« 京都コンサートホールで京都市響 | トップページ | 東京に来ています »

2016/09/26

肺炎の前科者が風邪を引くと

2016年9月26日

土曜日に京都に行ったあたりから喉が痛く、帰ったら咳も出始め、体温を測ったら久しぶりに37℃を超えていました。しかし翌日曜日はほとんどの医院は休みなので、今日月曜日に医者に行ってきました。

喉が赤くなっており、扁桃腺も腫れていてまあ普通の風邪なのですが、何しろ小生は前回は風邪から肺炎にまで移行してしまったという前科があるため、いろんな薬が出ました。先生に7月に検査入院したこと、どこか少しでも悪くなったら即手術であることを報告しましたが、ワーファリンを飲んでいないかどうかを確認し、小生は飲んでいないので、「それなら薬は何でも使えますね。」という処方が今日の処方です。

レスプレン錠20mg:咳を止め、痰を出しやすくする薬。
トラネキサム酸錠250mg(後発品):扁桃腺の腫れを抑える薬。
カルボシステイン錠500mg(後発品):痰を出しやすくする薬。
オーグメクチン配合錠250RS:ペニシリン系の抗生剤。
ミヤBM錠:宮入菌の整腸剤。

今まで風邪の時に出る抗生剤は大抵セフェム系だったのですが、岡山に来て最初にこの医院に駆け込んだ特に処方されたのはマクロライド系で、その後肺炎に移行し結構長期間ペニシリン系を使い、副作用はおなかだけだったので、先生は小生にはペニシリン系+整腸剤(ミヤBM錠)が向いていると判断されたようです。

なおワーファリンを飲んでいるとマクロライド系の抗生剤は使えませんが、抗生剤の使用に関係なく上気道感染だけでPT-INRが上昇するそうです。ワーファリンを飲んでいるとおちおち風邪も引けないようで、呼吸器が弱く風邪を引きやすい小生にはなるべくワーファリンを使わない、というS病院の判断は、抗生剤の自由度の点からもありがたいです。

« 京都コンサートホールで京都市響 | トップページ | 東京に来ています »

その他の病気」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

風邪はいかがですか?

風邪だけでなくインフルエンザやノロもはやっているようなのでくれぐれもお大事になさってください。

yokobueさん、ありがとうございます。

風邪は何とか、これ以上ひどくならずに済みそうです。30日から上京しますので、ひどくなると困ります。
インフルエンザも流行っていますか。去年予防接種しなかったなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肺炎の前科者が風邪を引くと:

« 京都コンサートホールで京都市響 | トップページ | 東京に来ています »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ