« 耳管開放症の対処法 | トップページ | 水島のキハ20と宗忠神社御神幸 »

2016/04/02

岡山県立図書館

2016年4月2日

NHKのローカル放送でも紹介されていましたが、岡山県立図書館は、来館者数と個人貸し出し冊数が、10年連続日本一だそうです。但しこれは都道府県立図書での比較です。県立図書館は大抵どこでも各都道府県に1館だけなのに対し、市立図書館はその市にあるすべての図書館が統計上は一つとして扱われるので(例えば横浜市では各区に一つずつ図書館があるので、横浜市立図書館は18館あります)、数字は市立図書館の方が上に来ます。16040211a


それはともかく、利用しやすいのは確かです。窓が大きく広くて明るく、椅子も豊富で読みやすいです。なおガラスは、UVカットガラスだそうです。自習、昼寝は禁止で、まず警告、従わないと追い出されます。本を膝に置いたまま居眠りしていても、注意されます。当然飲食禁止(ペットボトルもダメ)ですが、1階のロビーが飲食可能で、その奥には安くてうまい喫茶室があります。小生は、お昼はもっぱらここです。

蔵書は、児童書が多いのが特徴でそれが貸出冊数の多さに繋がっているそうですが、小生としては、交通関係の本が揃っているのがありがたいです。「ガイドブック最盛期の国鉄車両」や「SL甲組の肖像」は全巻揃っています。なお「最盛期の国鉄車両」のバックナンバーは品切れのようなので、今や貴重品です。JTBキャンブックスやRMライブラリーも、かなりのものが揃っています。またバス、海運、航空なども「何でこんなものが?」というようなレア本まであります。まさか「天草海上交通史」が置いてあるとは、思いませんでした。

システムは最新だそうですが、特に目新しくはありません。逆に岡山市立図書館のシステムは予約をしても順番が出てこないので、こちらを何とかして欲しいと思っています。16040215a


岡山県立図書館の一番の特徴は、面倒見の良さだそうです。特に「こういうことを調べたい」というような問いには、専門スタッフが大勢います。民間の企業経営者から見ると非効率に見えるのでしょうが、やはりこういうところは人ですね。小生も、熊本県立図書館の蔵書を取り寄せてもらいました。

岡山もやっと桜が満開になりました。写真は近くの川の緑道です。

« 耳管開放症の対処法 | トップページ | 水島のキハ20と宗忠神社御神幸 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

きれいな図書館ですね。
分院の桜も満開でした。

yokobueさん、ありがとうございます。

岡山は東京より遅く、2日にやっと満開になりました。分院の桜の写真も、拝見しました。満開できれいですね。
小生の治験の時は週3回分院に通っていましたが、その頃の日記には桜の記事が全くないですね。朝から分院に行き、IFN-αの注射を打ってとんぼ返りで会社に行き、フレックスぎりぎりに間に合うという生活でしたから、桜を見る余裕も無かったのでしょう。
ちなみにその頃の部長先生の診察は、火曜日の午後でした。
yokobueさんの治験、うまくいくことをお祈りします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/63430071

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山県立図書館:

« 耳管開放症の対処法 | トップページ | 水島のキハ20と宗忠神社御神幸 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ