« 大阪フィルソワレ・シンフォニー | トップページ | 心臓の定期検診 »

2016/10/27

パソコン更新顛末記(2)

2016年10月27日

20日に発送したパソコンが、昨日戻ってきました。木曜日に発送して金曜日着、月曜日たっぷり1日おいて、火曜日発送ですから、優先処理されたものと思います。修理報告書が付いていて、「異常は再現できませんでした。」本体はどこも異常なかったということです。

そこで早速仮置きし、電源を入れてみました。すでにWindowsの設定は終わっています。問題は「Windowsの設定を行いますか?」の後のY,Nのキーが反応しなかったことですから、Yを押して反応したら、そのままWindowsの設定が始まってしまいます。そこまでの確認を行ったのでしょう。パソコンの名前は機種名になっていたので、PONKICHI5に変更します。デスクトップ(メイン)の5号機です。キーボードもマウスもちゃんと動き、入力ができました。ついでのOfficeのセッティングまで行います。

昔はパソコンの取説は3分冊くらいになっていて分厚かったのですが、今はセッティングマニュアルだけの薄い冊子で、メインの取説は内蔵しています。パソコンが動き出したので、取説を見てみました。するとそのワイヤレスキーボード・マウスのところに、「ワイヤレスキーボード・マウスは電波動作のため、周囲でノイズ源となる電気・電子機器(無線機器を含む)を使用している場合、うまく動作しないことがあります。」との記載がありました。ビ○クカメラの修理担当シャアがいった「赤外線」という話は、嘘でしたね。

これで納得がいきました。今セッティングをしているところは場所がないため、隣15cmくらいのところに無線LANの親機があるんです。最初のペアリングの時のうまく本体からの電波が拾えなかったのだと思います。一度ペアリングができてしまえば、後は同じ周波数でも交通整理できますから、問題なく動くはずです。

今までの症状から見たら、初期設定、特にワイヤレスキーボードとマウスをペアリングするときは、ノイズ源となりそうな周りの無線機器を遠ざけることが必要だったのでしょう。問題はこの注意書きがパソコン内蔵のマニュアルだけで、紙の冊子には一言も書いてないことですね。Windowsの初期設定だけならインターネットに繋がなくてもできますから、外部無線機器の雑音の可能性が書いてあったら、ペアリングできないときに他の部屋でセッティングすることができました。だいぶ手間取りましたが、やっと設定のスタートラインに立てました。

この無線LAN親機のノイズの可能性を富士通にメールで報告しておきましたが、返事が来るかどうか、です。

« 大阪フィルソワレ・シンフォニー | トップページ | 心臓の定期検診 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコン更新顛末記(2):

« 大阪フィルソワレ・シンフォニー | トップページ | 心臓の定期検診 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ