« 急遽東京一往復 | トップページ | 気管支炎 »

2016/01/16

心臓の検診は無事済んだが、、

2016年1月16日

昨日、心臓の定期検診に行ってきました。岡山から始発の新幹線に乗れば間に合うのですが、そのためには4時半起きになるので、カミさんの勧めもあり、前泊にしました。部屋は別れているとは言え、起きてごそごそ始めると、カミさんも目が覚めてしまうらしいのです。

3日くらい前からのどが痛く、やばいかなと思っていたのがどうも危なくなり、新横浜で降りるとそのまま逆方向の横浜線に乗り、昔のかかりつけの先生のところへ。ところがいつもの先生は学会出席とかで臨時休診中、仕方なしにもう1軒かかったことのある呼吸器内科へ。そこで「熱はないと思います」と言いながら渡された体温計で測ってみると、何と37℃!日頃が35℃台なので、かなりの熱です。先生に見てもらったら、「あ、のどがずいぶん赤くなっていますね」と言われ、風邪薬と抗生剤、さらに高熱(38℃以上)が出た時用の解熱剤をもらいました。小生は初めてのところは病歴を説明するのに手間がかかるので、一度かかったところの方が良いのです。

そして桜木町のホテルに移動し、その日は風呂も入らずに寝ました。翌朝起きて、ホテルから体温計を借りたところ一応36℃台には下がっていましたが、何となく熱が取り切れていない感じです。こういう時に無理するとろくな事がないので(昔無理して、肺炎で2週間入院したことがあります)、予定を一部キャンセルすることにしました。予定では、心臓の検診の後長岡に移動し一泊、午前中貨物列車の撮影をし、午後から昔の仲間と温泉に移動し一泊。翌日曜日の朝から東京に移動して、昔の別の仲間と宴会、という強行軍だったのです。とりあえず新潟方面行きは全部キャンセル、その間にどこか空いているホテルを2連続で取り、「部屋の掃除不要」扱いにしてこもることにしました。ビジネスホテルは日中は追い出されますが、連泊の掃除不要扱いだと、邪魔されずにこもれます。そして暖房と加湿器をフルに動かして、寝ていることにしました。

携帯電話とメールで連絡を取ってから、Hハートセンターに向かいます。受付で出てきた診察表には「S医師」と書いてありますが、診察室の名札を見たらS先生の名前はありません。どうやら、急な退職だったようです。管理部門と喧嘩でもしたかな。

心電図を取って待っていたら、予約時間より早く呼ばれました。S先生だと混んでいるのでいつも予約時間の30分後ですから、ずいぶん違います。診察の若いN先生が心電図を見て、「特に問題ないですね」と言ったところで「実は」と切り出します。会った早々に申し訳ないのですが、今日の目的は診察より、紹介状を書いてもらうことです。そうしたらS先生がカルテに「O大学病院へ紹介予定」と書いていました。紹介状は医長のY先生が書いてくださるそうで、その依頼の書類を書き、薬をもらって終わりました。

普通だとそのまま帰るのですが、新潟方面行きをキャンセルして日曜日の宴会は出られたら出るつもりなので、その間の宿探しです。病院のロビーで持ってきたタブレット端末を広げ、東○インの空いてそうなところに狙いを付け、横浜線沿線で取り、アーリーチェックインも依頼しました。そして途中でブッ○オフで文庫本を2冊仕入れ、ひたすら籠もりです。

途中出かけたのは昨日の夕食と今日の昼食、今日は風呂に入れそうです。

« 急遽東京一往復 | トップページ | 気管支炎 »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/63075435

この記事へのトラックバック一覧です: 心臓の検診は無事済んだが、、:

« 急遽東京一往復 | トップページ | 気管支炎 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ