« 大阪で関西フィルのコンサート | トップページ | もう一つの宮川香山展 »

2016/03/23

宮川香山展

2016年3月23日

岡山県立美術館で「没後100年、宮川香山展」というのをやっていたので、行ってきました。宮川香山(真葛香山)は最近になって注目され始めた陶芸家ですが、代表作のほとんどが輸出向けのため国内にはなく、また作陶していた横浜真葛窯も戦災で破壊され、当主も戦災死したため途絶えてしまい、幻の焼き物となっていたようです。山本博士氏が海外でどんどん購入して里帰りさせ(横浜に真葛ミュージアムがあります)、数がまとまったので注目されるようになったみたいです。16032301a


宮川香山と言えば高浮彫で、その代表作の一つの「褐釉蟹貼付台付鉢」(重要文化財)が期間前半だけの展示のため、急いで見に行きました。早速その蟹貼付鉢を見ましたが、テレビ(美の巨人たち)で見たものと比べ、くすんでいます。テレビの撮影の仕方かな、と思ったのですが、解説によるとこの渡蟹(ガザミ)が張り付いた鉢は3つあり、この褐釉のものだけが上彩色、他の2つは下彩色で、彩色の上に釉薬が乗っているのできれいに見えることがわかりました。ちなみに他の2つとは、「真葛窯変釉蟹彫刻壷花活」と「渡蟹水盤」で、テレビに出たのは渡蟹水盤です。

ただ展示品は多く、伊賀写しから薩摩焼に近いもの、それから晩年の高浮彫まで、見飽きません。蟹が付いたのでは、小生は「琅玕釉蟹付花瓶」の小さな蟹の方が、好みです。

また会場で初めて知ったのですが、宮川香山は一時「狸亭」ブランドでタヌキの置物を作っていたのですね。小さくて手頃で欲しくなりましたが、多分入手不可。仮に売りに出ても、目の玉が飛び出るような値段です。

これが東京だったら会場は多分上野で、小生のいた多摩南部から上野に出るのも、一苦労です。岡山だと100円バス1本、帰りは買い物もあったので、歩いて帰りました。気楽に行けます。また上に書いた「真葛窯変釉蟹彫刻壷花活」は今近くの吉兆庵美術館で展示されていますので、こちらにも近々行きます。

« 大阪で関西フィルのコンサート | トップページ | もう一つの宮川香山展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ええっ、岡山でも開催されているのですか。

こちらでは、サントリー美術館で開催中です。
https://www.nhk-p.co.jp/event/detail.php?id=556
次のような構成になっています。
第1章 京都、虫明そして横浜へ
第2章 高浮彫の世界
第3章 華麗な釉下彩・釉彩の展開

第1章と第2章が上のフロアで、第3章が下のフロアでした。
第1章と第2章を見るだけで、頭の中がくらくらとなってしまい、第3章は落ち着いた作品が多かったのですが、疲れ切ってしまっていたので、じっくりとは鑑賞できませんでした。
なので、二度目は第3章を中心に鑑賞、透かしの技法など、見事なものがあり、落ち着いて鑑賞できました。

並行して開催できるのは、輸出用として作成されたので、同じようなデザインのものが複数あるのでしょうね。
神奈川県立歴史博物館も場所柄でしょう、香山の作品を幾つか所蔵していて、サントリーの展覧会でも出していました。

楠の末裔さん、ありがとうございます。

宮川香山が指導した虫明が岡山なので、岡山での展示が企画されたみたいです。サントリーと同時開催ですが、コレクションの出所が違い、サントリーは田邊哲人コレクション、岡山は山本博士コレクションが主体のようですね。
http://kozan.blog.so-net.ne.jp/2016-01-26
2月まで三越で行われていた展示がそのまま岡山に来て、吉兆庵美術館に行くようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/63385900

この記事へのトラックバック一覧です: 宮川香山展:

« 大阪で関西フィルのコンサート | トップページ | もう一つの宮川香山展 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ