« 換気扇ダクトの清掃 | トップページ | 肺炎の前科者が風邪を引くと »

2016/09/25

京都コンサートホールで京都市響

2016年9月25日

昨日、京都コンサートホールに行ってきました。目的は、京都市交響楽団の定期演奏会です。

まず「さくら」で新大阪へ、行きは指定席を確保しました。途中で「自由席混雑のため、車内販売ができません。」とのアナウンスがありましたが、やはり自由席は混雑しているようです。外国人用のジャパン・レイル・パスでは「のぞみ」に乗れないため、外国人観光客は「さくら」に集中しているようです。日本人が買うユーレイルパスは制限無しで乗れるので、日本だけが制限をかけていることになります。これはオリンピック前に改善しておかないと、国際問題になります。

新大阪は在来線に乗り換え、新快速で京都へ。新幹線が新大阪-京都間を14分で走るのに対し、新快速は特急券不要で23分で走ります。これは節約のためにも、在来線です。ましてや「ジパング倶楽部」会員のみを狙い撃ち検札するJR東海にはできるだけ乗りたくないし。しかし12両がぎっしり混んでいますね。補助席に何とか座れました。

京都では間違えて地上の中央口に出てしまったため(地下鉄への乗り換えは、地下出口が便利です)、地下街をそのまま歩き、見つけた本屋へ。やはり思ったとおり、今日発売のコミック「クオ・ヴァディス」(19)がありました。岡山はコミックの発売は1日ずれますが、京都までは東京と同じでした。しかもブックカバーをかけてくれます。これは東京近郊や仙台ではかけてくれるのに、岡山や米沢ではかけてくれません。都会と田舎の違いを表す尺度に「スタバがある」「飲食店が遅くまで開いている」などと言いますが、コミックにブックカバーをかけてくれるかどうかも尺度になりそうです。

京都コンサートホールは地下鉄烏丸線の北山から徒歩ですが、北山からホールまでは屋根付きの遊歩道があります。これは便利。そして京都コンサートホールへ。坂道を上がった2階が入口、そのため3階席も階段1つだけで上がれます。ホールは「囲み型シューボックス」と言われるタイプ、小生のかつてのホームグラウンドみなとみらいホールと同じですね。大きさも、みなとみらいよりほんの少し小さいくらいです。

開演前に、指揮者によるプレトークがあります。英語ですが、当然通訳付き。通訳さん、ちょっと早口。ほとんどプログラムに書いてある解説と同じでしたが。その間に椅子の配置を見たら、京都市響は14-7型のようです。

今日の1曲目は、ヴェルディの「ナブッコ」序曲。コンマスは客演コンサートミストレスの荻原尚子さんです。ソロヴィオラに元N響で現在都響(都響の方が、定年年齢が高い)の店村さんが名前を連ねていますが、今日は降り番のようです。その代わり、チェロの首席はN響の藤森さん(客演首席奏者)でした。確か藤森さんも、京都の出身です。トロンボーンの隣にティンバッソ。ティンバッソは絶滅危惧種と言われていましたが、最近は使われることが増えたようです。
演奏は、圧倒的な音量というのはないものの、速いテンポになっても一糸乱れず、なかなかやります。

2曲目はベルクのヴァイオリン協奏曲「ある天使の思い出に」、ソリストはアラベラ・美保・シュタインバッハー。美女を見るにはちょっと遠い席(3階正面)でしたが、音は良い席です。最後のきれいな和音がppで消え入るように終わり、そのまま客席も静か、ヴァイオリンを下ろしたところで拍手が起きました。京都のお客さんは、聞き慣れていますね。アンコールはバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番からアンダンテ。

後半はシューマンの交響曲第3番「ライン」。オーソドックスなしっかりした演奏で、良い演奏でした。帰りがけに、常連さんのような一の会話が耳に入りました。「シューマンをメインにおくと、お客さんの入りが一番悪いそうだ。日本ではね。この前飯森さんが言っていた。」「じゃあ今日はベルクにシューマンだから、最悪じゃない。」確かに少し空席は目立ちましたが、小生はベルクで少し引いたものの、メインがシューマンの明るい「ライン」だからとチケットを買った物です。シューマンはそんなに人気が無いかなあ。

帰りはまた新快速で新大阪に出て、各停「こだま」で帰りました。良い一日でした。

« 換気扇ダクトの清掃 | トップページ | 肺炎の前科者が風邪を引くと »

音楽」カテゴリの記事

コメント

 さくらやみずほがやたら混む理由がそんなところにあったとは・・・勉強になりました。
 新大阪から京都に行く際は、時間的に余裕があれば東口からいったん出たところにある牛丼の「松屋」の隣にある格安切符の自動販売機で「昼特きっぷ」を買うようにしています。往復で300円以上浮きます(笑)
 
 いいコンサートだったようですね。2週間前のコンサートではフライング拍手に悩まされたのですが・・・やはり定期演奏会の方が客層がいいみたいですね。私は10月の定期演奏会に行く予定にしています。

 体調を崩されているとのことで、どうかどうかご自愛ください。

ヒロノミンVさん、ありがとうございます。

もう一つ、小生が使っている3割引の「ジパング倶楽部」も、のぞみは使えません。乗車券だけは割引になりますが、特急券は割引無しです。東京に行くときは、片道は仕方なしに乗車券だけの割引にしていますが。

2週間前はフライング拍手がありましたか。小生が聞いたときは「京都のお客さんは、聞き慣れている」と思ったのですが、定期演奏会と特別演奏会では、また違うようですね。10月の定期はチェコ特集ですね。すでに完売のようです。

お見舞い、ありがとうございます。風邪の経過は、今日のブログの通りです。今日もそろそろ寝ます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都コンサートホールで京都市響:

« 換気扇ダクトの清掃 | トップページ | 肺炎の前科者が風邪を引くと »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ