« ミュージックサイレン | トップページ | 半年ぶりの肝臓の検診 »

2016/09/06

コンタクトをいつまで使う?

2016年9月6日

近くのドラッグストアが「ポイント10倍デー」とかいうのをやっていたので、コンタクトの洗浄液「レニュー」を買ってきました。小生はコンタクトの洗浄にはメインに「コンセプトワンステップ」を使っていますが、旅行用やコンタクトケースの洗浄にレニューを使っていて、たまに補充用のボトルを買っています。

小生のコンタクトは、以前は非常用として役に立っていました。と言うより、コンタクトを入れると右目が非常用くらいには見えていました。視力は0.07くらいで視野が五円玉の穴くらいしかないのですが、昼間なら道路の白線が確認できたので、右目だけで歩こうと思えば歩けました。車が見えないので非常に危険で、本来なら白状を持たなければいけない視力ですが。

ただそれから右目の視力はさらに落ち、視力検査のCの字の板は見えなくなりました。視細胞自体の感度が落ちたのか、網膜の上に増殖膜が広がり、感度が落ちたか、です。全く見えなくなったわけではなく、光るものなら見えます。ボールペンの金属クリップ(クロームメッキしたもの)なら見え、縦になっているか横になっているかはわかります。

ただこの「見える」状態が、小生の右目は水晶体がないため、コンタクトを入れてさらに近距離用の眼鏡をかけないと見えないんですね。全く見えなくなると廃用性斜視になると思ってコンタクトを入れているのですが、そのためのランニングコストがバカになりません。右目が非常用として役に立っていた頃ならともかく、単なる見てくれだけにいくらお金をかけるかですが、この歳になると会合で集合写真を撮ることが多く(いつ最後の写真になるかわからないから)、集合写真で片目が変な方向に向くのも、あまり良くありません。いつまでこの状態を続けようかと思っているのですが、まだ予備のコンタクトは一つあるので、そのコンタクトまではやろうかと思っています。

« ミュージックサイレン | トップページ | 半年ぶりの肝臓の検診 »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンタクトをいつまで使う?:

« ミュージックサイレン | トップページ | 半年ぶりの肝臓の検診 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ