« クリスティ・ロンドン・マッシブ | トップページ | 海洋堂EXPO »

2017/07/26

大洲と松山撮影紀行1

2017年7月19日(水)

天気、岡山は薄曇り、香川は晴。
四国撮影旅行へ出発である。最初はまだ足を踏み入れたことがない高知県を考えていたが、大洲城を撮りたくなり、松山に変更した。そして日程も、梅雨明けをにらみながら一週間後にした。それが今日だ。まずは行きがけの駄賃に予讃線を撮ろうと、海岸寺に向かう。海岸寺は各停しか止まらないが、岡山から観音寺行きの各停があるので、それを使う。Dscn2128a


海岸寺駅で下車、駅から海側に歩いたところに海岸寺がある。別格18番の札所、さすがは四国。お寺の山門に金剛力士像が建っているところは多いが、ここ海岸寺は本物の力士像が建っている。向かって右が琴ヶ浜関、左が大豪関、どちらも香川県の出身だ。さすがに阿形と吽形にはなっていない。Dscn2125a


そこから県道を撮影ポイントまで歩く。ともかく暑い。ひょっとしたら梅雨が明けたのではないか(夕方のニュースで梅雨明けを伝えていた)。予讃線をオーバークロスするポイントを過ぎ、踏切まで確認するが、歩道のないところを大型トラックがビュンビュン走るので、またオーバークロスのポイントまで戻る。ここはガードレールの外に少しスペースがあるので、「店開き」ができる。今日は折りたたみの椅子を持参、しかし日陰が全くないので、たまらず折りたたみの傘(雨用)を広げる。かなり違う。直射日光の当たるところに手が出ていると、日差しが痛い。一応水は用意してあるので、ときどき飲む。Img_19461a


ここは海を入れて撮れるので、良いポイントだ。日差しが強く、コントラストが強すぎて足下が真っ黒になるが、正面気味なので気にしない。ここで特急を何本か撮る。8000系の高松側の流線型先頭車は岡山には来ないので、ここでしか撮れない。来た8000系は塗装が変わっており、塗装変更車かと思って後で調べたら、台湾鉄路管理局との友好鉄道協定締結1周年を記念した台鉄デザインのラッピング車だった。Img_19741a


この場所は上り列車線用で、下り、特に下り貨物を撮ろうと思ったら、先の踏切まで移動しなければいけない。しかし暑い中をあの車の多いところを歩く気が無くなり、駅撮りでお茶を濁すことにする。しかしまだ余裕があると思って駅に着いたところ、ちょうど入線してくるところだった。しかも行き違いの停車。慌てて近くの踏切に行くが場所が悪く、真横からしか撮れなかった。EF210-300は旭川で散々撮っているので、今回は記録だけ。Img_19521a


予定より1本早く観音寺に移動し途中下車したら、駅前にコンビニがある。さすがは特急停車駅。早速飛び込み、ソフトクリーム。暑いと余計な金がかかる(^_^;。観音寺からしおかぜ/いしずち併結車の「いしずち」側に乗る。こちらの方が、空いているのだ。そのまま松山まで乗車、松山駅前で夕食を採り、ホテルに入った。ホテルで入浴時に見たら、日焼け止めを塗っていなかった手首が真っ赤に日焼けしていた。Img_19881a


松山泊。
(つづく)

« クリスティ・ロンドン・マッシブ | トップページ | 海洋堂EXPO »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/65583320

この記事へのトラックバック一覧です: 大洲と松山撮影紀行1:

« クリスティ・ロンドン・マッシブ | トップページ | 海洋堂EXPO »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ