« ネコがいなくなった | トップページ | 70%扁平ラジアルタイヤ »

2017/06/27

SDカードのUHS規格

2017年6月27日

安物のSDカードを買ったらずいぶん遅かった、という話を以前書きました。このSDカードは日常用に使おうと思っていましたが、日常用でも、80MB/Sの連写は捨てがたいものがあります。そこではたと気がついたのが、保存用です。

小生は撮影旅行などで良い写真が大量に撮れたときは、その時のSDカードも中を消去せず、そのまま保存していました。撮影旅行には良いSDカードを買って出かけますので、性能の良いSDカードを1回使っただけでお蔵入りというのも、もったいない話です。昔のものは、その時は高性能でも今では見劣りのする性能ですので、最近のものです。

そこで気がついたのが、SDカードのUHS規格です。スピードクラスの方は、最近はもっぱら10ですのでこちらは差がありませんが、Uの時の中に数字が書いてあるUHSクラスは、1と3があります。調べてみたら、C10がU1に相当し、最低速度10MB/Sです。カードに誇らしげに書いてある80MB/Sの方は、最高速度だそうです。そしてC3が最低速度30MB/S。C1とC3では同じ16GBでも値段が倍半分違いますので、C3を保存に回していたら、C1のカードと取り替えた方が良いですね。

そしてカメラの方も、予備機であるKissX5はUHS規格に対応していませんが、8000Dの方は対応しています。ということで、安いSDカードを買ってきて中身を入れ替えて保存に回し、8000Dで使うのはC3クラスのもの、ということにしました。

ただ保存に回した安物のSDカードがどのくらい持つかですが、サンディスクの製品なので、10年くらいは持つでしょう。それ以上長くなっても、小生自身の寿命が持ちません。

« ネコがいなくなった | トップページ | 70%扁平ラジアルタイヤ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうなんです。
SDカードがかなりたまってきました。
日付などをメモするには小さすぎるし、箱にバラバラと入ってます。
入っていたケースにメモしておけばよかった。
ハードディスクには整理して保存してあるので、カード自体を保存しておくことはないのかもしれませんが、ハードディスクそのものも完璧ではないので、二重のデータ保存にしています。

楠の末裔さん、ありがとうございます。

小生も一応HDD(それも、ミラーリング型)にコピーはしているのですが、やはりHDDも完全ではないので、大事なものはSDカードごと保存しています。さらにときどきポータブルのHDDでコピーを取っていますので、3重ですね。ただ、ストレージの肥やしが多いのは事実です。

PCしょじしてないでじたる機もちの友人はみんなこの方法です。
複数。HDDとDVD-Rに焼いていますが「、どれがどれかわからなく
なりました。

ひでほさん、ありがとうございます。

小生の仲間内ではSDカードそのままというのは少数派で(と言うより、SDカード仕様のカメラ自体が少数派)、HDDに入れて、そのバックアップをどうするか、です。DVD-Rに焼くのが王道らしいのですが、金と手間がかかるので、少ないですね。HDDをさらにHDDでバックアップというのが、一番多いようです。
なおSDカード自体は放っておくと数年から数十年で読めなくなりますが、定期的に中を覗いていると、ずっと持つそうです。

SDカード、読めなくなるんですか・・・・( ..)φメモメモ
写真の世界ではKRがいちばん持つかもですね。
内式はぼつぼつが出たものが無名ラボで1件あります。
KR、特に堀内カラーのK-14処理は見事。
コダックよりもいいです。40年くらい前の写真、まったく退色してないし、デジタルデーターと違って安心です。
あとPKRよりもKRのほうが好きです。発色

録画したブルーレイとかDVD-Rとか急に見れなくなって、どのレコーダーでもFORMATと聞いてくるメディアがたまにあります。なので重要なのは、ブルーレイとDVD-Rとか両方にいれるべきですが、整理が悪くてどれがどれだかわからなくなってきました。

いままでMO、PD、DVD-RAMなんぞにやきましたが、もう対応してないし232Cなんてないですもの。USBのMOは所持していますがこわれたらおしまい。
図書館とかは、いままで開発されたすべてのメディアに対応して、観れたりするような環境を国として残してほしいです。

最期可部のキハとか相鉄モニなど編集すればブルーレイ数枚になるくらいモニはいきまくりました。
テープの数みただけで吐き気がしてきました。

なんだかわたし、そのとき燃えればいいひとなのかも。

カラーはあまり撮っていませんでしたが、ネガの持ちは、現像所による差が大きいようですね。フィルムメーカーによる差もかなりありますが。
テレビの録画をHDDからDVD-Rに焼くとき、DVDメーカーによっては他の機械で見られない、という事故が結構ありました。日本の一流メーカーなんですけど。以来DVDは実績OKのメーカーに限定しています。
ひでほさんの写真を整理して記事を付ければ、RMライブラリーが2,3冊できたかも、ですね。

国鉄電車ガイドブックは、南海さんの先輩?がおだしになったのよりかはいいのができるかもです。たとえば、貫通ホロ付きのクモハ51850~なんかは、出場試運転でパンタあげてきれいなちゃんとした形式が何枚もあります。
仲間たちと旧国写真集だそう・・全形式、形態別形式と走行写真、打ち合わせでこの形式の走行はわたしとか、この形式はなんたらさんとか、決めていたのに、みんないい年になっちゃって、さめてしまいました。小生も鉄道やめちゃったしアンプばっかやってて、みんなごみですね。雑誌社、もらってくれないかな?掲載ただでいい。名前いれてくれれば。あと掲載した月はただで送ってください>雑誌社さん。

DVD-Rは、2社でちゃんとみれたんですが、数年経過して、いきなりみれなくなるものあります。
小生も日本製のを買っています。
いまはわからないですが、昔は歩どまり悪くて最悪だったらしいです。
東芝つかっててDVD-RAMが多いのがやばいです。パナでもみれるのは一部になってきました。

電車ガイドブックは、小生が入学する前で先輩方の編集なのですが、いろいろ問題があって再版禁止にしたものの、海賊版が出回っているそうです。
本を出すには、誰か主となってとりまとめる人がいないと、何かと大変みたいですね。その前に、出版社との間を取り持つプロデューサー的な人も必要ですが。一番楽なのは、知り合いの誰かが出版社からの依頼で本をまとめ始める→その人からの依頼で足りない分の写真を提供する、というパターンです。大抵はノミニケーションルートなので、小生のように東京から離れて引っ込んだ人間には、依頼は来ません。
「国鉄甲組の肖像」の電車版のようなものがあれば、ひでほさんの出番ですね。F誌などは、次に何の特集をやるから作品募集、というのをときどきやっていますが、旧国は見ないですねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SDカードのUHS規格:

« ネコがいなくなった | トップページ | 70%扁平ラジアルタイヤ »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ