« 熊本地震の報道写真集 | トップページ | 今日は投票日です »

2016/07/09

Windows10アップデート顛末記、その2

2016年7月9日

FREETELのSIMを認識しなくなったことの続きです。
LENOVOのサポートにチャットがあり、そこと繋がったので、事情を連絡しました。すると、「保証期間が過ぎているので、有料サポートになる。クレジットカード番号を伝えてもらわなければいけないので、ここに電話しろ。」という返事が来ました。ままよと思ってその番号に電話して状況を話したところ、「該当機種はWindows10のアップデート対象機種ではあるが、その状態の時は、Windows8.1に戻すことをお勧めしている。」とのこと、仕方なくWindows8.1に戻すことにしました。なおこの程度のアドバイスだと、無料です。

ところが今度は「Cドライブの空き容量が足りません」と言って、戻せません。Windows10にするときは外付けのドライブでも良かったのに(小生はSDカードを使いました)、戻すときは本体の空きが無いとダメというのです。まさに2階に上がらされてはしごを外された感じですが、幸いダウンロードに不要なファイルがたくさんあったので、そこを削除して何とか空きを作りました。ところが、8.1に戻しても、やっぱりSIMを認識しません。今度も、デバイスレベルで認識していないようです。

またLENOVOに電話しました。平日でも17時過ぎだというのに、意外とすんなり繋がります。そこでかくかくしかじかと事情を話したら、「これは引き取り修理ですね。」ということになりました。小生のタブレットは買ったのは東京のヨ○バシカメラで、岡山には店はありません。一番近いところが大阪の梅田、その次が博多です。どちらも往復するくらいなら交通費で新品が買えます。その事情を話したらLENOVOに直送ということになり、試しに近くの販売店(B○Cカメラ)に相談してえ、ダメなら直送すると言うことで、修理の予約番号だけもらいました。

直送は良いけど、困るのは梱包材です。以前ドラ息子にパソコンを送るとき、勝手に梱包したらク○ネコのお兄さんから「これではダメです」と言われ、専用の箱を使ったことがあります。タブレットだからデスクトップパソコンよりははるかに楽ですが、あまり自分で梱包したくはありません。そこでふと思い出したのがヨ○バシカメラ、電子レンジを50Hzから60Hzに変更するとき、東京のヨ○バシに連絡して岡山に作業員を派遣してもらったことがあります。実際は岡山のシャープの提携電気店から来たのですが、今度も何とかならないかと思って、ヨ○バシに電話してみました。すると、パソコンタブレットは引き取り修理の対象品なので、引き取りに来る。本来3000円ちょっとかかる引取料が小生はゴールド会員のため、無料。修理代は引き取った後連絡。修理代には、たまっているアフターサービスポイントが使える、と言うことでした。

そして今日、郵便局のお兄さんが取りに来ました。梱包の件で一度電話で確認していましたが、小生が聞いたとおり小生は裸渡し、郵便局で梱包して修理センターに送る、という手はずになっていました。無事発送、あとは見積もりの連絡待ちですが、21日からの入院はパソコン無しですね。まあ、一週間だから良いか。それと、修理が上がるのは7月末か8月初めですから、もう無償期間が過ぎて、Windows10にアップデートするわけには行きませんね。

« 熊本地震の報道写真集 | トップページ | 今日は投票日です »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows10アップデート顛末記、その2:

« 熊本地震の報道写真集 | トップページ | 今日は投票日です »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ