜を持っているのにびっくり。となると日頃あんまり演奏していない版、ベーレンライター版?ベーレンライター版の出版は1996年ですから、あり得ることです。ただ最後の方のソリストの4重唱フーガのところは、小生が持っている楽譜では歌詞はTochter,Tochoter ausのところは普通のFreude,Tochter ausになっていました。歌詞だけ修正したのかな?

全体的な印象は、ともかく速い!パート練習の時に「シェレンベルガーさんは速いです。」と聞かされてはいたのですが、予想以上でした。時間を計ってみたら、62分。カラヤン/ベルリンフィルが67分でしたから、もっと速いです。とくに他の指揮者がゆっくりになる変ロ長調3拍子のIhr-stu¨rzt nieder(631小節)あたりも速いです。最後のプレストは当然疾走。そして終わる寸前のMaestosoのFreude,scho¨nerのところは「ため」を作る指揮者が多いのですが、ためは作らずに楽譜通りで走ります。ここは「ため」を作ってくれた方がリズムは取りやすいので、練習で苦労しそうです。

発音を聞いていると、werdenなどアクセントのあるエはヴェールデンではなくヴィールデンに近い発音にした方が、締まるようです。それと、録音のせいもあるかもしれませんが、合唱は去年のものの方が声が良く出ていました。

« 第9合唱練習記(6) | トップページ | スカイビューバス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

今年のテンポがどうなるか、とても気になります(^_^;)

こんばんは!
カラヤンより速い指揮をする方なんですね。
オケも歌も大変そうです。管楽器だったら息つぎができない速さですか?
ところで、私は、年末に、ウクライナ国立歌劇場管弦楽団の第9を聴きに、東京オペラシティコンサートホールに、行きます。楽しみです。

ドレミさん、ありがとうございます。

多分youtubeのものと同じくらいだと思います。要するに、かなり速いです。

yokobueさん、ありがとうございます。

他の指揮者が遅くするところが遅くならず、最速部分はさほど変わらないと思いますので、管楽器奏者は問題ないと思います。
今月初め東京に行ったとき、後輩でOBオケでヴァイオリン弾いている後輩に「今年第9を歌うんだ。」と言ったら、「あれ、演奏も難しいんですよね。」と言っていました。管楽器も、多分元々が難しいんでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シェレンベルガー氏指揮の第9:

« 第9合唱練習記(6) | トップページ | スカイビューバス »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ