« 入院とお箸 | トップページ | 熊本に行ってきました »

2016/07/14

病室内ベッドのカーテン

2016年7月14日

S病院の入院案内でお箸の話は先日書きましたが、もう一つずっと気になっていることがありました。「事故防止にご協力ください」というところで、リストバンドを付けるとか、スリッパは滑りやすいのでかかとのあるものにしろ、とかいうのはわかるのですが、「病室のカーテンは回診、身体清拭、着替え以外は開けてください(夜間も同様)」というのがありました。日中の何もないときに開けておくのはわかるのですが、具合が悪いとき、麻酔が効いて眠っているとき、夜寝るときなどは、カーテンは閉めたいし、今までの病院は(45年前の結核療養所を除き)強制的に閉めさせられていました。そこで、S病院に電話して確認してみました。

受付から「病室の件」と言うことで回された先、おそらく入院事務だと思うのですが、そこではわからず、折り返しで電話がかかってきました。やはり書いてある通り、具合が悪いときも、夜寝るときも、カーテンは開けっ放しだそうです。夜行バスでさえカーテン付がある時代に、こんなこともあるのですね。

大部屋で常時カーテン開けっ放しだと、過干渉(むこうは悪気はなくても)や、文句の多い同室者に当たった場合、カーテンを閉めて逃げ込む先がないので、トラブルの元になります。場合によっては、病室内でのいじめや恐喝も起こりかねません。今回は入院初っぱなから軽麻酔での食道内エコーが控えているので、個室を申し込みました。高い方だと(シャワー付き)\11,000/日ですが、毎日身の危険を感じるよりは良いでしょう。

このカーテンの話、O大病院の入院案内には、「カーテンの開閉は昼夜を問わず自由です」と書いてありました。普通カーテンのことなど入院案内には書きませんから、以前は開放指示だったのが自由に変わったのか、S病院を意識しているのか、どちらかです。

なお個室はパソコンが持ち込めますが、小生のタブレットは現在修理中で、今回の入院時はパソコン無しです。モバイル用のSIMが使えないだけだったので、個室だと最初からわかっていたら、退院してから修理に出すところでした。その場合は個室内で使えるのは有線LANだけなので、LAN-USB変換器を買わなければいけませんでしたが。

話は変わりますが、明日から熊本にお見舞いに行ってきます。もう少し晴れるかと思ったのですが、大雨でないだけマシでしょう。

« 入院とお箸 | トップページ | 熊本に行ってきました »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

個室安くていいですね。JなんてトイレとTV観放題だけのちんけな個室で4万近く・・・・医師に訴え病院都合ということで医事科の応接室で電卓たたかれて、それでもいい金額でした。

ひでほさん、ありがとうございます。

現在の列車は普通車のグレードを上げることが主流なのですが、S病院は普通室(大部屋)のグレードを下げ、グリーン車(個室)の料金を下げてそちらに誘導しているのではないかと勘ぐってしまいます。
小生は今までの9階の入院は全部大部屋でしたが、Hハートセンターが一番グレードが高く、景色も良く(病室から富士山が見えます)居心地も良かったですね。5日で追い出されましたが。
今回ベッドの件でS病院と喧嘩になったら、Hハートセンターに舞い戻ろうかと、かなり真剣に考えました。元の主治医の先生はTハートセンターに移ったので、そっちの方が良いかな。

いよいよ、にゅう

いよいよ、入院準備に入られたのですね。地域差休む病院で格差があり、面倒

ですね。ご無事に検査が進むよういのっています。すみません、細切れコメントで失礼します。

yokobueさん、ありがとうございます。

ところ変われば品変わる。東京の常識は全国の非常識。カミさんの「喧嘩するより、個室にしたら?」で個室にしました。初日いきなり経食道エコーです(;_;)。
最初から個室とわかっていたらそれなりの準備ができたのですが、パソコンの準備が間に合いませんでした。一週間パソコン無しです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/63914812

この記事へのトラックバック一覧です: 病室内ベッドのカーテン:

« 入院とお箸 | トップページ | 熊本に行ってきました »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ