« 肺炎でした | トップページ | 普通の肺炎でした »

2016/01/23

心臓病センターS病院

2016年1月23日

一昨日の話しの続きですが、長い一日が終わって病院から帰ってきたとき、郵便受けに大きな白い封筒が入っていました。部屋に持って行ってみると、差出人はHハートセンター、表に「診療情報提供書在中」とのハンコが。要するに、岡山の病院への紹介状です。

この肺炎のきっかけになった東京行きは、そもそも検診とこれを書いてもらいにHハートセンターへ行くためだったので、目的は達したわけです。大きな封筒の中に普通の封筒が入っている気配で、開けたら普通の大きさの封筒が出てきました。宛は、「心臓病センターS病院 循環器内科 担当医先生侍史」。なに、S病院、O大病院じゃない、どうなってんの?

おそらく医長のY先生か、もっと上の部長先生あたりの判断で決まったのだと思いますが、O大病院の良くない話(緊急時対応ができない)を聞いたばかりだったので、これはかえってありがたいです。4月にこれを持って、S病院に行きます。なおあそこは貨物列車や新幹線の写真を撮ると、バックに大きく入るところです。ということは、格好の撮影ポイントということ。どこかトイレかロビーの窓から、狙えるところはないかな(笑)。

« 肺炎でした | トップページ | 普通の肺炎でした »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/63107678

この記事へのトラックバック一覧です: 心臓病センターS病院:

« 肺炎でした | トップページ | 普通の肺炎でした »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ