« 角膜周辺部潰瘍 | トップページ | パソコン更新顛末記(9) »

2016/12/26

パソコン更新顛末記(8)

2016年12月26日

Windows10のパソコンも何とか動き出しました。ただかなり頻繁にWindowsの更新があるようで、起動させてからしばらくデスクトップ画面が出ないことがあります。その時は画面は真っ青で何も出ません。そして、Ctrl+Alt+Deleteを押さないと通常の画面に戻らないんですね。会社のパソコンがログイン時に同じようにCtrl+Alt+Deleteを押さないといけなかったので慣れてはいるのですが、なにやら家庭用にしてはまごつくパソコンですね。

もっと困ったのがDVDビデオです。先日の鉄研三田会写真展の作品集がDVDになって出品者には送られてきていますので、それを見ようとパソコンに入れました。すると「対応していない形式のファイルです。」VOBという形式のファイルですが、今までは(Windows7までは)問題なく再生ができていました。そこでパソコンに付いている「何でも聞いて下さい」というところに(要は単なる検索ですが)VOBファイルについて聞いてみると、、、曰く「Windows7からWindows10に変えると、できなくなることがいくつかあり、その一つがVOBファイルが読めなくなること。」曰く「Windows7まではWinDVDが付いていたが、Windows10になってサポートされなくなった。」曰く「mpeg等に変換しなければならない。」ということで「無料」の変換ソフトを入手しましたが、無料なのは最初の10分だけ、もっと長いファイルを変換しようとすると有料です。別の無料ソフトを入手しましたが、変換した画像はあまりきれいではありません。

もしやと思ってDVDビデオを入れてみたら、こちらも「対応していない型式のファイルです。」変だと思ってパソコンのカタログを見たら、ちゃんとWinDVDがプリインストールされています。どうやらWindows10付属ではなく富士通準備のソフトで、先に起動しておかないと動かないようです。

自動的に起動しないファイルはほかにもあり、何とPDFファイルがメールの添付ファイルをそのままクリックしても「対応していない型式のファイルです」と表示され、どこかにダウンロードしてクリックすると、ちゃんと見られます。この時は、Edgeが立ち上がりました。

いちいち「名前を付けてファイルに保存」を行うのも面倒なので、アクロバットリーダーをインストールすることにしました。プリインストールではなかったのです。そしてインストールが終わったらWindowsのファイルのひも付け画面が立ち上がりました。そこにDVDビデオなどもあったので、そこでWinDVDを指定しておけば、DVDを入れるだけで立ち上がるはずで、やっとDVDを入れただけで自動的に見られるようになりました。普通は最初にDVDを入れたときにひも付け画面が立ち上がるはずなのですが、不思議です。ちなみに、写真展のVOBファイルもWinDVDでひも付けしておきましたので、変換無しですんなり見られます。これが元々の設定なら、ずいぶん不親切なパソコンです。

« 角膜周辺部潰瘍 | トップページ | パソコン更新顛末記(9) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

手ごわいPCですねえ。
小生の最近買ったれっつはすんなりでした。
ちょっと勇気がいる価格でしたが、ブルーレイもみれるし、64ビット、メモリー16Gも積んでて
速くてうれぴいです。

ひでほさん、ありがとうございます。

実はまだ終わっていなくて、また録画番組が全部消えました。富士通にも確認しましたが、一旦消えた番組の復活は技術的には可能でも、著作権上難しいらしいですね。Windowsのちょっとした変化を「他人」として認識するらしいのです。テレビを見るなら、テレビを作っている会社のパソコンの方が良かったみたいです。

TVはPCでなくレコーダーが安いしいいですよ。いまのは外出先から予約も視聴もできるのが多いです。

ビデオデッキも考えたのですが、モニターを置く場所がなく、モニターが初期設定の時だけで済むのかどうか、調べなければいけません。もしご存じなら、ご教示下さい。

モニターは関係なく、家電のブルーレイレコーダーをTVとは別途購入するだけです。
ちなみに小生はS社のを使っていますが、スマホのソフトとブルーレイを簡単な設定で
コントロールできています。もちろんブルーレイを岡山で購入すればたぶん岡山のTVの
設定だと存じますが、郵便番号をいれて設定すれば番組表も岡山版だし、入院される
ご予定でしょうし、スマホ、PCで自宅で録画予約したものが病院でみれるタイプのやつ
がいいのではと思います。小生のは5年以上前のやつなんで外からの予約しかでき
ません。

追伸
家電のブルーレイレコーダーです。つなぐのは家電のTVです。
自宅で観るのも録画するのもTVとブルーレイレコーダーをONして番組表で予約します。
いまのブルーレイレコーダーは安いですしLAN端子があって自宅のLANに接続します。
スマホやPCでコントロールするソフトがあって、たいていレコーダーにスマホで出した
4桁4つの番号を入力してお互いのペアにするのが多いです。

ひでほさん、ありがとうございます。

ビデオデッキのメーカーも、パナかソニーでないと、その後の対応が難しそうですね。またパソコンの方もVAIOだと専用ソフトが入っていてテレビ録画を見ることができますが、ほかのメーカーだとソフトをインストールする必要がありそうです。ただ富士通だと、MY CLOUD経由で見るだけならできそうです。
設定は、スマホがあればできそうですが、小生のはガラケーなので(;_;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコン更新顛末記(8):

« 角膜周辺部潰瘍 | トップページ | パソコン更新顛末記(9) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ