« 大洲と松山撮影紀行2 | トップページ | 大洲と松山撮影紀行4 »

2017/07/31

大洲と松山撮影紀行3

2017年7月20日(木)(つづき)

JR松山駅から、伊予鉄の松山市駅まで歩く。松山では旧国鉄より伊予鉄の方が開通が早く、松山市の方が本家の「松山」である。途中の大手町の平面交差で写真を撮り、市役所の前で松山城を入れて写真を撮る。市内線の電車(郊外線もだが)は伊予国体に合わせた全面みかん色への塗り替えが進んでおり、旧色が残り少なくなってきた。小生の好みから言うと、旧色の方が良い。この撮影ポイント、一番良い場所は車道の真ん中である。横断歩道でもあれば渡ながら撮る手も使えるが、何もない。Img_20731a

ともかく、暑い。そうしたら、突然夕立。機能は日傘に使った折りたたみ傘が、今度は本来の雨傘になる。雨があがると、また暑い。松山市駅に着いたときたまらずド○ールに飛び込み、アイスコーヒー。電車賃を使わずに歩いてきたが、かえって高く付いた(^_^;。Img_20811a


一息入れたところで、松山市駅から高浜線に乗車。伊予鉄道の郊外線の架線電圧は750Vだが、この高浜線だけが600Vである。これは市内線が600Vで、平面交差があるためだと聞いている。確かに異電圧の平面交差はかなり大変で、1500Vの大牟田線と600Vの市内線が交差していたかつての西鉄薬院の平面交差では、交差部に電圧切り替え装置が付いていたという話も聞いた。なお伊予鉄道は逆に600V/750Vの直直セクションが必要で、これが松山市駅の大手町側にあるというのを、岡山に帰ってから聞いた。事前に知っていれば、写真を撮ってきたものだが。Img_21041a


伊予鉄の郊外線の車両は、元京王井の頭線の3000系に、元京王線の5000系と、元京王だらけである。以前は電力容量が足りなく、ラッシュが終わったらすぐに3両編成を2両にする必要があったため、松山市駅から5000系1両、それも片運転台1両の回送があった。それが消費電力の少ない3000系の入線で3両固定になり、現在は変電所が増強されたのか、5000系も日中3両編成である。乗ってみたら、運転台の無い側は広幅貫通路、運転台と繋がる車両は狭幅貫通路であった。5000系の前面貫通路は、京王時代には使われなかった設備だ。Img_20951a


今日の目的は梅津寺駅で、夕日が見える駅とのことなので、どういう風に見えるのかの調査である。来てみたら、確かに海のそばで、ホームから夕日を眺めることはできそうだが、夕日と電車を組み合わせた写真は難しそうだ。それ以前に、柵とケーブルで電車の写真を撮るのが難しい。良い写真が撮れそうなら夕方まで粘ろうかと思っていたが、早めに引き上げる。Img_21021a

伊予鉄の郊外線と市内線は、大手町での複線同士の平面交差が有名だが、地図を見たらもう一つ平面交差があることがわかった。それが古町(こまち)で、何らかの形でクロスしているようだ。そこで古町で降りてみる。古町には郊外線、市内線ともに車庫がある。ホームは隣接しているが、改札はある。乗り継ぎ割引はなさそうだ。定期ならあるのかもしれないが。小町の松山駅側に行ってみると、複線の郊外線を単線の市内線が斜めに横断していることがわかった。クロッシング部分は一体鋳鋼の固定で、可動トングなどは無い。Img_2106a


架線はと見たら、普通に交差して交差部分は接続されていた。電圧が同じで同じ会社だからできることだ。非常用か回送用か、市内線と郊外線の間に渡り線があった。市内線の車庫の奥を見たら、坊ちゃん列車がお昼寝中。この平面交差部分は古町駅の松山駅側にあるので、坊ちゃん列車の運行時はこの平面交差を坊ちゃん列車が渡ることになる。その写真も撮りたくなった。Img_21191a


小町から市内線に乗り、それも循環線を大回りでホテルに戻る。循環線の城北線と呼ばれる部分は専用軌道で、単線である。郊外線が複線なので、この逆になっているところが面白い。歴史的には、このあたりは郊外線だったところらしい。そして古町から平和通一丁目までは、軌道線ではなく鉄道線だ。調べれば調べるほど、伊予鉄道は面白い線だ。Img_21431a


電車はホテルの前では降りずに、デパートの前まで入ってデパ地下で弁当購入。この時間だと割引になっている。食べる店を探すのが面倒なときは、弁当が一番楽だ。Img_21711a

松山泊。
(つづく)

« 大洲と松山撮影紀行2 | トップページ | 大洲と松山撮影紀行4 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

小生も前の色のほうがいいです。1色のほうが楽で安くつくから、どこもそういう傾向にありますね。中国地方キハはたらこだし、電車は黄色

ひでほさん、ありがとうございます。

伊予鉄道の塗色変更は郊外線からバスにまで及んでいますから、国体のイメージカラーに合わせたものかもしれません。ただ費用は、一色の方が断然安いようですね。いすみ鉄道が旧気動車色が維持できずにタラコ一色にするとき、一悶着あったようですが。
岡山の115系や117系は黄色一色ですが、緑一色や小豆色一色よりまだマシなような気がします。JR西のセンスを疑います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/65603612

この記事へのトラックバック一覧です: 大洲と松山撮影紀行3:

« 大洲と松山撮影紀行2 | トップページ | 大洲と松山撮影紀行4 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ