« 北九州に行ってきました | トップページ | 客車の迷宮 »

2016/06/04

日本の心で読み解く百人一首

2016年6月4日

大学時代の仲間が、彼の小学校の同級生から「面白いから読んでみろ」と言われ、そのまた孫紹介されたものです。和歌は文字通りではなく、その奥に隠された意味を読み取れ、ということで、恋歌が実は忠君を誓う歌だったり、はたまた仕事の決意を述べる歌だったり。意外性は確かに面白いです。

確かに、藤原定家が過去の歌から別の意味を見いだし(あるいはこじつけ)それを全体として平安の王朝文化をたたえる(あるいは、懐かしむ)叙情詩に仕立てた可能性は、否定しません。ただ現在でも教科書に作品を採用された作家が、「作者の意図を延べよ」の設問の解説に、「こんなこと、考えてもみなかった。」と言っているように、作者の意図とは別のとらえ方をしていると思います。作品はできたとたんに作者の手を離れて一人歩きを始める、と言ってしまえばそれまでですが。

しかしこの作者の小名木善行氏の解説、理想を史実と言いくるめる、皇国史観のアジテーターですね。もし自分の言ったことを本当に信じているのなら、とんだ妄想狂です。この本、図書館から借りてきました。さっさと返そ。

« 北九州に行ってきました | トップページ | 客車の迷宮 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/63728769

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の心で読み解く百人一首:

« 北九州に行ってきました | トップページ | 客車の迷宮 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ