« 岡山の車両基地 | トップページ | タブレットだけWindows10? »

2016/06/25

心臓の検診、次は検査入院

2016年6月25日

昨日、心臓の検診に行ってきました。午後からの診察なので午前中図書館にいたら、建物の中まで雨音が響いてきます。そう言えば、大雨警報も出ていました。正午過ぎたら雨も小降りになってきたので2冊本を借り、やれやれとバスに乗ってS病院へ。

受付を済ませ、まず採血へ。ところがオーダーが1本しか出ていません。いつもはもっと多いので先生に確認すると言うことで、しばらく待ちます。やっぱり今日は1本で良いとのこと、1本だろうが7本だろうが針を刺すことには変わりはないので、止血処理は同じです。

その後、エコーへ。今日は負荷をかけながらエコーを撮るということなので、負荷心電図と同じで、しばらく自転車を漕ぎ(階段ではなく自転車です)、ある時間漕いだところで検査、とばかりに思っていました。ところがペダルがベッドの足下の空中にあり、ベッドに寝かされその状態で足を上げてペダルに固定します。寝たまま漕ぐということですね。しかも心エコーを撮りやすいようにベッドが左に20度ほど傾き、斜めになって漕ぎます。ベッドの左側、脇の下と腰に支えが出ているわけがわかりました。

心電図のパッチを貼り、心エコーも撮るため上半身は裸になるのですが、先日前開きのポロシャツを買ってそれを着てきたため、着たまま前を開けます。ベッドはビニールレザーのため、ポロシャツを着たままの方が寝心地が良いです。まず安静の状態での心エコーを撮ったあたりで、ドクターも登場。主治医の先生ではなく、若い女医さんです。技師さん(これも女性)は心エコーのモニター監視、先生は小生の状態監視との分担です。異常があれば、即対応。

ペダルの位置を調整して準備完了、漕ぎ始めます。ペダルの位置が土踏まずのところにあるので、普通の自転車と違って腿の筋肉しか使えません。しかも自分の体重も使えないので、腿にやたら負担がかかります。その状態での120rpm(おそらく)は結構しんどい。最も敵はそれが狙いで、しんどくなったときの心臓の動きを見たいのです。4分経ったところで負荷が重くなり、やや登り坂の感じです。しかし心臓の方には思ったほどの負担はかからず、「まだいけますか?」「大丈夫です。」と4分+4分のコースを走りきりました。

小生が息を整えている間に先生と技師さんの2人で心エコーを再生していましたが、負荷をかけると逆流はやや増えますが、元々の逆流の量が多いので、かなりの量の逆流になっているそうです。脈が落ち着いたところでもう一度エコーを撮って、完了。さほど汗はかいていないと思いましたが、起きてみると背中が汗びっしょり、着替えを持ってきて良かったです。

それから診察、かなり待ちましたが何せ図書館帰り、本には不自由していません。診察の結果は、逆流はともかく(数値的にはすでに「要手術」)、心臓の機能自体がへたってきているそうです。これがもっと落ちると息苦しさなどいろんな症状が出てきますが、一度へたった心臓は弁の修理くらいでは元に戻らないのが困ったところ、弁の修理をするなら心臓がへたる前です。

いろいろ先生と話した結果(先生はじっくり話すので助かります。その分、時間が遅れ遅れですが)、精密検査のために一週間入院することになりました。外来でちょこちょこやるより、まとめた方が手っ取り早いというわけです。特に先生は経食道エコーをやりたがっています。これは胃カメラよりもサイズが大きく大変らしいのですが、ここまで来たら乗りかかった船です。入院期間は7月21日から28日まで、同じ一週間と言っても月-金だったHハートセンターとはずいぶん違います。変な期間になったのは、水曜日がカンファレンスでそこで小生の結果を外科を交えてもんで、その結果を伝えて退院、退院したときには次の手術方針が決まっている、という段取りです。さてさて、何かと慌ただしくなりました。

« 岡山の車両基地 | トップページ | タブレットだけWindows10? »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
おっしゃるとおり、弁膜症のOPは、心不全になる前がいいそうです。2回とも小生のときは、内科で即手術といわれて食道エコーは麻酔下でOPのときにいれられたらしいくらいです。症状もすごくありました。20代前半で、2度といわれ、保険適用になってすぐIFN治療を受けたとき、たまたま心臓内科の先生にエコーしてもらって、もう手術したほうがいいといわれました。中国地方で症例トップの病院ですから安心してまかせられるのではないでしょうか。そういえばO大学の小児心外で有名なS先生・・・今年中に海外いっちゃうらしいですね。

ひでほさん、ありがとうございます。
10年くらい前からまな板の上に上がりかけては降り、を繰り返してきましたが、そろそろ年貢の納め時でしょうね。
経食道エコーはプローブの径が大きく、経験された方には悪評です。RFCAの時は大抵事前にやるのですが、小生は当時ワーファリンを飲んでいたため、パスでした。
O大の小児心外はこれからどうなるんだろう、と見ています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/63827008

この記事へのトラックバック一覧です: 心臓の検診、次は検査入院:

« 岡山の車両基地 | トップページ | タブレットだけWindows10? »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ