« 安物のSDカード | トップページ | EF6627リベンジ »

2017/06/14

ISO方式のホイール

2017年6月14日

図書館から、「バスのすべて」(広岡民郎著、グランプリ出版)という本を借りてきました。「すべて」と言うだけあって、各方面実に詳しく書いてあります。最近のバスのスケルトン構造というのも、よくわかりました。

今はバスは車体もエンジンも同一メーカーですが、以前はエンジンメーカーの他に車体メーカー(コーチビルだー)があり、そのコーチビルダーはかつての飛行機会社が多かったです。中島飛行機の後身の富士重工を始め、川崎、三菱は現在でも飛行機に関連しています。その中で西日本車体工業は単なる西鉄系のメーカーだと思っていたのですが、戦時中は局地戦闘機震電の組み立てにかかわっていたというのは、初めて知りました。

その中でホイールの取り付け方法にJIS方式とISO方式というのがありました。ふーんと思って検索したら、この本は2008年の出版ですが、2010年に自動車工業界から大型車のホイールの取り付け方式の変更に関する通知が出ていて、またまた調べたらJISも2009年に改訂になっていました。516img_72341a


乗用車のタイヤ(ホイール)は、純正のスチールホイールの場合ですが、ボルト穴を合わせて取り付けた段階では径方向にはガタです。それをナットを締め付けていくと、ナットのテーパ(車種によっては球面)に合わせてホイールの位置が決まり、車軸に対するセンタリングができます。言わば取り付けボルトのPCD基準です。大型車も球面ですがこれと同じで、これが従来使われていたJIS方式です。

ISO方式はというと、ハブとホイールの内面がはめ合いになっていて、そこが基準になります。そして取り付けナットは球面ではなく平面で、ナットにセンタリング機能はありません。現在はJISが改訂になっていますから、いわゆるJIS方式がJIS D4220:2009の方式S2、いわゆるISO方式が同じJIS D4220:2009の方式FIとなります。

外から見た違いは、大型バスに一般的に使われている22.5in.ホイールの場合は、JIS方式が8穴、ISO方式が10穴という違いです。中型の19.5in.ホイールはどちらも8穴なので、外から見ただけではわかりません。

実際のバスはどうなっているか写真を調べてみたら、三菱ふそうの路線バスの場合は2011年製のLKG-MP35/37からISO方式に変わっていることがわかりました。岡電の場合は517から、両備の場合は1101からです。最も両社ともその後の社内番号で他社からの移籍車(中古車)があり、それらの中古車は2010年以前の製造なのでJIS方式です。いやあ、バスも調べると奥が深い。517img_78231a


なおこのバスのすべてに、ダブルタイヤを1本のタイヤで済ませるブリジストンの「超扁平スーパーシングルタイヤ」というのが紹介されていました。これも調べたら、なんと三菱の大型トラックにはミシュラン製が、ブリジストン製はメルセデスベンツの大型トラックに、それぞれオプションとして採用されていました。どちらも舶来品指向、ということはないですよね。

« 安物のSDカード | トップページ | EF6627リベンジ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いろいろなことに造詣が深くてすごいです。バスマニアってけっこういますね。
以前K病院の折り返し地点でバス形式写真撮影できるかどうか聞かれた。
ヤッパ、形式だと乗降口側ですかねえ?
撮影可能だけど、場合によったら誘導のおっさんが入る危険性あり、
それと停車場所にもよると報告。

業務連絡
名医の本みたら、南海さんの病院、坂〇先生というのがいちばんうまい
模様。その先生執刀希望といまのうちから言っておくと吉かも?
本みただけで無責任モードですが。

ひでほさん、ありがとうございます。

造詣が深いのではなく、現在勉強中です。ただバスは生産台数が少ないのに、排気ガス規制やらバリアフリー規定やらで、どんどんモデルチェンジしなくてはいけないような状況にあるようですね。
バスマニア、最近多いですね。5月の連休中も、岡山駅前で姫路から来たというマニアの方と話しました。やはりバスも前面と左側面を入れるのが公式写真のようで、岡山駅前のバスターミナルは時間待ち待機のバスがホームから離れて止まるので、形式写真がきれいに撮れます。ただし天気の良い日はモロ逆光です。
坂○先生、アメリカで修行してきた先生ですね。多分小生のカンファレンスの時も出席されています。その時「かなり難しい症例だけど、」というコメントが付いてきましたので、どうなるか。その前に、小生はいつ外科に回るか(まだ内科の受け持ち)ということがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/65410916

この記事へのトラックバック一覧です: ISO方式のホイール:

« 安物のSDカード | トップページ | EF6627リベンジ »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ