« 西大寺に行ってきました | トップページ | 岡フィル第53回定期演奏会 »

2017/07/07

電子タバコ

2017年7月7日

先日大通りを駅の方に歩いていたら、どこからともなく煙が。ふと見たら、隣を歩いている人が歩きながら煙を出しているようです。昔は歩行喫煙者が多く、そう言う人を密かに「汽車」と呼んでいたのですが、久しぶりにその「汽車」を見ました。ところが、タバコを持っているような風ではありません。追い越しがてらに見たら、何やら器具のようなものを持っていて、それを吸い込んで吐き出すときに、口から煙を出していたのです。どうやらこれがいわゆる電子タバコというものかと思ったのですが、電子タバコは無煙だと思っていたのに何で煙が?と調べてみました。

どうやら電子タバコは大別して2種類あるようで、一つは全くの無煙タバコ、無色透明の気体なので(無臭ではなく、ややハッカの香りがするそうですが)どこかで吸っていても、近寄らない限り気がつかないタイプ。もう一つは、タバコの成分を煙ではなくエアロゾルとして吸うタイプで、小生が目撃したのはこちらのようです。

ところがこのエアロゾルタイプの方は、smokeではなくvapeだから喫煙ではない、というスタンスのようです。ただ煙というものそのものの定義は、煙の発生要件に火や燃焼は必要としておらず、「気体を分散媒とし、固体粒子を分散質とするコロイド分散系」(日本大百科全書)ですから、空気中に肉眼で見える霧状のものを発生させて吸い込んでいたら、燃焼させていようがいまいが、それは立派な喫煙行為です。VAPEのホームページには「喫煙場所以外でも吸っても良い」と書いてありますが、明らかに「煙」を発生させているのですから、使用は喫煙場所に限定すべきでしょう。歩行喫煙など、もってのほかです。

無煙タバコに関しては、自治体によっても対応が別れていますし、車内/機内での使用についても、航空会社で対応が別れているようですね。JALは「電子タバコ」は禁止しているものの、JTの「ゼロスタイル」という商品、はハッカパイプや禁煙パイポの同類ということで、機内使用が認められているようです。ただゼロスタイルは嗅ぎタバコの一種ですから、使用当人のみならず隣の人に害を及ぼす危険があるので、やっぱり禁止した方が良いのではないかなあ。

« 西大寺に行ってきました | トップページ | 岡フィル第53回定期演奏会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子タバコ:

« 西大寺に行ってきました | トップページ | 岡フィル第53回定期演奏会 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ