« めまいの原因は運転席ビデオ | トップページ | 森陶岳大窯展 »

2016/02/22

肺炎のぶり返しではなかった

2016年2月22日

先々週の土曜日(13日)に風邪気味で医者に行き、それから10日経っても(もう医者からもらった薬は終わっていますが)咳が残り、喉ももやもやするので、風邪の時に見てもらったクリニックの先生が「市民病院の先生に見てもらうように」と言っていたこともあり、肺炎を見てもらった市民病院に行ってきました。今日はその見てもらったS先生の外来担当日です。

再来で臨時診察を受けるときにはどうすれば良いのかを先週ネットで調べたところ、受付時間内来て再来受付機にカードを入れるように、と書いてありました。ということで、今日は事前に何もせずに総合受付に来ました。そして再来受付機にカードを入れると、「内科」と出てきます。本当は「呼吸器科」か「呼吸器内科」と出るはずなのですが、「?」とは思ったもののそのまま次へ、そしてその次まで行ったところで、奥に立っていた人が声をかけてきました。そこで「4月4日に予約は入っているが、具合が悪くなったので臨時に来た。」と言ったところ、「予約は取っているか?」と聞いてきます。「事前に予約を取るようにとは書いてなかったので、何もしていない。」と言ったところ、「このまま再来受付を押すと救急に行ってしまうので、ちょっと待て。」と言います。そこで小生の症状と前にS先生に見てもらったことを言うと、「内科に聞いてきます。」と言って内科の方に走っていきました。その後は電話でのやりとり、「熱はどうか」「ない」など、伝言ゲームです。しばらくやりとりして、予約無しでS先生に見てもらえることになりました。

後で聞いたところ、他の科、例えば耳鼻科などは予約無しでも再来受付機で見てもらった先生の方に回るのですが、内科だけは予約無しで再来受付機を通すと救急に行ってしまうそうです。そのため内科だけは、事前の電話での予約が必要だそうです。これはわかりにくいわ。

内科受付で診察表を出し、診察室の前で待っているように言われて、腰を下ろしたと思ったら受付から呼ばれました。事前にX線を撮ってくるようにとのことです。勝手知ったる放射線科、検査表をもらってすぐに行きます。そしてまた診察室の前に戻ってきて、さあじっくり待とうと思っていたら、今度もすぐに呼ばれました。

診察(とX線所見)の結果は、特に肺炎の再発ではなく、風邪が長引いているだけとのことです。特に薬も出ず、薬は必要になったらクリニックに行ってもらうように、とのことでした。肺炎のぶり返しを一番心配していたので、一安心です。なおS先生もそれを一番心配していたようで、1回診察した後追加検査ができるように早めに見てくれたのだと思います。

肺炎も、どうやら日和見感染のようです。引っ越しの後ゆっくりする間もなく元の会社からの呼び出しがあり、その後葬式もあって予定外の上京が2回も重なり、疲れもたまっていたのでしょう。引っ越しなど大きな行事の後は大病しやすいと言いますが、このくらいで済んで(まだわかりませんが)、何よりでした。

« めまいの原因は運転席ビデオ | トップページ | 森陶岳大窯展 »

その他の病気」カテゴリの記事

コメント

肺炎でなくてよかったですね。
とりあえずわからないと肺炎と診断しちゃう例多いらしいです。
ごみ箱診断とか・・・・
内科でERにいっちゃうとは不親切ですね。

ひでほさん、ありがとうございます。

肺炎のぶり返しでなくて、本当に良かったです。
臨時診察がERに行ってしまう件は、O大病院がそういうシステムなので止めとけと言われて市民病院にしたのですが、ホームページに何の説明もないので、同じシステムに乗っかるところでした。
まだこちらの病院になれないので、いろんなところで引っかかりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肺炎のぶり返しではなかった:

« めまいの原因は運転席ビデオ | トップページ | 森陶岳大窯展 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ