« 地中配線 | トップページ | 大阪フィルソワレ・シンフォニー »

2016/10/20

パソコン更新顛末記(1)

2016年10月20日

先週のこと、パソコンの内蔵テレビ(ビデオ)に使うリモコンが効かなくなりました。電池が切れたと思って開けてみると、少し腐食しています。そして新しい電池を入れてみたら、案の定動きません。電池が切れて腐食すると、内部の配線を破損することがあるのです。

そこでネットで調べてみたら、富士通のパソコンテレビ用のリモコンは部品番号もなく、別売での入手が不可能だそうです。まあリモコンがなくてもマウスでメディアプレイヤーを起動すればテレビもビデオも可能ですが、ちょっと面倒です。純正のキーボードも左半分が動かなくなっているし(これは増設したUSBキーボードを使って書いています)、そろそろ買い換え時期かと思って、大型電気店に行ってみました。

小生のメインのパソコンはほぼ7年周期で買い換えていますが、今年買ったら次は2023年で74歳、多分そこでの買い換えはないでしょう。小生の予定では、その頃は生きているかどうかが五分五分です。つまり、これが最後の更新(のつもり)です。

今年の初めに行ったときは、Windows10でテレビ付のパソコンはまだ出ていなかったのですが、さすがにこの時期になるとNECも富士通も、Windows10でテレビ付のモデルが並んでいます。そしてNECのDA770/FAか富士通のFH77/XDかということになったのですが、販売店の担当者は小生が写真の画像処理を良くやるといったらCPUの能力が高い富士通の方を勧め、帰って詳細に検討したら富士通は23in.なのにNECは23.8in.で若干高さが高く、今のパソコンラックに入りきれない危険があったので富士通にしました。そして何も今買う必要は無く、今年の冬モデルや来年の春モデルでも良かったのですが、次のモデルで富士通も23.8in.にされたら本当に入りきれなくなり、また富士通が富士通である間に買っておこうと思い、16日に買ってしまいました。税込みで180K強です。結局NECは9821が最後になりましたね。98でないNECには、用はない?

当日配達便とやらで16日夜にはパソコンは到着したのですが、翌17日はセッティングの注意を眺め、18日(火)にセッティングを開始しました。ところが、パソコンがワイヤレスキーボードを認識しません。「セッティングを開始しますか?」の画面でY(Yes)もN(No)も入力を受け付けないので、どうすることもできないのです。今のパソコン(富士通の2010年モデル)もワイヤレスですが、なんの問題も無く繋がりました。説明書に再ペアリングの方法が書いてあったのでそれも試してみましたが、それでもダメです。そこで富士通のサポートセンターに電話したところ、「お客様の登録番号を入力して下さい。なお登録がまだの方は、当社ホームページに登録の方法が、、云々」と、登録ユーザーでないと電話も繋がらないシステムになっています。「パソコンが動かないのに、どうやって登録するんだこの野郎!」と思いましたがぶつける相手もいないので、パソコンを買ったビ○クカメラに電話してみました。

修理担当に繋いでもらったところ、「パソコン本体とキーボードのどちらかの故障の可能性があるが、可能性とするとキーボードの方が高い。キーボードだけチェックしてみましょう(パソコン本体を担ぎ込むのは、大変)」ということになり、キーボードだけ持って修理窓口に行きました。するとビ○クカメラは修理はソ○マップと別会社になっているためか散々待たされたのですが(文庫本を持って行って、良かった)、ビ○クカメラのパソコン担当者の方から新しいキーボードを渡され、これでもう一度再ペアリングの方法をやってみるように言われました。裏話ですが、修理のソ○マップが担当するのは購入一ヶ月後からで、それまでの初期故障はビ○クカメラの売り場担当の管轄だそうです。もう一つ仕入れた知識では、このワイヤレスキーボードはBluetoothではなく赤外線だそうです。そしてWindowsのもう一つ下のシステムで動いているとか。確かにそうでないと、Windows設定前には動作しませんね。

それでやってみたのですが、やっぱりダメ、変わったのは、LEDの点滅が点灯に変わり、ペアリングが一応できたようではあるのですが、キーボードは全く認識しませんでした。そこでもう一度、ビ○クカメラの今度は修理担当ではなく売り場の担当者に電話したところ、明日(19日)富士通から直接電話させたいが良いかという返事、OKしました。

そして19日、富士通から電話がかかってきました。電話番号は0120なので、どこからかかってきたかはわかりません。ただこの野郎ではなく、女性でした(笑)。そこで電話の指示のあーせーこーせーに従っていろいろやったのですが、結局はダメ。ただ登録はその場で行えました。小生は東京の住所電話番号で登録していたので、住所変更と機種追加ということになります。そして今度は男性から電話がかかってきて、係員をよこしたいけどどうかということです。しかし小生の部屋は足の踏み場がないのでその話は断り、時間は急がないので工場で点検修理を行うようにしました。

そしてそして、今日(20日)運送会社が取りに来て運んでいきました。まだ箱や梱包材は全部残っていたので、再梱包しようかと富士通の担当者に言ったところ、万が一輸送中に事故があると、梱包したもの(小生)の責任になるので、梱包は運送屋にまかせるように、と言われました。確かに責任の所在という意味では、はっきりさせておかないといけませんからね。

このところ、EOS 8000Dと言い、初期不良を引き当てる確率が上がっています。日本の生産技術が落ちたのでなければ良いのですが。

« 地中配線 | トップページ | 大阪フィルソワレ・シンフォニー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

富士通も高級機は日本製らしいのですが、普及機は海外らしいです。
小生も某メーカー勤務時代、最初は八王子のラインで、その後は中国でしたが、歩度まりが桁違いで参りました。

ひでほさん、ありがとうございます。

箱にはちゃんと「MADE IN JAPAN」と書いてありましたが、最終組立は国内でも、構成部品はあちこちから入ってきているはずです。以前FMVの出始めの頃、富士通製はロットによって構成部品のメーカーが違うと、電気屋さんがぼやいていました。トラブルの多いロットというものが、あったそうです。
今回の場合、多分故障はワイヤレスの送受信ユニットなのですが、ユニットだけの交換で済むのか、その上のサブシステムレベルまで行くのか、月曜以降何らかの連絡があるでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコン更新顛末記(1):

« 地中配線 | トップページ | 大阪フィルソワレ・シンフォニー »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ