« 岡山電気軌道3005(つづき) | トップページ | 地元の常識、他所の非常識 »

2016/05/09

楽器の科学

2016年5月9日

「楽器の科学」(柳田益造編、サイエンス・アイ新書)という本を図書館から借りてきました。想定読者は「「のだめカンタービレ」を読んで、初めていわゆるクラシック曲とかオーケストラの楽器に興味を持ち始めたというような人」と書いてあります。いくらかかじった小生には入門書過ぎるかと思ったのですが、なかなかどうして、知らないことだらけ。しかも音響工学の分野に入ったら、全く知らないことばかりです。

まず金管楽器の定義、楽器の構成材料ではなく、リップリードを使うかどうか、です。だからサックスは金属なのに木管楽器であり、アルペンホルンは木製なのに金管楽器になる。なるほど、です。

フルートとオーボエ、クラリネットの違い、リードを使った発音原理も違いますが、フルートは開管円筒管、オーボエは閉管円錐管、そしてクラリネットは閉管円筒管です。それで皆同じような大きさなのにフルートとオーボエはほぼ同じ音域であり、クラリネットは1オクターブ下の音になるのですね。なお円筒管の共鳴周波数は、開管の場合は1:2:3になるのに対し、閉管の場合は1:3:5になります。そのためフルートでは全く同じ指使いで1オクターブ違う音が出せる領域があるのですが、クラリネットではそれはなさそうですね。

ヴァイオリンは5度調弦で、音は下からG,D,A,Eです。これは前から知っていたのですが、ちょっと疑問に思う点がありました。フルートとオーボエは「C管」で実音表記であるように、基準音はCです(実際は最低音はもう少し下が出ますが)。なのにバイオリンの最低音はG、何か変だと思っていました。ところがヴィオラがヴァイオリンの5度下で、音はC,G,D,A、さらにチェロはヴィオラの1オクターブ下でやはり音は同じC,G,D,Aだったんですね。納得しました。なおコントラバスは4度調弦で音はE,A,D,Gで4つの楽器いずれにもA線があるので、Aの音でのチューニングはいずれも開放弦でできます。

なお最後は音合成とインターフェイス。ここに来ると電気光学でも小生の苦手分野に入ってくるので、付いて行けません。この本、売れたのだろうか?

« 岡山電気軌道3005(つづき) | トップページ | 地元の常識、他所の非常識 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/63606371

この記事へのトラックバック一覧です: 楽器の科学:

« 岡山電気軌道3005(つづき) | トップページ | 地元の常識、他所の非常識 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ