« 大洲と松山撮影紀行3 | トップページ | 大洲と松山撮影紀行5 »

2017/08/01

大洲と松山撮影紀行4

2017年7月21日(金)

天気、晴。昨日松山城を入れた市内線を撮ったが、今日は腰を据えて狙う。昨日の市役所前が一番良い、というより、ここしかない。しかし車が多い。これぞという写真が撮れないので、微妙に場所を変えて狙う。ちょうど良い位置は電線が邪魔になるが、これも微妙に中腰にすると、電線がちょうど櫓をかわすことができた。Img_22031a


予期していなかったが、坊ちゃん列車がやってきた。昨日は姿を見かけなかったので休日のみの運行かと思っていたのだが、後でわかったことだが平日も運行しており、昨日は点検のための減便ダイヤだったのだ。坊ちゃん列車と松山城の組み合わせも面白い。Img_21991a


市内線に本町線という、地図で見ると短絡線なのに運行は盲腸線になっている線があり、気になったので乗りに行く。待っていれば普通にやってくる線だが、西堀端から先は単線区間で離合場所がなく、これはラッシュでも運転間隔が詰められないだろう。これも調べたら運行間隔は30分間隔になっており、待っていてすぐ乗れたのは運が良かった。Img_22851a


本町六丁目の終点は、踏切の手前である。そのまま前進すれば市内線同士の交差点なのに踏切があるという、面白い平面交差が見られるのだが、その手前である。循環線(城北線)のこのあたりは軌道線ではなく鉄道線なので、鉄道と軌道の平面交差ということになるのだろう。この本町線も、一応延長計画があるようだ。実現すれば、面白いことになる。Img_22921a


ここから循環線に乗車、市内線なので、乗換券をもらってある。昨日見た古町の平面交差を今度は乗車して横断し、大手町へ。やはり松山に来たからには、ここの平面交差は撮っておく。坊ちゃん列車が踏切待ちをしてくれると面白いのだが、さすがにそこまでタイミングは良くなく、普通に横断していった。郊外線に5000系の旧塗色車がまだ残っており、これを撮れたのはラッキーだった。個人的には、旧色の方が好きだ。Img_23331a


松山駅で昼食、予定より1本早いが、これから伊予西条へ向かう。

(つづく)

« 大洲と松山撮影紀行3 | トップページ | 大洲と松山撮影紀行5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

暑い中、パワフルに活動されていますね。
坊ちゃん列車が、今も日常的に走っているのですね。かわいいです!

yokobueさん、ありがとうございます。

坊ちゃん列車は休日だけかと思ったら、平日も走っていました。ただお客さんも暑いみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/65608247

この記事へのトラックバック一覧です: 大洲と松山撮影紀行4:

« 大洲と松山撮影紀行3 | トップページ | 大洲と松山撮影紀行5 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ