« パソコン更新顛末記(6) | トップページ | 広島でコンサート »

2016/12/02

パソコン更新顛末記(7)

2016年12月2日

今日念のために富士通に電話し、今までの経緯を話しました。そして「録画はやっぱり見られない。」と言ったら、「一度やらせてくれ」と係員が言うのでリモート接続でやってもらいました。しかしやることはPIXELAの録画復元機能だったので、やっぱりダメでした。中のファイル(どこだか不明)をいじくれば見えるようになるはずなのですが、今日の係員の方はそれを知らない、昨日話したベテランらしい方は、知ってても教えない(教えると違法行為を勧めることになる)というところでしょう。再放送があるので、録画はそちらです。

パソコンを初期化したので中身は今年の春、あるいは1月頃の状態になっていたはずで、そのため昨日ソフトをインストールしているときに大規模なWindows10のアップデートがかかりました。これが始まると画面は真っ青な何も無い状態になって、5分以上そのままです。そして画面は自動的にはデスクトップに切り替わらず、ハードディスクのアクセスランプが点滅しなくなってからCtrl+Alt+Deleteを押さないとデスクトップ画面が出てきません。変なタイミングでこれをやるとアップデートの強制終了がかかってしまうので、始末が悪いです。このパソコン、初心者が使えるんかいな。富士通の担当者がリモートでやっているときにも再起動後に(おそらく追加の)アップデートがかかり、散々待たせてしまいました。以前の7機は10に勝手にアップデートされるのを防ぐために手動インストールに変えていたんですが、これもそうするかなあ。

パソコンの初期化後岡山市立図書館のホームページがパスワードを受け付けなくなっていたのですが(IEでやると受け付けるので、サイトの問題ではありません)、10のアップデート後はきちんと入れるようになり、おまけにパスワードもいつの間にか記憶し、問題は無くなりました。

このパソコンの初期化は2度目(再処理も入れると、3度目)なのですが、前回はウイルスセキュリティの再インストールがどうしてもできず、ソースネクストにリモートでやってもらいました。今回もやはり同じで、ID、パスワードを入力するところで受け付けてくれません。そこでまた電話相談の予約を入れたのですが、それから登録してあるシリアルを眺めていたら、IDが全部小文字なのに気がつきました。小生のIDは大文字小文字混在で、ソースネクストのマイページにアクセスするときはそれで良かったのですが、ウイルスセキュリティの登録ページでは小文字限定のようです。そこで再度IDを全部小文字にしてインストールしたら、うまくいきました。こちらも、すごく紛らわしいですね。なお電話相談はそれからキャンセルを入れたのは、言うまでもありません。

なにやらトラブル続きで、7機はまだ処分せず、録画もテレビケーブルさえ差し替えればいつでも交代できる状態です。少なくとも年内はこのままにしておかないと、危なそうです。

« パソコン更新顛末記(6) | トップページ | 広島でコンサート »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

7はまだまだサポート中なんでサブとして生かしておいてWINDOWSUPDATEもやっておいたほうがいいですね。Vistaは来年春で終わりみたいです。ほんと調子悪くて重いOSでした。

ひでほさん、ありがとうございます。

今7機は足下にありますが、もうLCDモデルで意外と場所を取らないので、しばらく置いておいても平気ですね。少なくとも、年内は置いておきます。
Vistaは二重生活をしているときのサブ機で使っていました。企業モデルの中古機で、何をするにも時間がかかりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/64572715

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン更新顛末記(7):

« パソコン更新顛末記(6) | トップページ | 広島でコンサート »

フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ