« 2017年8月 | トップページ

2017/09/17

第9合唱練習記(1)

2017年9月7日(木)
天気:雨

9月2日の第9のオーディションの後、男声女声と別れて初練習を行ったが、今回がパート毎の初練習である。場所は某保育園、今は名前が変わっているが、ここでは保育園で通す。数日前に場所の下見はしておいた。入場可能は30分前からだが、少し早く着いたので、門の近くで待つ。三々五々人(全部女性だが)が集まってくるが、門が開く気配がない。やがて18時30分を過ぎても、まだ開く気配がない。そうしたら係の女性らしき人が来て、「第9の方ですか?入口はこちらではなく、裏の方です。」と言う。今年は新人だけの練習というのが無く、また特に新人だけのガイダンスもなかったが、入口が裏の方くらいはどこかで言ってくれても良いのに。ともかく入場、靴を持参のスリッパに履き替え、2階に上がる。そこで出席確認をしてもらい、パート毎の部屋へ。

パート練習だからパート毎に別れるのは当たり前だが、その各部屋にピアノがあり、練習ピアニストがいる。ずいぶん贅沢な練習であり、またピアノが4台もあるとは、贅沢な保育園だ。贅沢ではなく、これが現在の標準か?大昔の学生時代は、パート練習(パー練と言った)はパートリーダー(パトリと言った)が音叉で音を取り、その音を基準に合わせていた。合わせになっても、しばらくは伴奏無しだった。お金の問題もあったのだが、逆にアンサンブルの精度は上がったかもしれない。

やがて練習開始時刻。天気が悪いせいか、出席率が悪い。M先生「こんなもの?」と怪訝そう。テノールパートは初めての顔合わせなので新人の紹介でもあるかと思ったが、何もなくいきなり発声練習開始になった。最近Gisまで出るようになったと思ったが、瞬間風速ならAまで出るようになった。ただ歌として使えるのはせいぜいGまでである。

M先生、発声練習の時に個別に「もう少し顎を引いて!」とか、「背筋を伸ばして!」とかいう注意が来るかと思ったが、何も来ない。個別には面倒見切れないというところか。今まで通っていたカルチャーセンターのヴォイストレーニングコースでは、最初は「南海さん、口縦!」とか。「南海さん顎引きすぎ、首の力を抜いて!」とか、名指しでぼんぼん注意が来ていた。そのおかげで、声域がずいぶん広がったのだが。

練習は、進度が速い。前回の練習でまだ不完全だな、と思っていたところも、すっ飛ばしてずんずん先へ。まだ大丈夫だと思って譜読みをしていなかったところにも行ってしまう。次は最後まで譜読みをしておこう。


9月16日(土)
天気:雨

どうも今年の第9の練習日は、天気に恵まれないようだ。室内の練習だから天気は関係ないのだが、靴やズボンが濡れるのはうっとうしい。しかしまあ、台風に直撃されなくて良かった。
今日は土曜日なので、練習開始はいつもより早く18時30分である。そこで18時に保育園に、今度はちゃんと裏に回ったが、開いていない。人はどんどん増えてくるが、開かない。どうやら手違いで、保育園の人がいないようだ。今日は保育園はお休みの日である。そう言えば、土曜日にこの保育園で練習するのは、今日だけである。

40分くらい待ったところで、やっと開いた。早速2階に上がり、出席通知と、チケットの申し込みをする。チケット申し込みは、思った通りこちらでもできた。練習開始前にトイレを済ませる。今日は大人(職員)用のトイレ、園児用のトレは便器が低く、中腰にならなければいけないので大変なのだ(笑)。

今日の練習も、進みが速い。前回やった二重フーガは今一つと思っていたが、復習せずに先に行った。自分で気になったら、自分で復習するしかあるまい。やはり今日最後の部分まで行く。先生から、「言葉の意味を考えて!」という注意が飛ぶ。確かに、「神」だの「父(神様のこと)」だの、日本人にはなじみが薄い。イタリアで、日本人はキリスト教徒でもないのに良くレクイエムが歌えると感心されたという話をされたが、はい、小生も信仰心など全く無いミサを歌っていました(^_^;。

中間休みのところで、パートマネージャーさんを始め、全員の自己紹介。前回はパートマネージャンさんが休みだったのかな。小生も自己紹介をしたが、第九初体験ということを言い損なった。テノールが2部に別れるところのパート分けでも、昔セカンドテナーだったので「セカンドでした。」と言ってしまったが、昔第9のセカンドを歌っていた、と取られたかもしれない。ともかく、皆さんの足を引っ張らないようにだけはしなくては。

2017/09/13

パソコン更新顛末記(12)

2017年9月13日

キーボードを交換し、やれやれと思っていた矢先、今度はマウスもキーボードも、全く認識しなくなりました。タイミングとしては、スリープから起動するためにキーボードの電源ボタンを押し(これで起動したのだから、この時はキーボードは認識)スリープから起動したところで、全く認識しなくなりました。そこで前回聞いた、マウスとキーボードの再認識操作を行ってみましたが、それでもダメです。パソコンの表面に電源ボタンがあるので、これを押したらシャットダウンします。そこでしばらくおいてもう一度押すと起動するので、言わば再起動です。それでもダメでした。

困ったときの富士通で、また電話しました。本音を言うと、この有料サービスはそろそろ打ち切ろうかと思っていたのですが、まだ当分は打ち切れなさそうです。そこで教えてもらったのが次の方法でした。
1)マウスとキーボード(どちらもワイヤレス)の電池を外す。
2)パソコンをシャットダウンし、電源コードも抜く。
3)1分おく。
4)マウスとキーボードの電池を入れてONにし、パソコンの電源コードを繋いで、起動。

これで見事復帰しました。また固まったときには使えるそうです。

症状から見ると、ワイヤレスの通信バッファが一杯になったのに通常の操作ではリセットできず、強制電源リセットをかけたみたいですね。ワイヤレス機器搭載だと通常の電源スイッチでは電源リセットがかからず、元電源を切らなければいけないようです。

このパソコンの前の7機もワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスでしたが、こんなことは起こりませんでした。10になったときのモデルチェンジで、どこか回路かファームウエアの手抜きがありますね。コストダウンのためでしょう。

実はビデオデッキ(シャープ製)も似たような症状を起こすことがあり、頻繁に画面が切れるようになることがあります。この時は電源コードを引っこ抜き(動作中にやってはいけません(^_^;)30秒ほどおいて繋げば治ります。こちらもバッファと電源リセットの関係のようです。

2017/09/11

僧帽弁閉鎖不全と大動脈弁閉鎖不全の手術ガイドライン

2017年9月11日

ひでほさんから紹介された米田先生のホームページに、重症僧帽弁閉鎖不全症手術のアメリカACCとAHA合同のガイドラインの2014年改訂版が載っていました。小生が持っているガイドラインは1998年のもの(「心疾患の手術適応と至適時期」文光堂に掲載)で、それに比べると判断基準が手術を積極的に行う方向に変わっていますね。無症状の場合で、今まではEF(駆出率、左室なのでLVEFとも書く)が60%、LDVs(収縮時左室内径、LVESDとも書く)が45mmというのがボーダーラインで、このどちらかに引っかかると手術適応だったのですが、LVDsが40mmに変わっています。

それから新たに追加されたのが「弁形成率95%以上または予想死亡率1%未満」という条件で、言わば「腕の良い病院なら手術しなさい」という条件ですね。これはEF>60%、LVDs<40mmでも手術適応です。大前提の重傷僧帽弁閉鎖不全症の「重傷」は、逆流度3以上と判断して良さそうです。

さて小生の場合は、去年S病院に入院して検査した時のEFが64%、LVDsが33mmで、無症状ですから手術適応にはなりません。追加された「腕の良い病院」条件でどうなるかですが、小生の僧帽弁はバーロー症に近く、かなり形成が難しい例だそうです。それでも形成にチャレンジすると言っていましたが、95%以上の確率は無理でしょうね。予想死亡率も、小生の場合は僧帽弁と大動脈弁の複合手術になるので、低くても2%になります。さあて、今度の心エコーでどうなっているか、です。

小生は大動脈弁手術のガイドラインはないと思っていましたが、アメリカに、日本の循環器学会のガイドラインもありました。ただこちらの判断基準は僧帽弁の場合より手術をやらない方に振れていて、判断基準のEFが50%、LVDsが50mmです。小生の場合は、「他の心臓手術の適応あり」という条件になり、僧帽弁が手術適応になったときに自動的に大動脈弁も手術になります。

弁膜症の手術は、手術をやったからと言ってそれから心臓が良くなるわけではなく、それ以上悪くならず、失神などの重症の症状が起こらなくなる、というものらしいです。となると、自覚症状が出る前にやった方が良い、という考え方もあります。アメリカの新しいガイドラインはまさにそうですね。特に弁形成にこだわっているのは、手術後の死亡率や心不全の発生率が明らかに違うからだそうです。小生の心臓は、やるなら早い方が良いけど、確率的に弁形成が確実ではない。やらなくてすむならやらない方が良いけど、それにしては逆流度が大きい。という、なんとも中途半端な状態になっています。

2017/09/08

半年ぶりの肝臓の検診

2017年9月8日

半年ぶりの、肝臓の定期検診に行ってきました。最近は全く違うブログになっていますが、ここは元々はC型肝炎のブログなんです(^_^;。

半年前に散々採血で待たされた反省から、今日は朝8時過ぎに病院に着きました。この時点で採血は30分待ち、やっぱり窓口が開く前に来た方が、待ち時間は少ないようです。それに採尿がありますから、トイレには行かずに家を出てきました。

採血は6本、昔より少ないと思ったら、会計明細を見たらウイルス量の検査(Taq-man)がなくなっていました。著効から10年経過していますので、もう不要と判断されたのでしょう。AST/ALTに異常が出てからの検査で、十分間に合いますから。そしてこれはこのO大病院になってからずっとなんですが、HBsは抗原定量だけで、HBs抗体の検査はやっていないですね。まあ、HBsセロコンバージョンになる人はごくまれみたいですから。

さて検査の結果は、赤組=467万、白組=5600、血小板数=20.9万、AST=19、ALT=13、と良好です。超音波の結果も、異常ありません。HBs抗原も検出限界以下ですから、検査をやっていないHBs抗体も、しっかりあるはずです。腎臓の方も、クレアチニン=0.96と、現状維持。自己流塩分制限法を続けます。

身長体重を聞かれ、現在は64kgだけど、会社に行っていた頃は69kgだったことを話しました。東京でのかかりつけの内科医が、「会社を辞めて体重が減った人は、初めて見ました。」と言っていたのですが、これは電車での通勤を止めたので、筋肉が脂肪に、外見はそのままで置き換わったのだろうと思います。東京の通勤電車は良い筋トレになっており、会社を辞めたら腰回りの筋肉が目に見えて落ちたのがわかりましたから。となると、現在の64kgが適正体重でしょう。

次回は3月です。

2017/09/06

第9の練習用CD

2017年9月6日

第9の本番は12月で、今から3ヶ月ちょっとしかありません。学生時代のは6月7月の合同演奏会向けに2曲仕上げて、それも3ヶ月くらいしかありませんでしたが、学生時代は週4回の練習時間でしたから、練習時間がまるで足りません。しかもほとんどの方は経験者(テノールの未経験者は2人だけ)なので、ともかく早く付いて行けるようにする必要があります。

ということで、練習用CDというものを購入しました。ドレミさんご推薦の、ショパン社が出している赤いケースのものです。今日入手しました。ネットでは、「こんなものに頼らず、自分でキーボードで音を取れ!」なんて書き込みもありますが、初歩の練習の時間が足りないんです。

とりあえず最初の方だけ聞きましたが、解説→自分のパートだけ→合唱(自分のパートの音が大きい)と、非常にわかりやすいですね。発音が古い「デル」の発音ですから、自分で練習するときにそこにつられないように気をつけるだけです。3ページずつくらいで切って、CDにもチャプターの区切りがありますから、何回でも繰り返し聞けます。

ウォークマンにも入れました。9月末から10月の始めにかけて2回東京に行きますので、新幹線の中でも繰り返し聞けます。

2017/09/05

パソコン更新顛末記(11)

2017年9月5日

散々トラブったWindows10のパソコンですが、2月以来録画が消えることもなくなって、安定してきました。と思っていたら、最近キーボードの反応がおかしくなってきました。少し早く打つと、読み飛ばしをするのです。それにときどきキーが戻らず、物理的には戻っているのに入力が戻らず、同じ文字を延々と打ち続けることが出てきました。これが前は「たまに」だったのですが、3日(日)とうとう1秒に1文字くらいしか認識しなくなりました。1BPSです(実際は8bitなので、8BPS)。そこで富士通の、有料で契約しているコンシェルジェに電話しました。そうしたらとりあえずキーボードのドライバを入れ替えてみようということになりました。

このキーボードはワイヤレスで、この型式(本体の)は初期のペアリングがうまく行かず、注意書きが追加で同封された機種です。小生もペアリングがうまく行かず、販売店でキーボードを交換し、それでもうまく行かずにメーカー返却でペアリングをやってもらった曰く付きのものです。

さてドライバを入れ替え、その場はうまき行ったのですが、すぐに今度は全く反応しなくなりました。よく見ると、キーボードのインジケーターが消えています。このインジケーターは、キーを触らなくなってしばらくすると消え、また触ると点くのですが、触っても点きません。再度富士通に電話し、Windowsキーを押しても反応しないことを確認し、これはハードの故障と言うことでキーボードが交換になりました。11ヶ月目だったので、無償です。なお以前のWindows7機の末期にキーボードが半分反応しなくなり(これはおそらく、水をこぼした)、予備として安物のUSBキーボードを買ってあったので、これを使いました。Windows10にも、使えました。

富士通から、「届くまでに一週間、場合によっては二週間かかる。」と言われていたのですが、何と二日で届きました。またペアリングに戸惑って富士通に聞き(初期認識と再認識では、操作が違う)、無事新しいキーボードが動き出しました。これは新しキーボードで書いています。今までのキーボードは戻りが引っかかる感じがあったのですが、これは全くありません。やっぱり、元々不良だったのかな。

なお古いキーボードですが、返却するのではなく、「自治体指定のゴミとして、処分して下さい。」とのことでした。岡山市の場合、キーボードは「小型家電」という分類になります(楽器のキーボードは、粗大ゴミ)。この小型家電のうち市役所設置の箱(と言うより、箱の入口)に入るものは、その箱に入れれば良いのですが、もっと大きなもの(例えば、トースターなど)は指定の電気屋さんに持って行くことになります。今まではイトーヨーカドーの家電売り場が扱ってくれていたのですが、イトーヨーカドーが閉店し、「さて、どうしよう。」状態です。まずは市役所の箱の入口の寸法を測りに行きます。

2017/09/04

第9オーディション顛末記

2017年9月2日(土)

「岡山第九を歌う市民の会」のオーディションの受付は15時30分からだが、少し早めに会場に着く。シンフォニーホールの入口には、「オーディション」という掲示もある。いつもの大ホール受付の更に奥に、受付の机が準備中、一応確認し、「15時30分までお待ち下さい。時間になりましたら、こちらからお声かけします。」との返事をもらう。しばらく椅子に座って待つが、冷房が効きすぎるくらいに効いており、寒い。人が増え出したが10人をやっと超える程度、思ったより少ない。ほとんどの出演者は常連さんで、新規参加者は少ないか。やがて定刻になり受け付け開始、ひょいと名簿を見たら、女声が各パート8名ずつ、男声は各パート3名ずつ、やはり男性が少ない。女性は15時からの受付ですでにオーディションをやっているかと思ったが、男性女性供に15時50分開始だった。この人数ならそれでできる。名札を渡されるが、受験番号だけである。

すでに楽譜は販売していたので、一応何時までやっているか確認する。合否発表のあとまで空いているので、買うのは合否を確認してからにする。すでに買っている人もいた。自信があるのだ。

やがて15時50分になって、バス3人が呼ばれる。男声からだ。すぐにテノールの3人も呼ばれる。中の椅子に座って待つと、歌声が聞こえる。一人ずつ歌っているようだ。一人は「あー」、一人は階名、何でも良いと書いてあった。ところが3人目は朗々たるバリトンのドイツ語、うまい!隣の人に「あの人、うまいですね。」と声をかけたら、「あの人うますぎ、あれが基準じゃないですよ。」との返事、この方は経験者かな。

バスが終わってテノールの番が来た。会場は小ホールくらいの広さで、舞台に向かって審査員席、そこに4名。舞台の前に3人並んで、ピアノ伴奏に合わせてまずは3人一緒に歌う。こういう審査員の前で発表し、しかもその後合否がわかるのは、1990年の課長昇格試験以来だ。すでに心臓がバクバク言っている。ピアノのキーがやや高く聞こえるのは緊張しているせいか。ところが、テンポが遅い。普段の練習はCD(カラヤン/ベルリンフィル)のテンポに合わせているが、その半分くらいの遅さだ。確かに速い方がごまかしがきくが。次に一人ずつ歌う。最初の方はドイツ語、発音が「テア」だ。次の方はドイツ語ではなく「あー」。最後は小生でドイツ語だが、もう頭の中は真っ白で、歌う前に考えていた「高いFisのToch-ter(発音はター)が強くなりすぎないようにし、次のsfを強く」などと言う注意事項はすっかり飛んでしまい、「Toch-ter」にアクセントが付いてしまった。しかも音程が怪しい。tre-tenとtrun-kenのrも巻いたかどうか記憶がない。あっという間に終わってしまった。

終了後、テノールの受験生3人で雑談。一人の方は各地の第9を見聞きし、また歌ったこともあるベテラン。それでも、「一般公募でオーディションがあるのは、岡山以外聞いたことがない。」そうである。合否の基準がわからないため、勝手なことを言い合う。そもそも人数が不足気味なのに、障壁を設けるのがおかしい。いや、人数のバランスが悪い(女声が多い)ので、女声を絞るためにやるんだ。男声はフリーパスだろう。云々。パートが自己申告なので、パート分けの確認のためと(ひょっとしたら、転向勧告がある?)、最後までやりきる「気合い」(覚悟と言っても良い)を見るためにやるんではなかろうかというのが、小生の結論である。ちょうど大ホールのコンサートが終わり、カミさんが出てきたので一緒にお茶。お茶は財布と一緒に限る(笑)。

やがて17時、合格発表。幸い、全員合格。おめでとうございます。やっぱり「気合い」を見ていたのかな。受付を済ませると正式な名札をくれるが、パートと番号のみである。隣の方が「刑務所みたいだ。」と言っている。確かに刑務所は名前は一切呼ばれずに囚人番号のみだそうだ(聞いた話です!)。晴れて楽譜を購入、ぱらぱらとめくってベテランの方に「最高音は何ですか?」と聞いたら、「Aですよ。しかもffでAからいきなり出るところもあります。」「私はGまでしか出ないけど、、、。」「まあ3か月間、頑張るんですね。下は身体で決まるんでどうしようもないけど、上は練習次第で出ますから。」ガンバリマス。

17時30分から初団式。挨拶のあと各パートの指導者やマネージャーが紹介されたら、その中にバスの受験生が一人。何だ、やっぱり「なんちゃって新人」だったんだ。18時から初練習。今日は会場の関係でパート毎ではなく、男声はテノールとバスが一緒。先生はどこかで見た顔だと思っていたら、先日の「落語オペラ」に出演していた番頭さんだ。うまいテノールである。

練習は、各パート約20人の中に新人3人なので、譜読みはできているという前提で進む。これは明日からの自主練(譜読み)が大変だ(本当は、こんなこと書いている暇はない(^_^;)。前半の山場の一つ、「vor Gott.」の最後の音がFなので良い気持ちで出していたら、練習後先生が来て、「テノールは大丈夫そうですね。」いや、全然大丈夫じゃないんですけど(^_^;。始まったばかり、これからデス。

2017/09/02

オーディションは合格しました

2017年9月2日

とりあえずお知らせします。第9のオーディションは、無事合格しました。これから毎週練習ですが、それ以上に自分で練習しなければいけません。

実は一昨日(31日)午後急に喉が痛くなり、市販の風邪薬にうがい薬も動員したのですが、昨日は茶色の痰が出るようになったので、たまらず行きつけの内科に駆け込みました。先生、「喉が赤くなっているけど、さほどひどくはない。ひどいと白くなる。」とのこと。翌日(今日のこと)第9のオーディションがあるという事情を話し、漢方薬の桔梗湯と抗生剤を処方してもらいました。ここの先生、心臓に考慮してか、ペニシリン系の抗生剤を処します。

それを昨日のお昼から飲み始め、今日は何とかなりました。オーディションについては、また後ほど。

« 2017年8月 | トップページ

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ