« 大腸内視鏡検査 | トップページ | コンタクトの予備品入荷 »

2017/02/02

ときどきA3のプリンタ

2017年2月2日

エプソンのプリンタに「ときどきA3」というタイプがあり、連続給紙はA4までながら手差しでA3が印刷できる、そのため外形はコンパクト、という特徴があります。価格は25Kくらいなので、そのうちに買おうかな、と思っていました。型式は、EP-978A3です。

昨日歯医者に行く前に時間があったので駅前の家電量販店でプリンタを眺めていたら、「ときどきA3」がありません。カタログをもらって家に帰ってじっくり見たら、新型に変わっていました。型式は、EP-979A3です。新型に変わったときに、「ときどきA3」というキャッチフレーズを止めたみたいですね。

ところが価格を調べてみたら、何と35K前後!新型になったら、1万円も価格がアップしています。たまたま古いカタログもあったので比較して見たら、978A3から自動両面プリントもできるし、機能は全く同一です。何が理由で1万円も値上げしたんでしょう。政府の「デフレ対策」に呼応したとか、まさかね。ひょっとしたら出たばかりなのでこの値段で、しばらくするとまた下がるかもしれません。なおEP-978A3は生産終了で大手の量販店からは姿を消していますが、ネットだと流通在庫が手に入ります。

これがキヤノンだとA3ノビ対応のプリンタが27Kくらいで手に入るのですが、キャノンのプリンタはまだ一つ信頼できません。と言うより、A3のプリンタを買ったところで一体どのくらい印刷するかというところなのですが、ネットプリントでA3ノビで\2Kくらい、自分でプリントすると用紙とインクで1枚1Kくらいかかるので、30枚くらい以上印刷するのなら買った方が得、ということになります。これから先小生かプリンタかどちらかの寿命が尽きるまでにA3を30枚印刷、しないだろうな。やっぱりA3プリンタは買うのは止めます。

« 大腸内視鏡検査 | トップページ | コンタクトの予備品入荷 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

大規模アンプを製作のときの回路図を印刷するときに欲しいなというくらいです。
あたしもいいや。どうしてもというときに買うことにしています。物欲でパーツとか買っちゃうと、それ用にアンプをこしらえようと、構想アンプだけで10台近く。散財してると、ぷうたろう、交通事故裁判で得た金の切り崩し生活なんで、おそろしいことになりそうですし。

ひでほさん、ありがとうございます。

小生も年金生活者で、余分な買い物は貯金の取り崩ししかなく、年に4回の上京費用だけでもかなりの額に上がっています。そろそろ生活を締めなくては。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ときどきA3のプリンタ:

« 大腸内視鏡検査 | トップページ | コンタクトの予備品入荷 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ