« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015/12/31

皆様、良いお年を!

2015年12月31日

2015年も残すところあと数時間になってしまいました。今年は特にいろんなことがあり、一番の出来事は東京を引き払って岡山に引っ越したことですね。ほぼ30年住んだ賃貸アパートを管理する不動産会社から先日電話があり、補修費は敷金内に納まり、足が出なくて済みました。東京関係は、これで片付きました。15123101a


病院は眼科と肝臓はそれぞれ紹介状を書いてもらったのですが、心臓がそのままでした。ところが先日Hハートセンターから手紙が来て、主治医のS先生が12月で退職されるとか。1月の検診は新しい先生になるそうです。新しい先生には申し訳ないですが、早速紹介状を書いてもらいます。O大病院か、S病院か。

今日は部屋のカレンダーを取り替え、ついでに写真パネルの写真も取り替えました。写真は石北線の貨物列車です。

皆様、今年一年いろいろありがとうございました。
どうぞ、良いお年をお迎えください。

2015/12/30

しつこくトワイライト

2015年12月30日

26日の下りで今年は撮り納めにしようと思ったのですが、山歩き用のズボン(ジーンズ)の洗濯が先延ばしになったのを良いことに、性懲りも無く出かけてきました。Img_28271a


今日は、山陰トワイライトの上りです。撮影場所に着いてみると、先週は誰もいなかったのに、今日は同業者の先客が5人、しかしこの場所は広いので、10人くらいは平気です。Img_28351a


岡山駅の発車案内は、通過列車も内容と時刻を表示します。乗ってきた上り各停の10分後に「配給列車」とあったのが気になり、トワイライトの通過までには1時間以上あるのですが、早速カメラを出して準備します。やってきたのはEF66+ヨ、おそらく何かを引っ張ってきての帰りでしょう。ともかく、EF66は今や貴重品です。その次に今度も同じEF66牽引でフル積載のコンテナ車、色とりどりのコンテナというのも良いのですが、こういう同一コンテナのフル積載も、絵になります。Img_28421a


同業者の方のお話を聞くと、12時35分岡山着でエヴァンゲリオン500系が通過するとのこと。この場所は新幹線も撮れるのですが、鉄橋部分の防音壁が高く、記録にはなってもあまりいい絵にはなりません。しかし記録でも何でも、来たものは撮ります。せっかく天気も良くて順光だし。新幹線の後は、ひでほさんご推薦の病院です。先日の地元紙に、ここの先生が1ページを使ってカテーテルアブレーションの解説をしていました。カテアブに関しては、O大病院よりこちらの方が実績があるようですね。Img_28441a


と、待っているうちにエヴァ500系が通過、派手な色!ホームで見たら、インパクトあるだろうなあ。Img_28521a


やがて本命のトワイライトが通過、山陽トワイライトとは、客車が逆向きです。先日東京からの帰り(15日)に京都-新大阪間で在来線を大阪方向に走るEF65PF+トワイライトを目撃しましたが、京都側から宮原客車区(現、宮原総合運転所)へ入ってそのまま大阪駅へ出庫すると編成の向きが逆になりますから、そのための回送でしょう。スケジュールからいうと、来年1月12日にも走るはずです。Img_29011a


今日は天気が良いので、このまま下津井に向かいました。夕日と瀬戸大橋が重なって撮れる場所があるようなので、その場所の確認です。児島から1時間に1本の下津井循環バスで「このあたりだろう」と思った場所へ。候補は2ヵ所で、どっちが良いかは太陽の位置次第でしょう。Img_29471a


今日の太陽の位置はというと、45度くらいずれていました。5月あたりが最良のようです。その気になれば頻繁に来られる場所ですが、5月の夕日を撮っていたら、帰りのバスがなくなるのが難点です。駅で待っているタクシーの運転手さんに、名刺をもらっておきました。いざとなったら、携帯で呼びます。

2015/12/27

スープパスタ

2015年12月27日

唐突ですが、小生はスープパスタが好きです。ただ小生が行くような大衆的な店ではなかなか無く、この時期季節限定で出てくるものが多いです。まあ季節限定メニューですから、普通のランチタイムメニューよりは値が張りますが。

財布の都合はともかく、スープパスタは小生にとって、なかなか食べられないメニューではあります。理由は、塩分。
味噌汁にしろ洋風のスープにしろ、汁物は塩分が多いです。それに小麦粉を使う麺類は製麺するときに塩も練り込みますから、こちらでも塩分が多くなります。従って、スープ+パスタとなると、塩分の心配をしなければいけなくなります。もっと塩分が多いのはそれに炒めた野菜を加えたちゃんぽん、これはもう数年食べていません。

小生の塩分制限は、幸いにまだドクターストップではなく、ドクター「アラーム」の段階です。ならば毎日ではなく、たまのイエローカードは良かろうと、先週牡蠣のスープパスタを食べに行きました。牡蠣は元々好きなところに、それがスープパスタですから、最高です。いやあ、うまかった。そして今日は、アサリたっぷりのボンゴレ。この冬、もう1回ずつは食べられるかな。Img_27832a


写真は昨日撮りに行った山陰トワイライトです。オートフォーカスの焦点がなぜか空に合っており、ややピントの甘い写真になっています。それでも、記録です。DD51のトワイライトは、残すところあと1回です。

この日は伯備線のEF64牽引の貨物まで粘って待っていたのですが、ウヤでした(;_;)。

2015/12/23

スカイプ事始め

2015年12月23日

学生時代の飲み仲間と定期的に会って飲んでいましたが、小生が岡山に引っ越したため、全員揃うのが難しくなりました。小生も月一くらいで東京に出てきていますが、出てくる用事の関係でどうしても土日を挟んだスケジュールになります。そうすると、そのあたりは必ずダメ、というメンバーもいますので、全員揃うのが不可能になってくるのです。

そんなこんなで、来年の新年会(まだ日にちが決まっていませんが)には、小生はテレビ電話で参加することにしました。スカイプです。

スカイプを使うには、カメラ内蔵のスマートホンかタブレット、あるいはWEBカメラ付きのパソコンが必須になりますが、小生のスマホもどき(アンドロイドウォークマン)にはカメラは付いておらず、タブレットは一旦Wi-Fi経由になるので遅くなるので、WEBカメラを手配することにしました。WEBカメラは昔何かのソフトに付いてきたことがありますが、WINDOWS-XPの時代です。引っ越しの時にごちゃごちゃ突っ込んだ箱の中を見てみたら、ヘッドセットはありましたが、WEBカメラはありません。そこで検索していたら、ヨ○バシの通販で2K以下でありました。しかもマイク内蔵、これを手配することにしました。

岡山は、夕方に頼むと翌々日の配送です。ミカン箱の一回り小さい箱で来たので何事かと思ったら、その底の方に、小さな箱が入っていました。取り出してUSBに取り付けると、勝手にドライバのインストールが始まります。しばらく放って置いたら、「使用できます」の表示が出ました。

スカイプ本体のプログラムは、スカイプのサイトでインストールです。インストールして必要事項を入力し、「最新版をインストールしてください」という表示が出たので最新版をダウンロードしたら(入れたばかりなので、元々が最新版でした)、なぜかサインアウトしてしまい、それからどうしてもサインインができません。サインインの押しボタン(に相当するところ)が反応しないのです。「サインインでお困りですか?」は反応したのでそちらからは入れますが、今度はカメラの設定、そもそもツールタブがないので設定ができません。ごちょごちょやっていて、やっとグレーがかっているところがIDとパスワードの入力欄であることに気がつきました。枠の中に入力することばかりやっていたので、こういう何もないところに入力するのは、戸惑います。

やっとカメラの設定ができるようになり、モニター画面を見てみたら、カメラ名が2つあり、買ったWEBカメラと違う名前が出ています。そう言えばこのパソコン(デスクトップ)、モーション何とかという手の動きでパソコンを動作させる機能があり(殺していますが)、そのためのカメラが付いていたのです。しかし買ったカメラに切り替えてみたら、こちらはHDで画像がきれいなので、外付けのWEBカメラを使うことにしました。ただよく見えるので、スカイプを使う前に部屋を片付けなければいけません(笑)。

その後のみ仲間の一人とテスト通話、無事設定完了です。その飲み仲間は子供が2人ともアメリカにいるので家族間通話に使っているそうですが、小生はあまり使うことはなさそうですね。昔の会社から呼び出し?まさかね。

2015/12/22

山陰トワイライト、上り

2015年12月22日

トワイライトの撮影をもう少し頑張ってみようと思い、上りの機関車交換駅の美袋(みなぎ=難読駅)まで行ってきました。約1時間前に着く伯備線に乗って美袋に到着、さすがに同業者がいます。機関車交換を撮ろうとすると駅から降りて左ですが、小生は何とか走行中のDD51が撮れないかと思って、右の方を見回します。すると、三脚をしょった、どう見ても同業者と思われる方が、国道の方に歩いて行きます。これは良い場所でもあるかと思って、付いていくことにしました。Img_26791a


国道は線路と併行していますが、ちょっと距離があります。そこから見ると、駅の近くは家が建ち並び、ちょっと撮れそうもありません。20分くらい歩くと少し開けてきますが、先の人はどんどん歩いて行きます。そのうち洞門を抜け、また次の集落が近づいてきたので、これはまずいと思って引き返しました。途中で目を付けておいた場所へ、全編成は撮れませんが、機関車と客車数量が入るはずです。しかし架線柱と木が邪魔し、ちょっと微妙な写真になりました。もう少し開けた方が良いですね。Img_26981a


そこから美袋駅の倉敷側へ、停車時間は1時間以上あるので、発車までには間に合います。着いてみたら、撮影場所は線路にへばりつくようなところです。これは小生の好みではありません。へばりつく場所はもうないので、その横へ。ここは脚立があった方が良い場所です。やがて構内はずれに止まっていたEF65PFがバックしてきて、トワイライトに連結、機関車はEF65 1124で、先日山陽トワイライトを牽いたのと同じカマですね。おそらく、トワイライト色のPFはこれ1両なのでしょう。よく見ると、重連用のホースは撤去していますが、元ダメ管は残してあります。しかしトワイライト用の客車には元ダメ管のホースが付いていません。おそらくカニにコンプレッサを積んでいて、連結不要になっているのでしょう。Img_27111a


しばらく待っていると、交通整理しているJRの職員の方が、「単機の通過列車が来ま~~す、下がってくださ~~い!」と警告。単機というとトワイライト枝をここまで牽いてきたDD51のはずなのでカメラを構えて待っていると、下り線をかなりのスピードで通過していきました。おそらく、美袋で開放したあと一旦総社か清音に引き上げ、そこで運転士が位置を変えて、米子に向けて回送するのでしょう。EF65とDD51の並びの写真を見たことがありますが、並ぶのはほんの一瞬です。Img_27141a


発車前に周りの人に断って、少し線路に寄って全体の写真を撮り、そこで撤収しました。しかし平日の昼間というのに、人が多いこと!来週は正月休みでもっと人が多いでしょうから、小生は来週は止めます。どうも人が多いのは、苦手です。

駅で待っていたら、連結作業をした係員の方たちも、同じ電車で岡山に向かうようです。ヘルメットをかぶった方たちの足下を見たら、皆安全靴ではなくナイキのエアー、この靴は疲れないのですが、昔は安全靴が義務づけられていたはずです。時代は変わりました。

2015/12/20

山陰トワイライト

2015年12月20日

しつこくトワイライトを追っていますが、今週は山陰トワイライトが運転されるというので、また出かけてきました。東京にいるときは、北斗星を撮ろうとすると交通費だけで片道1000円近くし、その分時間もかかるので、結局出かけませんでした。こちらは何しろ交通費は片道200円、年金生活者でも十分出かけられます。Img_25261a


場所は前回と同じ矢部川です。前回の山陽トワイライトの時には、2時間前に同業者が2人いて、線路脇のポジションを確保していました。今回は小生がその線路脇を狙って2時間前に着いたのですが、今日は誰もいません。ともかく、場所確保です。Img_25371a


線路脇と言っても川の堤防の上なので、完全な吹きさらしです。いやはや寒いこと!下着を1枚追加してきてきましたが、首から上が寒いです。マフラーを持ってくるべきでした。Img_25471a


この場所、上り列車の撮影には、まるで向きません。少し移動すれば撮れるのですが、今日は寒いので無精を決め込み、ダウンジャケットのフードをかぶって、椅子内蔵リュック(通販で買いました)の椅子に座ったままです。そうしたら、いつもは単機回送のはずのEF65PFがどうやら工臨のスジらしく、今日はレールを積んだチキを引っ張っています。さらに今度は、DD51の重連単機回送!DD51の所属は米子だし、瀬戸での交換となると必ず回送列車が発生するので、頭に入れておくべきでした。Img_25801a


伯備線に入るブルートレインは定期レ車では存在していませんでしたが、強風で餘部鉄橋が不通になるとき、本来は山陰線周りの「出雲」が岡山-伯備線経由となっていました。この時もDD51は米子の所属車が回送されてきますが、機関車交換は岡山で行っていました。現在は岡山駅の配線が変更されて、交換用の機関車を待機させておくスペースもなくなったようです。そのためこの山陰トワイライトも、下りは瀬戸で、上りは美袋での機関車交換です。Img_25971a


そうこうしているうちにやってきたEF210牽引の貨物列車が、牽引機は何と300番代、良い写真が撮れました。水島臨海鉄道直通のDE10牽引の貨物列車は、もう少しで上り列車にかぶられるところでした。今回の場所のように反対側から撮るときは、列車本数の多い路線では、かぶられる危険性を覚悟しておかなければなりません。Img_26111a


そしてやってきたDD51重連のトワイライト、ちょうど雲も切れて機関車の顔に日が当たるようになり、うまくいきました。そして撮影した直後に上り列車が通過、トワイライトがちょっと遅れると危ないところでした。Img_26231a


このままもう1時間待っていると伯備線のEF64牽引の貨物列車がやってきますが、もう寒くてとても1時間は待てず、早々と撤収しました。次回はマフラー装備で頑張ります。

2015/12/18

岡山ぼけ

2015年12月18日

岡山に引っ越してから約1ヶ月半ぶりに東京に行ったのですが(前回は高崎直通で、東京は乗り換えただけ)、すっかり岡山に染まったというか、すでに岡山ぼけというか、人の多さに驚きました。小生の場合は、人が多いのには驚いたと言うより、辟易したと言った方が近いですが。

二男は中高と港区にある学校に通ったのですが、大学から就職とずっと関西以西に、最後は四国にいたため、今年横浜に戻ってきたら「人が多い。味付けが辛い。」とぼやいていました。四国ぼけと笑っていましたが、人のことは言えなくなりました。

それと東京の方が市域が広いので、ちょっと動くと交通費がかさみますね。それと交通機関の乗換が多いので、どんどんかさみます。これは東京の鉄道仲間に話したことでもあるのですが、東京で以前住んでいたところから貨物列車の写真を撮りに行こうとすると、最低でも片道400円はかかります。岡山だと、片道170円で済みます。このところ東京にいた頃より頻繁に出かけていますが、珍しいからだけではなく、交通費が安いということも理由にあります。15121202a


とは言うものの、何やかにやで東京に出ることは、しばらくは続くでしょう。いろんな品物が多いというのはやはり東京なので、そのうち買い物ツアーもするかもしれません。

写真は行き(12月12日)の車内から撮った富士山です。この日は青空をバックにきれいに見え、「富士山がきれいに見えております。」という車内放送もありました。

2015/12/16

ホルンとピアノの万華鏡

2015年12月16日

昨日東京から帰ってきました。今朝は久しぶりにゆっくり寝て、寝坊しました。やはり朝5時から電車が走らない環境は、よく寝られます。
泊まったホテルが、同じ東○インでも京浜間で安いところを見つけたのですが、何と京浜急行の線路際。ひっきりなしに快特が120km/hでぶっ飛ばしてきます。線路に近すぎて、ゆっくり眺める時間がありません。安いはずだ。

で、昨日は第一生命ホールでの昼のコンサート、「福川伸陽&三浦友理枝 ホルンとピアノの万華鏡」を聞きに行ってきました。今回東京に来た用事の一つが、これです。福川氏のホルンは一度聞きたいと思っていて、実現したのが引っ越しのあとになってしまいました。

曲目は、まずマレの「5つの古いフランスの踊り」から。登場したときに見たら、福川氏は思ったより背が、それもかなり高いです。楽器はCDのジャケットで持たれている、良く光るトリプルホルンではなく、N響の中で使われているくすんだ色のダブルホルンです。実はこの楽器、N響のメンバーはみんなきれいな良く光る楽器を使っているため、テレビでは一人だけくすんでいて、逆に目立つんです。音には関係ないですけど。

山野雄大氏と演奏者2人のお話を交えながら進行し、2曲目のベートーベンのホルンソナタヘ長調は、何とナチュラルホルンでの演奏でした。ナチュラルホルンは、独特の味がありますね。素晴らしい演奏でした。

その後酒井健治「ホルンとピアノのための「告別」」、ここでホルンはお休みして三浦さんの独奏でショパンのバラード第3番、小生にとっては、現代曲のあとの口直しならぬ耳直し。

次も現代の鈴木優人氏の作曲ですが、「モーツァルティアーナ~ホルンとピアノのためのしりとり変奏曲」。この2人のための書き下ろしで、世界初演です。モーツァルトのホルン協奏曲第1番のテーマをベースに作曲者名(アルファベット表記)を順にしりとりで、その作曲者の曲の有名な旋律が出てきます。こういう順々にいろんな曲が出てくる変奏は、昔山本直純氏が良くやられていましたね。ただ作曲者名のしりとりとは、良く考えつかれたものです。モーツァルト、チャイコフスキー、イザイ、、、。途中に「能」なんて言うのもありました。最後は中田喜直(YOSHINAO NAKATA)からアマデウスに来て終わり。楽しめました。なおこの曲、2月に発売されるCDの中に収録されているそうです。

最後はローゼンブラットの「カルメン・ファンタジー」で華やかに終了。この演奏も素晴らしかったです。最後に作曲者の鈴木優人氏が舞台に登場、会場はすごい騒ぎでした。彼は人気者ですね。息子の後輩なので、変な気持ちですが。

アンコールのプーランク「愛の小径」を聞いて、サイン会はパスして昼食、そのまま急いで浜松町から品川へ。そこで携帯で指定席を変更し、予定の1時間前(広島行きだから、席が取りやすい)ののぞみに無事に間に合いました。インターネット予約のポイントがたまったので、普通車料金でグリーン車へ。来るときはN700系のE席でおしりが痛くなったのですが、グリーン席だと痛くなりませんでした。だんだん身体が贅沢になるのは、困ったものです。

2015/12/13

東京滞在中にパスモのオートチャージ停止

2015年12月13日

東京にいます。正確に言うと、今は横浜市ですが。細かい用事を4つ組み合わせて、3泊することになりました。

岡山のバスはイコカしか使えないので、まずパスモの残高を0にしてコレクションに回そうと思い、上京したついでにオートチャージを止めることにしました。オートチャージが止まると、その元のクレジットカード(小田急百貨店のカード)を解約できます。

オートチャージの設定は東急の自動券売機で簡単にできたので、たまたま池袋で降りたので、東武の券売機に行ってみました。ところが、東武の券売機はチャージはできても、設定変更ができません。そのため、次はメトロの券売機に行ってみました。すると設定変更の画面があり、オートチャージ停止の押しボタンはあるのですが無効になっており、「係員を呼び出してください」と書いてあります。それで係員呼び出しのボタンを押して聞いてみたところ、オートチャージの停止は係員のマニュアル操作扱いになっていました。そこで操作してもらい、無事停止できました。ちなみにスイカは、VIEW ALTTEでしかオートチャージの変更ができませんが、オートチャージの停止もそこでできます。

それで、今日のところで残高が47円、0にするのが非常に難しくなりました。キオスクかニューデイズで147円の物を見つければ、100円現金足しで残高0にできるのですが、自動販売機を使ったら、最後に7円残ります。

2015/12/11

ソードアートオンライン

2015年12月11日

ソードアートオンラインプログレッシブの4巻が発売されました。現在ソードアートオンラインとアクセルワールドは「出たら買う」状態なので、発売日の10日にあちこちの書店を見て回りました。しかし岡山ではやはり、1日遅れのようです。

ソードアートオンライン(SAO)を知ったのは、ひょんなきっかけで、シノンのフィギュアです。女の子が自分の背丈ほどもある対戦車ライフル(昔はこういう名前でした。今は戦車の装甲が厚くなってライフルは通用しなくなり、対物ライフルという名前に変わりましたが)を抱えているフィギュアで、これは一体何だろうと印象に残りました。そうこうしているうちに近くの書店で「ソードアートオンラインフェア」というのが始まり、そこに同じ顔の女の子が出ていて、まずファントムバレットの、それもコミックを買ったのが始まりです。これが面白くファントムバレット編は小説を2冊買い、市立の図書館に全巻揃っているのに気がついて当時出ている全巻を借りて読み、気に入って全巻揃え(これは古本も含む)、現在に至っています。図書館から借りても、本当に気に入った本は手元に置きたいので、買いそろえるものです。

SAOPではなくSAOの本編の方は現在アンダーワールド編ですが、これの原作というかWEB版を、ひょんなことから目にすることができました。それだとあと2巻くらいでアンダーワールド編は完結でしょう。ただ完結してもまだ外伝の出る余地がたくさんありますから、それから1,2巻は出るでしょうね。現在SAO本編も年1巻の刊行ペースになっていますから、あと3,4年は刊行が続きます。小生はまだ生きているだろうな。

以下多少ネタバレ気味になります。WEB版と文庫版は、基本的な物語の流れは同じですが、場面の設定はかなり違っています。WEB版の方がワイルドと言うか、文庫版が青少年向けに柔らかくしてあると言うか。小生は文庫版のほんわかとした雰囲気の方が、好きですね。
これから先、お隣の二国との間の、いわゆるラノベからは逸脱したような話が出てきますが、これをどうするのか、そのまま行くのか大幅に書き直すのか、楽しみです。そこに来るのは、来年末くらいの刊行分かな。それまで読書が続けられるように、目の健康を守っていなければ。

2015/12/10

セルフ・クラフト・ワールド

2015年12月10日

芝村裕吏氏の作品は、昔は出たらすぐに買っていたのですが、最近のものはマージナルオペレーションの新作を含めヒロインがすぐに狂乱状態になるのに辟易し、様子見にランクダウンしています。この「セルフ・クラフト・ワールド」もネットでは前に出ていたのですが店頭にはなかなか並ばず、しばらく買うのを保留していました。先日書店で見かけ、ぱらぱらと見たら、「何、熊本弁をしゃべるAI?」というので買ってしまいました。

ネタバレになるので詳しい内容は書きませんが、舞台はゲームの中、それもソード・アート・オンラインなどと同じフルダイブの環境ですね。そこで熊本弁をしゃべる(熊本弁しかしゃべれない)NPC、すなわちAIが出てきます。その熊本弁たるや、久しぶりに聞いたような純粋熊本弁、それも熊本市域(現在の広くなった熊本市ではなく、昔の熊本市)の熊本弁ですね。

芝村裕吏氏が熊本出身というのは聞いたことがなかったのですが、芝村裕吏氏の本業はゲームクリエイターで、熊本市に本社があるアルファシステムで仕事をしていた経歴があるので、熊本弁ブレーンはその関係でしょう。

これは「1」となっていますが、「2」も出るようです。どうするかな。多分買うでしょう。

最後にネタバレ。この作品の世界は、「この空のまもり」の20~30年後ですね。すなわち「マージナルオペレーション」の数十年後になります。

2015/12/08

山陽トワイライトの上り

2015年12月8日

土曜日に撮ったトワイライトが上ってくる日なので、早起きして出かけました。天気も良く、こういう日は南側から順光で撮った方が良いのですが、山陽本線の朝は列車本数が多く、下り列車がかぶる危険があるので、半逆光ですが北側からにしました。場所は旭川の鉄橋、柵があるけど、これも無視です。Img_24351a


岡山(岡山の姫路より)の朝9時過ぎは、貨物列車のラッシュです。下りが福山エクスプレスを初めとした宅配便の大型コンテナを積んだ貨物が次々に来れば、上りは牽引機がいろいろです。今日は移動せずに、ひたすら上りを狙いました。Img_24581a


2時間いて、EF66が2本、EF200が1本、それにEF510まで撮れるのですから、側面が影になることを我慢すれば、収穫の多いところです。当然今日の主目的のトワイライトエクスプレスも、しっかり前面に光の当たっている写真が撮れました。Img_24821a


下りはほとんどEF210ですが、1本あるEF66のスジを何と原色の27号機が引いてきました。
平日のこういう時間に撮影ができるのは、ありがたいことです。明日から天気が崩れるそうです。今日は良い天気で良かった。Img_24921a


2015/12/05

山陽トワイライト

2015年12月5日

引っ越しだの片付けだのにかまけてうっかりしていましたが、北海道への運行を止めたトワイライトエクスプレスが、山陽及び山陰へと運行されていました。それも10月からほぼ毎週。しかし運行予定は2月一杯までなので、まだ間に合いました。調べてみたら、岡山界隈ではちょうど撮影に良い時間に通過します。思い立ったが吉日とばかりに、早速出かけました。Img_21841a


ただ撮影場所となると、そこそこ良い場所はあるのですが、何らかの×が付きます。何回か通うという前提で、今日は庭瀬の先の矢部川鉄橋にしました。ここは柵があるのが難点ですが、手前は線路際に草が多いし、先は草はないものの景色がぱっとしないしということで、柵は無視することにしました。今日は天気が良いので、順光の方を優先します。Img_22031a


通過予定時刻の2時間近く前に着いたので、さすがに誰もいません。ただ山陽本線は列車本数が多いので、待っていても暇をもてあますことはありません。そのうちに高校生らしき同業者は踏切の向こう側へ、川向こうの藪の中にも3人ほど同業者が現れます。小生は広角気味に撮るので藪まで入りますが、焦げ茶色の服なので、藪にすっかり溶け込んでいます。Img_22441a


各停は黄色の115系に213系が少し混じる程度で、あまり面白くはないのですが、同じ115系でも、岡山支社のものは前面と側面の方向幕がLEDですが、側面は1両おき、それに対して広島支社のものは側面は幕式で全車両使用、その代わり前面方向幕は使用せず、との違いがあることがわかりました。顔は115系で中身は117系という115系3000番代は、下関の所属車が岡山まで乗り入れてきています。Img_22521a


所定時刻にトワイライトは現れました。牽引機はEF65PFとのことだったのですが、現れたのは何とトワイライト色。EF81かと思ったのですが、よくよく見たらトワイライト色のEF65PFでした。隣の同業者に聞いたところ、今日からだそうです。Img_22801a


水島臨海鉄道に直通するDE10牽引の貨物列車を撮ったところで、引き上げました。今日は収穫ありです(^^)v。

2015/12/02

テレビを処分

2015年12月2日

テレビを1台処分しました。2ヵ所の拠点を1ヵ所に統合したため、テレビが1台余っていたのですが、小生はパソコンにテレビ機能が付いているし、カミさんも個室でテレビを見る趣味はないため、まだ値段が付くうちに処分することにしたものです。

テレビはソニーのブラビア、24型です。2009年モデルで、地デジの出始めと言うより、買ったときはまだアナログ放送だったため、アナログとデジタル、2つのチューナーが付いています。事前に中古品を取り扱う店を何店か回ったのですが、すでに製造後5年以上経っているため、「5年以上経っているものは買い取れません。」と言った店がありました。ブッ○オフはまだOKで、今回のものはブッ○オフに持って行き、きちんと値段が付きました。

残した方も同じ24型で、シャープの2012年モデルです。こちらを残したのは、ビデオデッキが同じシャープで連動動作ができることと、ソニーよりも上下の視野角が広いこと(ソニーのは寝転がって見ると、画面が真っ暗になります)、低音がいくらかマシなことです。ちなみに、液晶テレビは額縁を小さく見せるためスピーカーがどの機種も小さく、ブラウン管テレビに比べると音は格段に悪いです。

さて買い取りの時、B-CASカードは「個人情報が入っていますから。」ということで、返してくれました。帰ってから調べてみたところ、B-CASカードは放送の視聴契約カードとなっているため、所有者が変わると返却、廃棄、もしくは書き換えとなるようです、特に個人情報は書き込まれてはいないようです。書き込まれているとしても住所くらいですから、すでに変わっていますが。

このB-CASカード、個人で廃棄するときにはクレジットカードと一緒で、ICチップの部分に鋏を入れてから捨てるように、と書いてありました。ちょん切って捨てます。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ