« 再挑戦の「カシオペア」(3) | トップページ | 下津井みなと電車祭り »

2017/03/17

再挑戦の「カシオペア」(4)

2017年2月19日(日)(つづき)

小樽市内を抜け、まず塩谷に行ってみることにする。さすがのAもこのあたりは撮影したことがないので土地勘がなく、駅の回りがどうなっているのかもわからない。レンタカーに付いているナビをセットしたら、山越えの道が表示された。雪の夜に知らない山道を越える気は無く、函館本線は国道5号線に沿っているはずなので、国道5号線を見つけて国道を走る。Img_86061a


塩谷の駅の近くで一応撮れそうなところを見つけ、ラッセルが普通列車と交換するはずの、一つ先の蘭島へ向かう。途中で簡単な食事ができるような店があったら入ろうと考えていたが、何もない。コンビニを見つけて、パンなどを仕入れる。Aは「今日の晩飯は、これでいいや。」と言いだしたので、巻き寿司も買う。これはホテルに帰ったから食べよう。Img_8608a


蘭島の手前に線路をオーバークロスする陸橋があり、これが使えそうだ。その陸橋の下あたりで、ちょうどやってきた各停を試し撮り、ISO6400、1/250でF2.8。さすがは最近のデジカメ、真っ暗でも撮れるものだ。Img_86161a


駅の駐車場に車を駐め、蘭島の駅へ。ラッセルが来るためか、この時間でも駅には人(おそらく保線区員)がいる。断ってホームに入り、やってきたDE15を撮影、複線型だ。何枚か撮っているうちに交換の各停到着、交換シーンも撮る。出発を撮ろうと思って前に回ったら、吐く息で眼鏡が曇っており、そこに4つのヘッドライトが反射して何も見えなくなる。カンでシャッタを切ったら本能的に光を外したと見え、見事に画面から外れていた。Img_86211a


Aは明日3時にホテルを一旦出て下りのラッセルを撮るつもりだが、小生はパスしてAが帰ってから一緒に出発することにした。Img_86241a

小樽泊。


2017年2月20日(月)

朝6時半に小樽を出発。Aは良い写真が撮れたそうだ。ところがここで小生は大ポカをやっており、JALの伊丹便が7:40出発なのを8:40と勘違いしていたのだ。本当はもう30分から1時間早く出なければいけなかったのだ。そうとは気がついていないAと小生、のんびり新千歳空港に向かう。新千歳空港で先に下ろしてもらい、Aはそれからレンタカーを返しに行く。小生は「当日シルバー割引」というのを使うつもりだが、どうやらこれは有人の発券カウンターに並ぶしかなさそうだ。

そこで発券カウンターに行ったら手荷物受付と一緒になっているため、長蛇の列である。仕方なしに「8:40に間に合うかな」と思いながら行列に並んでいたら、「7時40分発の伊丹行きのお客様はいらっしゃいませんか。」と係員が呼んでいる。時刻は7時過ぎ、ここで初めて小生は1時間間違えていたことに気がつく。次に係員が来たときに手を上げ、「乗れたら」と言ったら行列から引っ張り出された。「航空券はお持ちですか。まだですか。」そこでカウンターに向かい、「どなたか発券お願いします。」返事は「ごめん、手が離せない。」カウンター内も出発ラッシュで、手一杯なのだ。そこでチーフ級の方が現れ、「私がやるわ。」と端末を立ち上げる。「当日シルバー割引でございますね。16,000円でございます。お席のご希望はございますか。後方になりますが窓際も空いております。」とさすがベテラン、てきぱきと処理をした。行きが満席なので窓側の席が空いていることに驚いたが、平日と土曜日の違いかもしれない。

聞いたところ天候が悪化しており、午後からは運行見合わせになる可能性が高く、できるだけ朝の便で行ってもらおうとするための呼び出しだったそうだ。確かにJALの伊丹便は7:40の次は12:40だ。1時間間違えたドジが、悪天候のおかげで助かった。なお帰ってからわかったことだが、強風で羽田空港が一時運航見合わせになったようだ。

(完)

« 再挑戦の「カシオペア」(3) | トップページ | 下津井みなと電車祭り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
冥途の土産とか前の記事でおっしゃっていますけど、そんなことはないと思いますよ。
あっしみたいにやばい肝硬変末期になるとやばいですけど、南海さんは重篤な病気なさそうっていうか
北海道の寒空いけるわけだし、心臓手術で2弁3弁でも、S大N先生、J医院A先生、ちょーーーーー簡単だ
そうですよ。あっしの場合は肝臓が問題だそうで、3弁置換のおねえさん、すげえ元気で退院でした
し・・・
しかしすごいバイタリティ。尊敬します。
たぶんOPこんなに楽でいいのと思いますよ。って小生のつたない20回の大手術の中で初回はらくらく。
2回目は拘束とのどに管が入りっぱなしが2日でいらいらでした。

ひでほさん、ありがとうございます。

「冥土の土産」と言うと誤解を招きますが、要は動けるうちに動いておこう、という考えです。男性も平均寿命は長くなってきましたが、健康寿命は意外と短く、70歳です。まあ平均なので、自分がどうするか(どう節制するか)によりかなり差は出てくると思いますが。小生は今68歳なので、70歳までにやりたいことでできることは、今のうちにやって後悔を残さないようにしよう、というのが小生の「冥土の土産プロジェクト」です。年内は「鉄」以外にあと2つありますが、うまく行くかどうか。

こりゃまた失礼しました。

ひでほさん。

小生の用語の使い方が悪いようで、こちらこそ失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再挑戦の「カシオペア」(4):

« 再挑戦の「カシオペア」(3) | トップページ | 下津井みなと電車祭り »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ