« パソコン更新顛末記(9) | トップページ | 謹賀新年 »

2016/12/30

E.R.バローズ、火星シリーズ

2016年12月30日

一週間ほど前に「イシャーの武器店」の話の中でE.R.バローズの「火星シリーズ」についてちょっと書きましたが、その火星シリーズ、合本全4巻集図書館に揃っていました。おそらくその前の文庫本も揃っているようですが、まだ細かい確認は行っていません。その合本4集のうち第1集は持っていますので、第2集第3集と借りて読んでいます。そして読んでいて気がついたのですが、細かいところが記憶と違います。

確認するために手元にある7,8,9巻が合本第3集に該当しますので、比較して見ました。まず第7巻「火星の秘密兵器」の冒頭に7ページにわたる「はしがき」が合本にはありますが、文庫本にはありません。文庫本の初版が1967年、合本の初版が2001年で、どちらも訳者は厚木淳氏ですが、合本番は改訳されたようですね。そのほか、マッドサイエンティストの口癖が「ホーイ」から「ヘイホー」に変わっていたりします。また表紙の原画からのトリミングが少し違っていますね。第1巻から第6巻までは文庫本自体で訳者が小西宏氏から厚木淳氏へ途中から変わっていますが、多分もっと変わっていたと思います。

この火星シリーズ、最初は姉(長姉。次姉はこの手のものに興味がありません)が買ってきて、途中からは小生も時々買ったりしていました。そのため全巻読んだのですが、その本はそれからばらばらで、どうなったのか不明のものがほとんどです。第9巻の「火星の合成人間」(初版本)は実家の片付けの時に見つけて、持ってきたものです。第7巻と第8巻は、2012年頃(映画「ジョン・カーター」が公開された頃)古本屋で見つけたもの。この時全11巻の揃いも並んでいましたが、置く場所を考えて買うのは止めました。ただ古本屋に「火星シリーズ」が並んだのは後にも先にもその時だけです。
以前大学受験前に買わずに大学に入ってから買ったのだろう、と書きましたが、実際は受験期に初版が出たときに読んでいますね(^_^;。

合本は第1集だけ持っていますが、これは数年前にネットで買った物です。その時すでに第2集以降はプレミアムが付いており、現在では全く見ませんね。2000年頃この合本が発行されたときには、よほど全部揃えようかと思ったのですが、これまた場所の関係で止めています。その時揃えておけば現在は貴重品だったのですが、持っていても引っ越しの時に処分したかもしれないし、まあ図書館で読めたから、良しとします。

« パソコン更新顛末記(9) | トップページ | 謹賀新年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

表題と関係ありませんが、今年もおせわになりました。時節柄ご自愛ください。

こちらこそ、お世話になりました。
足が不調のご様子。寒くなると古傷も痛みますので、ご自愛のほどお祈りします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/64694381

この記事へのトラックバック一覧です: E.R.バローズ、火星シリーズ:

« パソコン更新顛末記(9) | トップページ | 謹賀新年 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ