« パソコン更新顛末記(8) | トップページ | E.R.バローズ、火星シリーズ »

2016/12/29

パソコン更新顛末記(9)

2016年12月29日

パソコン更新顛末記(9)
このところパソコンは順調だったのですが、一昨日夕方、昨日撮ったビデオを見ようと思ってパソコンの電源を入れたところ、例によって起動に時間がかかり、またまた例によって画面が切り替わらないのでCtrl+Alt+Deleteを押したところ、画面は切り替わったものの「テレビのチャンネル設定ができいません。」のメッセージ、またテレビが初期化されてしまいました。当然撮ったビデオも、ファイルは残っているのですが他人が撮ったビデオと見なされ、見ることができなくなります。

この状態を確認してもらいたくて、富士通のPCコンシェルジェサービスに電話しました。先日のトラブル以来パソコンの中を点検してもらおうということもあって、有料ですが加入しています。そこで見てもらいましたが結論は、テレビのソフトも最新版で異常なし、見えなくなった録画ファイルを見る方法は無し、トラブルの原因は他のソフトとの干渉が考えられるが、これはほかのソフトを削除してみないとわからない、ということでした。パソコンをメーカーに返却して点検してもらっても、異常なしで送り返されるだろうし、現場に点検に行っても、こういうたまにしか起きない状態ではわからないだろうとのことです。そこで提案されたのが、小生が入れたソフトをウイルス対策ソフトを含めて全部削除して使ってみるということでしたが、その状態で20日間も使うのは何のためにパソコンを買ったのかわからないので拒否しました。最後は、「ビデオデッキを買うなり、こちらで何とかします。」という捨て台詞で終わりました。

捨て台詞は吐いたものの、実際にビデオデッキを置くとなると、デッキは置けてもモニター(テレビ)が置けないんですね。初期設定だけであとは録画予約も番組検索も全部LAN経由でできれば良いのですが、それが出来るかどうかはかなり調べなければいけないようです。小さな録画機能付きテレビを買う手もあるのですが、せっかく23型ワイドの画面があるのに、もったいないです。

翌日、気になったことがあったのでまた富士通に電話をしました。この初期化が起こるのは決まって起動に時間がかかり、画面が切り替わらないのでCtrl+Alt+Deleteを押したときです。その前に時々「システムリカバリーによって録画情報が消去された可能性があります。」というメッセージも出ますが、この時は消えたことはありません。このCtrl+Alt+Deleteの操作が初期化の引き金になっていないかということと、接触不良等でチューナーボードにハードウエアリセットがかかっていないかということです。これに対し、ハードウエアリセットは可能性としてはあり得るが、起こるとすればWindowsを初期化してすぐのときで、1ヶ月近く順調に動いていきなり起こることは考えにくいこと、またCtrl+Alt+Deleteでテレビの初期化に結びつくことは考えられない、とのことでした。それより、Ctrl+Alt+Deleteを押さないと画面が切り替わらないことと、「システムリカバリー」というメッセージが頻繁に出ることの方が問題で、Windowsが正常に動いていない可能性があるとのこと、パソコンの中をまた見てもらった結果、「BIOS(か、その次のレベルのシステム)が古いままなので、これを新しくします。」と言うことでそれをアップデート、そのあとシステムチェックをかけて(これは1時間以上かかるので、走らせ始めた段階でコンシェルジェとの通話終了)終わりました。システムに異常は、ありませんでした。

これで一件落着になるかどうかは、使ってみないとわかりません。ただビデオの信頼性がないことこの上ないので、対策を考えなければいけません。そこで同じ富士通でも今までそんなトラブルは一度も無かったWindows7機をバックアップで使うことにしました。電気屋に行ってテレビのケーブルと分岐器を買ってきて足下にまだ置いてあった7機に配線、LANケーブルは繋いであったのでそのまま、そしてテレビを起動して、10機と同じ録画を入れました。7機が処分できないので足下がすっきりしませんが、1ヶ月くらいこの状態で様子見すればわかるでしょう。

なお10機に入っているテレビソフトはピクセラのものですが、検索したら過去もピクセラのソフトは録画が消えたというトラブルが結構あったようです。ただその頃は復元する手段があったようですが、富士通の人に聞いてみたところ、Windows10になってからライセンス管理が一段と厳しくなり、復元手段がなくなったそうです。テレビソフトを入れ替えることも考えましたが、Windows10対応のテレビソフトって、意外と無いんですね。またWindows10自体も完成度が低いソフトなのに操作の自由度が少なくなっており、富士通の人も苦労しているようです。

« パソコン更新顛末記(8) | トップページ | E.R.バローズ、火星シリーズ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/64690004

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン更新顛末記(9):

« パソコン更新顛末記(8) | トップページ | E.R.バローズ、火星シリーズ »

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ