« 北海道から帰ってきました | トップページ | 京都に来ています »

2017/02/24

エレベータ駆動もIPMSM

2017年2月24日

マンションの管理組合の理事をやらされています。持ち回りで、隣の人の次に回ってきたものです。その理事会で、エレベータの更新が議題になり、H社の人が説明に来ました。このマンションは1基しかエレベータがないので、長期間止めての全取り替えは不可能です。そこで提案されたのが、新安全基準に対応するための制御装置と駆動モーターの取り替え、それに耐震強化です。このあたりはH社のホームページに出ているとおりですね。

安全対策や耐震対策の詳細は省きますが、現在のものの制御装置はマイコン+リレー、駆動装置はINV+誘導電動機(IM)です。モーターはギヤで減速し巻き上げドラムを回すという、教科書に載っている通りの構造です。ちなみにINVが一般化する前は、高速機は直流電動機か巻線型IM、低速機は極数切り替え式のIMでした。

新しく提案されたのは、ギヤレスモータです。ギヤレスにするためにはモーターを多極化しなければならず、そうするとIMの場合は力率効率がかなり落ちで電気料金の増加を招きます。そのための大型機(数100KWクラス)は同期電動機(SM)にするのですが、昔は数KWクラスのSMは経済的に製作が不可能でした。ところが今は、永久磁石式の同期電動機が一般的になってきており、今回の提案のものもIPMSMです。当然インバータはベクトル制御で(そうしないと、うまく動かない)素子はIGBTだそうです。制御はPLCのようでしたが、このあたりはPLCの意味が営業担当者に伝わらなかったようで、詳細は不明です。また現在使われているIMはおそらく4極ですが、エレベータ用IPMSMは16極か32極が使われているようです(B社カタログによる)。

以前「時代は変わった」と書いたのですが、まさに変わった波が押し寄せてきています。

« 北海道から帰ってきました | トップページ | 京都に来ています »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/64934485

この記事へのトラックバック一覧です: エレベータ駆動もIPMSM:

« 北海道から帰ってきました | トップページ | 京都に来ています »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ