« 半田山植物園 | トップページ | 宇野港に行ってきました »

2017/04/15

キャリーバッグ

2017年4月15日

小生は、キャリーバッグが嫌いです。理由はと言うと、新横浜駅で足をキャリーバッグに2回も轢かれたからなんですが、特に後ろに引きずるキャリーバッグは「内輪差」が大きいのにそれを意識せずに曲がる人が多く、何回もぶつかりそうになっています。それで自分が迷惑しているものは他人にもそれを及ばす危険があるということで、旅行はリュックかショルダーバッグでした。

ところが、リュックで行く旅行は撮影旅行が多いのですが、その時はポロシャツか何かなので毎日着替える必要も無く、カメラ機材は多いもののリュックに収まっていました。ところがショルダーで行くような旅行はワイシャツにスーツ(ほとんどありません)かブレザーなので、荷物がそれなりに多くなってしまいます。まして最近は皆さん国内旅行もキャリーバッグで収納能力が増えているので、洗顔フォームや化粧品類(小生の場合は「化ける」のではなく、アフターシェーブなど)から旅行用の小さなパッケージが姿を消しています。それでだんだん荷物が多く(と言うより、大きく)なってしまっています。

先日東京に行ったとき、ほとんどは荷物はホテルに置きっ放しだったのですが、行き帰りで立ち寄って荷物を持って歩いたため、足の指の付け根あたりが痛くなってしまいました。次回の熊本行きはスーツかブレザーなので、またまた荷物が多くなりそうです。年齢的にも、また心臓の面からも重い荷物を持って歩くことは褒められたことではありません。

そこでついに観念して、キャリーバッグを買ってしまいました。キャリーバッグの中ではかなり小さい部類に入り、いわゆる「機内持ち込みサイズ」のぎりぎりの大きさではなく、その一回り小さいバッグです。身体の後ろで引きずるのではなく、横に置いて移動させるタイプですが、しばらくはどうやったら一番他人にぶつからないか、試行錯誤になりそうです。

« 半田山植物園 | トップページ | 宇野港に行ってきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小生もひかれたことあります。
しかし入院のときはキャリーとバックです。
キャリーのほうに寝間着、タオル、下着関係、バックのほうはPC、貴重品系で、すべてバックのほうは4桁キーでロックできるチャックが2個ついたやつを選択、検査とかベットからはなれるときはキャリーと自転車用のワイヤーロックで結んでしまいます。何十回の入院で、これがいちばんいいと思いました。

ひでほさん、ありがとうございます。

小生が去年一週間入院したときはショルダーバッグで、その他のペーパーバッグが2つになり、今度入院するときは絶対キャリーバッグだと思いました。今回買った物の二回り大きいスーツケースがあるので、長期入院となったらそっちかなあ、と思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/65153229

この記事へのトラックバック一覧です: キャリーバッグ:

« 半田山植物園 | トップページ | 宇野港に行ってきました »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ