« 心臓の検診、異常なし | トップページ | 大腸内視鏡検査の準備 »

2017/01/22

パソコン更新顛末記(10)

2017年1月22日

昨年暮れにテレビソフトが勝手に初期化して撮ったビデオが全部消えてしまい、富士通で対処をしてもらいました。そしてビデオをまた撮って見ようとしたら、今度はソフトが起動しません。テレビソフトは起動し放送を見ることはできるのですが、そこからビデオ視聴に切り替えようとすると、切り替えた瞬間の画面で画面が固まってしまい、どうにもならないのです。その画面を解除するためにはテレビソフトの再起動ではダメで、パソコン全体を再起動しなければなりません。そして再起動すると今度は、ビデオに切り替えると画面が真っ暗になります。それでもテレビソフトを何回かON-OFFしているとみられるようになるので、何とか見ていました。ソフトの再インストールをやってもダメです。

そうこうしているうちに完全に起動しなくなり、富士通にまた電話しました。すると、ディスプレイドライバのバージョンが富士通推奨のものより新しすぎるとのことです。ディスプレイドライバは小生が更新したのではなくパソコンが勝手に更新したのですが、テレビ内蔵機の場合、テレビとの整合性が確認できているバージョンより新しくすると、おかしくなる可能性があるとのことです。それでディスプレイドライバのバージョンを戻しましたが、2階更新されているようで、一つ前までしか戻りませんでした。

すると今度は翌日、テレビソフトがまた初期化してしまいました。再度電話して今度はハードディスク内蔵の、買ったときのディスプレイドライバに戻し、ドライバの自動更新を停止にしました。富士通が新しいドライバに変えるときは、富士通の方から連絡が来るので、その時に変えれば良いとのことです。ちなみにNECのTV付きモデルにインストールされているのはスマートビジョンですが、スマートビジョンもWindows10になったら起動しないなどの不具合が報告されているようです。

この間のビデオをどうしているかというと、まだ処分していなかったWindows7モデルにテレビアンテナの配線を復活し(LANは元々繋いでいます)、Windows10モデルと併行して録画しています。Windows7モデルのテレビソフトはウインドウズメディアプレイヤーで、番組方が見づらく使いにくかったのですが、録画が消えるようなとトラブルは皆無なので(元々ある方がおかしい)、バックアップとして活躍しています。

これが1月8日頃の話で、それからしばらくは何事も起こらず、13日から16日にかけて東京に行ってきました。東京から帰ってきたら、パソコンに「テレビソフトとディスプレイドライバを更新しろ。古いままだとテレビが見られなくなることがある。」とのメッセージが出ていました。そこで各々30分かけてダウンロード、夜にダウンロードしたので回線が混み合っていて、時間がかかります。更新して、録画がちゃんと残っていることを確認しました。これが1月16日のこと。

翌17日に旅行中に撮りだめていた録画を見始めようと思って起動したら、見事に全部消えていました。チャンネル設定から消えた「初期化」です。その日は予備機の録画を見て(バックアップを仕掛けていて、良かった)、翌18日に富士通に電話をしました。さすがに富士通も小手先ではらちがあかないと感じたのか、「詳しい人間から電話をさせますから、電話を切ってお待ち下さい。」とのことで、向こうから電話がかかってきました。パソコンテレビの録画は、チューナーボードと本体のの両方に録画されているが、このアンマッチが原因だろうとのこと。そうすると原因は初期化したとき初期化できたのはWindowsだけでチューナーボードの初期化がされなかった(普通はやりませんし、やり方もわかりません)ことのようです。どうせ見られないからと、今まで残っていた録画は別ファイルへ、それからホルダーの削除も含めて大掃除になり、朝10時前から初めて食事休憩を挟んで(その間はテスト録画)13時前までかかりました。

それが今の状態で、それから何事も起こっていませんが、いくらお人好しの小生でも別の対応を考え、ソニーのnasneを買いました。実は富士通に電話をしたときはすでに発注しており、富士通での点検はTVソフト以外に異常が無いかの確認が主目的だったのです。nasneは外付け外録画(nasne内のHD)で、普通のビデオデッキのようにアンテナ線出力(スルー出力)端子を持っているため、パソコンのTVアンテナ線の前に繋いで両方を使うことができます。形状も外付けHDDの一回り小さい形なので、並べて置くことができます。なおnasneの録画は、小生のアンドロイドウォークマンで見ることもできそうですが、まだ確認はしていません。

これで安定して録画ができることが確認できれば、やっとWindows7のパソコンを処分できます。焦ることはないですが。

« 心臓の検診、異常なし | トップページ | 大腸内視鏡検査の準備 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

参るPCですね。
ナスネだったら録画した番組、外から観れるんじゃないでしょうか。
入院中便利かも。

ひでほさん、ありがとうございます。

確かにナスネは録画した番組を、外から見ることができるようです。これでノートがVAIOだったら言うことはないのですが、他メーカーのパソコンは(小生の今使っているデスクトップも含め)、専用ソフト(有料)のインストールが必要になります。小生の安物ノートはHDDが小さくもうすでにあっぷあっぷしていますから、どうなりますかね。とりあえずアンドロイドウォークマンで試してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコン更新顛末記(10):

« 心臓の検診、異常なし | トップページ | 大腸内視鏡検査の準備 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ