« 「どや建築」と「どや車両」 | トップページ | Windows10アップデート顛末記、おまけ »

2016/08/12

ソードアートオンライン第18巻

2016年8月12日

「ソードアートオンライン」の「アリシゼーション編」完結となる第18巻が、10日に発売になりました。10日というのは東京の話で、岡山では1日遅れになります。この手の人気作品を発売日に手に入れるのは,岡山では意外と大変で、先月の「アクセルワールド」第20巻も、近くの大型スーパー内にある書店は2軒とも在庫がなく、やむなくア○メイトに行きました。ア○メイトは在庫が厚いので入手できるのですが、ここはオタクが多く、あまり行きたい店ではありません。今日ちょっと覗いてみたら、「ソードアートオンライン」18巻を、平積みしてあるものを全部ひっくり返し、丹念にできるだけ傷のない本を探すという「オタク買い」をしている男に出会いました。若い人かと思ったら、いい歳をしたオッサン。小生も同類と見られているかもしれませんが、小生は「オタク買い」はやりません。

今回は一番近いスーパーの中の本屋さんに、取り置きを頼んでおきました。そうしたら11日朝9時前に「入荷した」という電話が入り、お昼頃その書店に行ったらもう取り置き意外は在庫はありませんでしたので、入荷しても棚には並ばず、レジの横に平積み状態で開店と同時に全部売れてしまうようです。恐ろしや、この売れ行き。

さてその第18巻ですが(ここから先は、ネタバレを含みます)、以前に読んだネット版の原作から、かなり改変されていますね。ちょっと引っかかったまどろっこしい部分がカットされ、その分アスナとユイの出番が増え、特に「マザーズロザリオ」のラストを受けたアスナ対PoHの部分はネット版になかったところで、「こう来たか!」という感じです。

そのPoHですが、ネット版ではほぼ死んだことになっていたのですが、今回の18巻ではどう見ても生き延びていますね。多分来年始まる新章のどこかで、また出てくるのでしょう。

「ソードアートオンライン」は本編が来年新章に入り、その他に年1冊のペースで「プログレッシブ」も出ていますが、ネットで一時公開されてすぐに取り下げられた「外伝」、キリトとアスナが200年閉じ込められたアンダーワールドでの話も、続きを読みたいものです。

大きな構想を持って、それこそ大風呂敷を広げて話を始めたものの、どうまとめて良いかにっちもさっちもいかなくなって放り出し、また新しい話を始める作家がよくいます。おそらくそういう作家は「下手な作家」になるのだと思いますが、「ソードアートオンライン」の作者の川原礫氏は、構成もまとめもしっかりしていますね。おそらく「アクセルワールド」もしっかりした結末を迎えることでしょう。「ソードアートオンライン」の新章、小生が生きているうちに完結するかな?

« 「どや建築」と「どや車両」 | トップページ | Windows10アップデート顛末記、おまけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/64048641

この記事へのトラックバック一覧です: ソードアートオンライン第18巻:

« 「どや建築」と「どや車両」 | トップページ | Windows10アップデート顛末記、おまけ »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ