« 肺炎での通院は終了 | トップページ | 岡山で初めての心臓の検診、弁手術復活か? »

2016/04/06

津山に行ってきました

2016年4月6日

昨日、津山まで桜を見に行ってきました。岡山市内の桜が遅れたため、津山もほぼ同時に満開になりました。Dscn1586a

岡山駅の津山線ホームは新幹線から一番遠いところで、吉備線と共通、言わば気動車ホームです。3月のダイヤ改正から吉備線に「桃太郎線」という愛称が付き、吉備線という名前は括弧内にも残されていません。またそれに合わせて、吉備線用のキハ40がど派手な塗装になっています。これはどこか真横から撮れるところで狙います。Dscn1589a


津山線の方は、土日に快速「みまさかノスタルジー」号が運転されていますが、みまさかノスタルジー用のキハ47は平日は普通の運用に入っていて、乗った快速「ことぶき」の車両がちょうどみまさかノスタルジーでした。普通のキハ47(番号変更無し)の外部塗装を旧国鉄色にし、車内はテーブルを付けて懐かしい栓抜きを装備、さすがに灰皿は付いていません。Dscn1620a


扇風機の文字も「JR西日本」ではなく「JNR」。休日はヘッドマークが付くようですが、平日の一般運用ではヘッドマークはありません。チラシを見たら、この「みまさかノスタルジー」号は2両編成のうち1両が指定席のようです。なお津山線の日中は、快速も含めワンマンです。津山駅のホームには、これに合わせたのか瓶入りのコカコーラが売られていました。Dscn1593a


津山まで約1時間、それから歩いて津山城址へ。なお津山城の天守閣は焼けずに明治まで残ったのですが、廃藩置県御県が不要品として解体売却しています。今考えれば、もったいない。現在は桜の名所ですが、ソメイヨシノは寿命が短く100年もありませんから、この桜はひょっとすると戦後に植えられたものでしょうね。Dscn1605a


その桜ですが、さすがにすごいです。特に上から見下ろすと、桜の海という感じで、一面桜です。天気も良く、桜を堪能しました。Dscn1607a


なお津山だけでは無く、津山線は沿線の桜もきれいです。川沿いにも、たくさん桜が植えられています。行きと帰りで座る位置を変え、両側の景色を楽しみました。なお津山線の分水嶺は途中の誕生寺あたりで、津山から誕生寺あたりまでは川は北に向かって流れています。最もその吉井川も日本海には行かず、ぐるっと回って岡山市内に行き、児島湾に注いでいます。分水嶺の南では川は旭川で、これも岡山市内に行きます。Dscn1616a


途中の車内から見た半田山植物園の桜も、見事でした。ここは来年あたりに行かねば。
明日(7日)は雨の予報です。単なる雨で済めば良いのですが、風を伴って春の嵐になれば、桜は今日で終わりです。

« 肺炎での通院は終了 | トップページ | 岡山で初めての心臓の検診、弁手術復活か? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

桜は、今日あたりが見納めになるのでしょうね。
私たちは、三渓園に行ってまいりました。

楠の末裔さん、ありがとうございます。

明日(7日)は春の嵐の予報で、桜は散ってしまいそうですね。ところが明日の予報は南西の風で、岡山は南西の風は四国にぶつかり、瀬戸内海からの風は鷲羽山に遮られ、あまり強く吹かないんです。うまくすると、今週末も桜が楽しめます。
三渓園はずいぶん前に一度行き、それっきりになってしまいました。

桜が満開ですばらしいです。
キハ47の国鉄色もどきがいるとは知りませんでした。岡山もいろいろ遊べそうですね。

ひでほさん、ありがとうございます。

ちょうど満開でした。この津山城址、心房細動があったら絶対登れないところです。
国鉄色のキハ47は実際は存在しませんでしたが、似合います。それと今は塗ったばかりですから、とてもきれいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/63448479

この記事へのトラックバック一覧です: 津山に行ってきました:

« 肺炎での通院は終了 | トップページ | 岡山で初めての心臓の検診、弁手術復活か? »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ