« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015/11/30

児島湾干拓資料室

2015年11月30日

児島湾干拓資料室というところに行ってきました。この場所はと言うと、最初はJR児島駅の近くと思っていたのですが、あの児島(旧児島市)と児島湾は、全く別の場所です。児島駅と児島港は旧児島市で、現在は倉敷市、児島湾と児島湖は、岡山市の南にあります。15113001a


元々は児島という島で、その島の西の方にあったのが児島の集落。その島に囲まれた内側の海が、後に児島が地続きになったときに海で残った児島湾。という歴史的ないきさつがありますが、今となってはややこしいことになっています。まあ、カリフォルニア半島がアメリカのカリフォルニア州ではなくメキシコにありますから、似たような例はあちこちにあるのでしょう。15113002a


児島湾の干拓事業というのは、小学校の授業に出てきました。昭和30年代は高度成長期の前段階で、全国総合開発などいろんな計画が立てられていた時期で、その先駆的成功例としてあげられたものです。有明海の締め切り堤防(三角-島原間に造る)などという、突拍子もない計画までありました。児島湾は締めきられた児島湖の水質悪化などの問題が起きましたが、これはヘドロの浚渫などでずいぶん改善したようです。15113004a


もう一つ児島湾の干拓で興味があったのは、児島湾は江戸時代から干拓が進んでおり、明治期の大規模の干拓の指導をしたのがオランダ人技師のムルデルということです。このムルデル氏、世界遺産になった三角港(三角西港)の築港を指導した人です。まさかこんなところでまた縁があるとは。

さてこの児島湾干拓資料室、児島湾の締め切り堤防の上、児島湾締切堤防管理事務所の中にあります。ホームページの案内には車で40分と書いてありますが、バスもあります。最寄りのバス停は甲浦郵便局前で、特急バスは30分に1本ですが、各停は1時間~1時間半に1本です。小生は港町の生まれなので、こういう「浦」が付く地名が出てくると、嬉しいです。バスは締切堤防の上を走りますが、児島湾も周りを島に囲まれているので波が全くなく、見ただけではどちらが湖かわかりません。15113013a


資料室はその名の通り独立した建物ではなく、管理事務所の1階部分を使っています。開館日も役所と同じ平日なので、月曜日の今日も開いています。そこでいろいろ見てみると、本格的な干拓が始まったのは1585年頃とありますから、安土桃山時代、秀吉が関白になった頃です。干拓の締切堤防はその3年前の備中高松城水攻めの時の堤の工事が参考になったそうです。また児島が地続きとなって児島半島になったのは江戸時代は1630年頃(徳川家光の頃)、意外と遅いです。このあたりは岡山市内の小学校では、みんな教わることでしょう。

その後明治期、昭和とつづき、意外だったのは児島湾締切堤防工事の時にはたいした干拓は行われていないことです。児島湾の締切は干拓ではなく、干拓地の農業用水を確保するための児島湾(児島湖)の淡水化が目的だったんですね。なおこの児島湖、干潮時だけ水門を開けて、中の水を排出しているそうです。

2015/11/27

後楽園の紅葉

2015年11月27日

テレビでは紅葉情報が「見ごろ」になっており、天気も良いので、後楽園に出かけてきました。さすがに自宅から歩いて行くにはちょっと遠いので、バスを使います。今日はこの冬一番の冷え込み、冬用のダウンジャケットを引っ張り出しました。15112704a


駅前のバス停でも見かけましたが、さすがに有名な観光地とあって、外人さんが多いですね。それと一眼レフを抱えた方が多いです。さすがに「鉄」のような物々しい三脚や望遠レンズの方はいないですが、軽量の三脚持参の方は多いです。小生はこういう歩くところでは一眼レフも持たず、もっぱらコンデジです。

紅葉の方は、まだちょっと早い、という感じでした。昨夜から冷え込みだしたので、これから数日で一気に進むでしょうが。風は冷たいものの、天気が良いのが何よりです。それと平日でお客さんもまばら、人混みが嫌いな小生は、このくらいでちょうど良いです。往復のバス代を入れても、かつての渋谷往復の電車賃より安いので、頻繁に来られますね。15112718a_2


後楽園の正面に県立博物館があり、帰りにちょっと寄ってきました。すると後楽園の入場券で割引料金、シニア割引もふくめ、半額以下になりました。

2015/11/23

岡山出版事情

2015年11月23日

子供の頃は九州の片田舎に住んでいたため、週刊誌は東京の発売日より2日遅れて発売されていました。小生の田舎が特に田舎だったわけでもなく、九州一帯がそうだったようです。もっと離れたところ、例えば天草の離島などが2日遅れだったかどうかは、わかりませんが。

最近は交通網が発達して東京発のクロネコが岡山にも翌日(ただし午後3時頃)に着きますが、出版物の発売日にはまだ時差があることがわかりました。例えばコミックなどは、予告出版日の1日後です。また月刊誌、例えば毎月21日発売日の鉄道雑誌がどうなるのか見ていましたが、21日には並びませんでした。日曜日を挟んで今日(23日)には店頭にありましたので、こちらも1日遅れでしょう。

週刊誌や各週刊誌は、新幹線の駅の売店には東京の発売日と同じ日に並びます。これが市中の書店でもそうなのかどうかは、今度ビッグコミックの発売日(25日)に、書店を眺めてみます。15111502a


話は変わりますが、東○ハンズで石膏ボード用の引っかけ用フックというのを見つけ、壁に取り付けて写真パネルを飾ってみました。写真展に出したものが毎年タンスの肥やしになっていますが、定期的に取り替えて飾ればこれでいくらか日の目を見ることになります。写真は2008年の廃車直前の島原鉄道のキハ20です。

2015/11/22

岡南飛行場祭り

2015年11月22日

今日はやや曇ながら雨にはならず、岡南飛行場祭りというのが行われているので、行ってみました。岡南飛行場は昔の岡山空港で、滑走路が1200mしかなくジェット機の運航ができないため、現在の定期航空便は岡山市北部の新岡山空港に移っています。しかし旧空港を廃止せずにそのまま残り、県警の航空隊などが使用しています。熊本空港も昔は市内の健軍に同じ1200mの滑走路があったのですが、新空港(建設時の呼び名は高遊原空港)ができたときに廃止されています。岡南空港は児島湾の干拓地、児島湖の縁にありますので、他に転用のしようが無かったのかもしれません。ただ市内からの距離は、現岡山空港より近いですね。15112201a


路線バスで行きましたが、バスはひたすら平坦なところを走ります。こういう何もない平坦なところは大抵干拓地ですが、後で調べてみたら、児島湾の干拓は有名な締め切り堤防(小学校で出てきました)ができる前から、明治期にも大規模なものが行われています。この干拓を提言したのがオランダ人技師ムルデル、どこかで聞いた名前だと思ったら、三角西港を造った人でした。15112202a


町外れの飛行場だし、人が集まっても大したことはないと思っていたら、飛行場の手前で渋滞に引っかかり、バス停一つに10分以上かかりました。ほとんどの人が車なので、駐車場の入場待ちで渋滞が起きたのです。帰りのバスの運転手は40分の遅れと言っていましたから、時間とともにひどくなったようです。15112204a


さて、飛行場の管制塔前のスペースにテントが立ち並び、出店が出てまさにお祭りです。白バイ、パトカー、それに自衛隊車両も展示されていました。自衛隊の1/2tトラック(昔のジープ)はオートマチックシフトでした。びっくりしたら、上物以外はパジェロだとか。全部専用設計していたら、コストがたまりません。白バイもよく見たら、ベースはホンダのVFR750でした。VFR800Pというタイプかもしれません。15112205a


プロペラ機によるアクロバット飛行が始まるので、日頃は入れない駐機場の横まで移動。その後岡山県警察音楽隊の演奏を聞いて、立ちっぱなしでくたびれてきたので、帰路につきました。楽しめましたが、渋滞は予想外でした。これからも催し物は、渋滞を考えないといけません。

2015/11/19

眼科の診察IN岡山

2015年11月19日

岡山に来て初めての病院行き、眼科の診察に行ってきました。歩いてO大学病院まで行き(歩いて行けるところが、最大のメリット!)まず初回来院者の受付に紹介状と必要事項を書いた紙を出し、診察カードを作ってもらいます。出来上がったのは、昔かかっていたS大学F病院と似たようなデザイン、標準であるデザインの一つなんでしょう。次はエレベータで4階に上がって眼科の受付に行き、受付でもらった診察表をと紹介状を出します。小生がA4にまとめている病歴も、出します。O大学病院の眼科は、新患の受付は火曜日と木曜日、週に二日だけです。混んでいるかと思ったのに、待っている人はさほどではありません。

ただしここからが予約外なので、ひたすら待つことになります。「場合によっては、夕方までかかります。」と言われているので、今日は文庫本を2冊持ってきています。2時間ほど経ち、文庫本を1冊読み終わったところで、最初の検査に呼ばれました。検査室に行こうとしたら、検査室の隣が診察室で、その前の待合室がありました。当然、ぎっしり。小生が待合室と思ったところは、待合室に入りきれない人がいる待合所、でした。これは夕方までかかるかな。

視力検査と眼圧検査が終わったところで、散瞳剤を点眼します。これはいつものことですが、これを点眼するとそれから先本が読めなくなるので、そこが困りものです。30分ほど経ったところで、眼底撮影に呼ばれました。一旦戻ったところでまたしばらく立つと、看護師さんが来て瞳の点検。
「左は良く開いているけど、右があんまり開かないわね。」
「多分、癒着していますよ。」
「そうなの。じゃこのまま、カルテ上げとくわ。」
となったところで、また検査に呼ばれました。今度は別の機械で、少し大型です。
「痛くははないけど、顔をぐっと押しつけるから、鼻が痛いかもしれないわね。」
と、本当に目の周りに隙間が出ないよう(パッキンが密着するよう)顔をぐっと押しつけられます。鼻がつぶれそう。もっと鼻の高い人だったら(クレオパトラ?)大変でした。これで終わりかと思っていたら、なにやら小生を探している検査の方、もう一つ追加撮影がありました。検査室にある撮影機、全部使ったんではないかな。

次は診察だということですが、ここで12時45分、これからさらに待つようだと、どこかで腹ごしらえをしておく必要があります。眼科受付で聞いてみたら、今日はまだ予約の人が入っているので、食事をする時間は十分にあるとのこと、看護師さんに申し出て食事に出かけることにしました。と言っても外に出るわけにはいかず、1階まで降りたら会計窓口の先にスタバがありました。そこでサンドイッチとコーヒーを注文、瞳孔が開いて細かい字が読めないのでそう言ったら、全部口頭で確認して準備してくれました。さすが病院内のスタバ。

食事が終わって、眼科に戻ると、さすがに待っている人は少なくなっています。そこで正規の待合室に移動し待つことしばし、診察に呼ばれました。若い先生です。開口一番、「大変な手術をされましたねえ。」リングが2本、硝子体の代わりに水が入っており、網膜の周辺部にはレーザーの後がずらり。見る人が見れば、何をやったか一目でわかります。現在の状況は、右目は増殖膜がまた広がっているが、また手術で取っても視力の回復は期待できないこと。左は特に問題なく、白内障も手術まではまだまだの状態。特に大学病院で継続観察する必要な状態ではなく、近所の眼科で定期観察を続ける、ということになりました。と言っても、まだこの土地では右も左もわからず、近所の眼科がどこにあるかもわかりません。O大学病院での次回の診察を3月に入れ、それまでに近くの眼科開業医を見つけておくことになりました。自宅から一番近いのがここO大学病院なのですが(^_^;。

次回が3月だったら、肝臓もO大学病院の診察を受けた後です。心臓はどうするかな。会計でも待たされ、会計が終わったのは15時30分を回っていました。

2015/11/17

交通事故を目撃

2015年11月17日

天気予報は午後から雨。そのため午前中に、用心のために長い傘を持って外出したらいきなり降り出し、「岡山の人はのんびりしているのに、天気だけは気が短い。」とぶつぶつ言いながら図書館に向かっていたら、目の前で交通事故が起きました。

車が右折したと思ったら、「ガシャン」と大きな音。どうやら自転車とぶつかったようです。あの音なら無傷ではないと思ってもう少し近づいてみたら、人が倒れていました。ちょうど目の前が薬局で、そこのご主人らしき人が飛び出してきています。「救急車を呼んでください!」と大声を出したのは、運転手の方でしょうか。早速薬局の方がワイヤレスの電話機で電話をかけ始めました。倒れた人の横には、ナース服の看護師さん、向かいの医院から飛び出してきたのでしょうか。

救助の手伝いはなさそうなので、小生は警察に電話することにしました。携帯から110番をかけると場所によっては管轄外のところにかかることがありますが、このあたりなら大丈夫でしょう。昔住んでたあたりは東京都と神奈川県の都県境が入り組んでいるので、携帯から110番をかけると危険な所でした。110番は、かけるとすぐに出ます。
「警察です。事件ですか、事故ですか?」
「交通事故です。自転車が軽4輪にはねられました。」
「場所を教えてください。」
まだ慣れない土地でこういう時には迷うところですが、薬局の入口に住居表示が大書きしてあります。その住所と薬局の名前を答え、怪我をしているかという問いには薬局の人が救急に連絡中と答え、意識はあるかという問いに運転手の人に確認し、念のためと言われて問われた車のナンバーと車種を答え、小生はたまたま通りがかったものだということも伝え、その途中で薬局の方から「警察ですか?」と聞かれて電話を中断して答え、「通報、ありがとうございました。すぐに向かわせます!」ということで切れました。

救急車の方が、先に到着しました。被害者は、お年寄りの女性のようです。頭から血を流していますが、こういう時は内出血の方が怖く、血が出た方が良いそうです。パトカーも到着し、警察官はチョークで車の停止位置に印を付けていましたが、この雨ではすぐに流れるでしょう。このあたりは大きな病院はいくつもあるので、後は大丈夫と思って、小生は図書館に向かいました。

110番に電話したのは、熊本にいるときの、実家の酒店に不審な客が来たとき以来2回目です。事故では、初めてですね。
皆さん。交通安全には十分注意しましょう。

2015/11/16

楽天イーグルス秋季キャンプ

2015年11月16日

岡山市のすぐ隣で、東北楽天ゴールデンイーグルスが秋季キャンプを張っています。天気も良いので、見に行ってきました。場所は倉敷(駅は一つ手前の、中庄)のマスカットスタジアム。JRの電車賃は、ついこの間まで住んでいた東京の多摩地区から渋谷に出るより、安いです。15111601a


プロ野球のキャンプは、昔々の小学生の頃、島原に西鉄ライオンズのキャンプを見に行ったことがあります。向に住む同級生のお父さんが、同級生と一緒に連れて行ってくれました。その頃のと言うか田舎の球場ですから柵が低く、稲尾投手をすぐ目の前で見ました。向こうから小生の方に、と言うより小生の隣にいた女の人に、もっと言うと、その人が抱いていた犬を見に近寄ってきたのです。間近で見ても、目が細かったのを覚えています。15111602a


マスカットスタジアムはプロ野球公式戦ができる球場ですから、スタンドもしっかりしています。逆に選手との距離は遠いです。開放されているバックネット裏のスタンドで、しばらく見ていました。ちょうどフリーバッティングをやっていましたが、意外と玉は飛ばないものですね。なかなか外野まで飛んでいかないなと思っていたら、主力組が出てくるとさすがに違います。33番の選手が良く飛ばすと思って調べてみたら、銀次選手でした。さすが。15111603a


昨日は日曜日で、紅白戦をやったみたいです。それでも主力組のフリーバッティングは、十分に楽しめました。岡山は日差しがあると11月でも暖かく、暑いくらいになります。仙台から来ると、南国の気分でしょう。

2015/11/15

つまみ考

2015年11月15日

禁酒やら、いろんな食事制限を受けている方には申し訳ない話しなのですが、、、。小生は著効後、ぶどう膜炎が落ち着いて禁酒が解除になって以来、ほぼ毎日晩酌をやっています。外で飲むより、最近はやりの家飲みというやつです。ウイスキーを、夏はソーダで、冬はお湯で割っていますが、アルコール量を缶ビール1本に相当するよう、メジャースプーンで計っています。そのため心臓の手術後も、「それだけ管理できているのなら。」と術後3ヶ月で飲酒OKになりました。

問題は、つまみです。昔は瓶詰めのザーサイやらメンマやらで、それがミックスナッツになった頃塩分制限を受け、無塩のミックスナッツに切り替えました。東京にいたときは「無塩ミックスナッツ」という名前だったのですが、岡山に来たらスーパーの系列が違い、「素焼きミックスナッツ」という名前になっています。塩分無添加ということには、変わりはありません。

このミックスナッツ、脂肪分が多くカロリーも多いので、栄養士さんからは「量は少なく。」と言われています。そこで他のものも探しているのですが、これがなかなかありません。有機レーズンというのも一緒につまんでいたのですが、このレーズン、ちょっと量が多いと下痢をします。元々レーズンは食べ過ぎると下痢をしやすいものですが、小生はブルーベリーにアレルギーがあるようにベリー系は下痢しやすい体質のようで、かなり量を少なくしています。そこでこのかわりにチーズと考えたのですが、チーズは塩分が多く、ものによっては一切れで1gを越します。

スーパーの棚をいろいろ見ながら、と言うより、ひっくり返して塩分量を見ながら探したところ、チョコレートの、それもブラックが甘味も塩分も少なく、ウイスキーと合いそうです。まだレーズンが残っているので切り替えていませんが、さて、どうなるやら。

2015/11/13

電子レンジの周波数変更終了

2015年11月13日

引っ越し後の荷物の片付けも一段落し、資源ゴミでたまった紙類も出したところで、ヨ○バシカメラに連絡しました。電子レンジの周波数変更を頼むためです。ここまでのんびりしていたのは、岡山にはすでに仙台から持ってきた電子レンジがあるからです。パナ製のこちらはインバータ内蔵のため、周波数変更の必要はありません。ただし冷凍品を加熱するときには今一つで、完全には加熱できないうちに切れてしまいます。従って、2,3度再加熱の必要があります。このあたりは、センサーの差ですね。

さて、ヨ○バシカメラのコールセンターにいきさつを話したら即理解し、「シャープの修理センターから電話が来ますので、日程調整を行ってください。」との話が付きました。これが昨日の話で、岡山のシャープからは「明日でもよろしいですか?」とのことで、今日が修理日になったわけです。

朝の電話では午後2時から3時といったところが再度連絡があり、4時半になりました。交換部品は高圧トランスと高圧コンデンサ、この部品は、無料です。出張料と工賃が有料になるのですが、保証期間内ということで半額、約4K(税込み)でした。ただ修理の人は、「60Hz」というシールを持っていませんでしたね。電子レンジの側面には、「50Hz専用」と書いたままです。

そしてコーヒーカップで水を加熱して確認、動作もOKです。これでパナ製は予備品となり、お蔵入りです。

2015/11/12

群馬から帰ってきました

2015年11月12日

昨日、無事群馬から帰ってきました。久しぶりに工場内で丸2日過ごしたため、さすがに疲れました。問題点は対処し、他に懸念される事項は対策を指示して、終了です。15111201a


東海道新幹線はN700系ですが、東京-高崎間の行きは金沢行きでE7系、帰りは新潟発でE2系(それも1000番代)でした。東北新幹線にE5系が増えたため、E2系の1000番代も、上越新幹線に転属しています。

疲れたのと、会社から金一封が出たため、帰りの東海道新幹線はグリーン車に乗って帰りました。東京から岡山のような3時間以上乗るときは、差を感じます。

写真は高崎駅で買ったぐんまちゃんです。

2015/11/09

群馬にいます

2015年11月9日

なぜか今群馬におり、これを書いています。事の起こりは先週木曜日(11月5日)のことで、昔の同僚から携帯に電話がありました。引っ越しの挨拶状を送っているのでその話かと思ったら、「あまり良い話ではないんです。」という事から始まり、A部長に携帯の番号を教えて良いか、というので詳しく聞いたところ、去年4月に小生が引退前の仕事と思ってやった15年前の機械がトラブっているらしいのです。いやな予感はしたのですが、まあ教えて良いといったら、即A部長から電話がかかってきました。

A部長からの依頼は、群馬まで来てくれとのことでした。やっぱりね。引き継ぎが悪いと言ってしまえばそれまでなのですが、なまじトラブルのない機械を造ってしまうと、引き継ぐ方もどこからやって良いのかわからないんですね。そこで話を引き受け、群馬にいる元部下に電話をしてプログラムリストなどの資料を岡山まで送ってもらい、土曜日は考えられる原因の調査に充てました。

で、今朝8時の新幹線に乗り、4時間半かけて群馬に到着しました。着いて現場の話を詳しく聞いてみたら、当初の想定と異なった手順で作業をやったとのこと、これだと内部メモリーがクリアされないので、トラブルの原因になります。一応、その操作での対応も取っておきました。多分これでOKです。ただ一応生産時での確認を取るため、明日一日現場につきあいます。最初からそのつもりでホテルは二泊押さえていたのですが、11日は予定より早く帰れそうです。

一年以上ぶりにネクタイを締めましたが、会社の作業服も一年ぶりに着ました。まさかこんなことが起こるとは。ただどう見ても、もう一回はありそうです。今度は金沢を回って、北陸新幹線で来るかな。

2015/11/05

山陽本線の貨物列車

2015年11月5日

二重生活の解消に伴いあぶれてしまったものを粗大ゴミに出したため、部屋がずいぶん片付きました。そこで今日はカメラを引っ張り出し、貨物列車の撮影に行ってきました。場所は山陽本線の旭川の鉄橋です。Img_17831a


ここは一度下見に来たとき、南側にケーブルが張られているのがわかり、接近しては撮れないことがわかっています。ところがここをロングで撮った写真を目にし、離れて撮ったらケーブルが目立たないことがわかりました。そこで今日は離れての撮影です。Img_18001a


ちょうど通勤ラッシュが終わる頃、貨物列車が集中する時間帯があります。宅配便が集中するあたりです。特に早起きはしなかったので、現地に着いたのが9:30頃です。ところが偶然に、福山レールエクスプレス(55レ)に間に合いました。同じロゴのU51コンテナをフル積載した20両編成は、迫力があります。しかも速い!この列車は最高速度110km/hで、東京-大阪間(東京貨物ターミナル-吹田貨物ターミナル間)を7時間で走ります。かつてのブルートレインより速いくらいです。Img_18341a


その後EF210,EF200,EF66に、はては北陸の主のEF510まで現れました。富山のEF510は西岡山まで定期運用があるので、ここに通っていると、かつての「北斗星」牽引機の500番代も現れるかもしれません。

距離を取ったので機関車の番号までは読み取れない場所ですが、脚立など余計なものを持ってこなくても撮れるので、良い場所です。Img_18391a


2015/11/03

ひねる

2015年11月3日

今日は晴れの特異日です。東京だけでなく、岡山も良く晴れています。
さて、28年間住んでいた東京のアパートは、1987年(昭和62年)の新築でした。設備も、当時としては標準のものが付いており、洗面所、浴室、台所それぞれに赤と青のポッチが付いたノブ付きの混合水栓が付いていました。右と左のノブを適当に回して、湯温を調整するタイプですね。今でも、ビジネスホテルではよく見かけます。それとドアが、入口やトイレを含む各部屋のものすべてが丸いノブでした。すべて「ひねる」タイプです。おまけにガステーブルも、ひねって、一番端までひねると点火スイッチが入るタイプでした。

混合水栓でもこの二つのノブをひねるタイプは、パッキンの交換が容易です。28年も住んでいる間には、各蛇口(水を吐くのは竜で、その小さいものだから蛇と、誰が名付けたんだろう)平均3回は交換しています。

岡山のマンションは、建築時期が10年ほど後のせいか、それとも数年前にリフォームしてあるためか、はたまた賃貸と分譲の作りの違いなのか、ひねるものが全くありません。水回りはモノレバー、ドアもレバーで、ガステーブルは押し込み点火の水平火力調節です。あ、そう言えば、一つだけひねるタイプの蛇口がありました。洗濯機の給水口です。ただこれは常時開けっ放しなので、日頃「ひねる」動作をすることはありません。

歳を取って体力が衰えてくると握力も落ちてくるので、ひねる動作は苦手になります。そういう意味では、ひねる物がなくなった住処は、これから先に向いていることになります。ただパッキンが痛んだら、自分での交換は不可能ですね。

東京のアパートは、今頃リフォームに入っているはずです。「ひねる」蛇口は、どうなるのだろう。モノレバーかな。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ