« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015/10/31

ノートパソコンを処分

2015年10月31日

先日リナザウがゴミになりましたが、パソコンも拠点を統合したことと、リナザウのバックアップ用が不要になったので、処分することにしました。B4の富士通の業務用VISTAノートと、B5のASUSのXPノートです。事前に量販店の買い取り窓口に聞いたところ、XPはもう買い取り対象ではないが、有償で処分できるとのこと、1500円くらいと言うので、両方持って行くことにしました。

買い取り品はどちらもお店で初期化するとは言うものの、VISTAノートの方はXPにダウングレードするときの消去が不十分で、ノートンのアンチウイルスソフトがインストールできずにリモートでファイル消去をやってもらったことがあります。一応自分で、VISTAの方はマニュアル通りの初期化、XPの方は自分でインストールしたプログラムとデータを全部消去しておきました。処分する場合はHDDにドリルで穴を開けるそうですから、OKでしょう。

買い取り窓口で2台出したところ、「値段の付かないものは、お持ち帰り願っております。」とのこと、「1500円で処分できると聞いたけど。」と言うと、「以前は引き取っていましたが、もうやっていません。係員が間違ってご案内したんですね。では今回は特別にお引き取りします。」ということで、値段の査定になりました。

約30分待って(その間に、食事をしてきました)戻ってみると、VISTAの方も値段は付かないとのこと、2台とも買い取り価格0円で買い取ってもらうことになりました。

今回は「値段が付かなかったもの」との扱いで古本のような処理になりましたが、最初から処分と考えると、送料負担で引き取ってもらうのが一般的なようです。あるいは、値段が付くうちに早めに更新し、下取りに回すか、です。とは言うものの、タブレットは良いけど、デスクトップはどうしよう。「下取りキャンペーン」はあるけど、期間は今年の12月までだしなあ。

2015/10/30

リナザウが壊れた

2015年10月30日

引っ越してパソコンは問題なく、外付けのHDDもすべてOKだったのですが、ザウルスが壊れました。リナックスザウルス(SL-C3000)で、スリープからの起動に待ち時間が無いので、スケジュール帳として重宝していました。確か買ったのは、2002年か2003年です。2005年~2006年のぶどう膜炎での入院中は、これにPIHカードを差し込み、大活躍しました。

手持ちではなく箱詰めにしておき、そろそろバッテリーが心配になって電源を入れたら、充電ランプが点滅しています。マニュアルにこういう場合のリセット方法がいくつか書いてありましたが、そのすべてをやってみても、回復しません。梱包の仕方が悪かったのか、それとも寿命か、壊れてしまったようです。シャープの人に聞いてもザウルスという名前も知らない時代、今更修理でもないので、廃棄することにしました。

知らない間に岡山のゴミ事情が変わっており、こういう電子手帳のたぐいは、「小型家電品」として指定回収場所に持って行くことになっています。その指定回収場所は街の電気屋さんですが、これが近くにはありません。幸い小型の中でもさらに小型のものは、区役所に回収BOXがあるようで、印鑑登録をするついでにそこに持って行くことにしました。起動しないので内容の消去のしようも無く、一回バラしてHDDに傷を付け、それで組み立てました。まあOKでしょう。

代役のスケジュール帳は、数年前からスマホもどきのアンドロイドウォークマンが活躍しています。この手はバッテリーの交換ができないようなので、バッテリーの寿命が来たら本体も寿命でしょう。その頃、次のアンドロイドウォークマンはあるかな?無ければ、仕方なしにスマホです。

2015/10/26

引っ越し荷物、無事到着

2015年10月26日

東京から発送した引っ越し荷物は、無事到着しました。指定時刻の午後2時にまずク○ネコの担当者が現れ、入口と通路を養生、おそらくマンションの入口やエレベーターも、やっているはずです。それがすんで、「トラックまだなので、下で待ってます。」とエントランスに降りていきました。通路で見ていたら、JR貨物の標準コンテナを積んだトラックが到着、一旦通り過ぎて、左側面を入口に付けるためにUターンしてきます。

そうこうしているうちに、段ボールが到着。本当はタンスなどの大物から入れた方が良いのですが、コンテナに積むときに大物はどうしても奥になるので、小物から先に出てきます。しかし冷蔵庫や洗濯機といった設置に手間がかかる物がないので、2時間かからずに下ろし終えました。呼ばれて空車確認ならぬ空コンテナ確認に行きましたが、側面にもドアが付いた19Gコンテナでした。そう言えば遙か昔、北九州から咲いたままで引っ越したとき(1978年)はC20でしたね。

緊急の段ボールだけ先に取り出し、一服した後、小生はまずビデオのセッティングをします。こちらにすでにビデオはあるのですが、東京で録画していたものを見るために、再生専用機として繋ぎます。地デジのものと、アナログ時代のものとの2台。ところがHDMIケーブルの束ね方が悪かったのか、繋がりません。普通の3本線だと見えるので、HDDは大丈夫のようです。HDMIケーブルはちょっと強く曲げるとすぐに断線するので、梱包の仕方が悪かったのでしょう。テレビに3本線の端子は1組しかないので、アナログビデオは新しいHDMIケーブルを買ってくるまでお休みです。

それからパソコンのセッティング。まずLANケーブルは繋がずに外付けHDDやらプリンタやら繋いで、電源を入れます。すべてOK、輸送中の異常はありません。それからパスワードの書いてあるNTT西からの手紙を探し出し、LANケーブルを繋ぎます。ところが、あっさり繋がってしまいました。考えて見れば、ルーターを繋いだときにパスワードは入力しており、今回はルーターの下流だけですから、パスワードは要らないんですね。プロバイダの変更依頼をかけていますが、まだ間に合っていないので、メールの送信ポートNOを変更し、出来上がりです。で、これは東京で日頃使っていたデスクトップ機で書いています。NTTのフレッツマンションタイプは遅いと思っていたのですが、パソコンの差が大きいようです。

明日からは、山となっている段ボールと格闘します。

2015/10/25

循環器の検診

2015年10月25日

一昨日、心臓の検診を受けてきました。すでにすみかは引き払っているのでホテル住まい、診察後そのまま岡山に向かいます。そのため荷物が多く、まだ人が多い駅での乗換は一苦労です。その荷物をハートセンターまで持ち込むのも大変なので、駅のコインロッカーに放り込みました。300円を入れようと思ったら、なんと400円!都心部で値上がりしているのは知っていましたが、こんな外れでも値上がりしていました。

Hハートセンターに着いてすぐに心電図を撮ります。ところが荷物が重かったせいか動悸が激しく、1回撮り直しました。無料送迎バスに合わせたため予約時刻までにかなり時間があったのですが、そのために昨日「鉄道ファン」誌を仕入れています。荷物が重くなるはずだ(笑)。

診察の結果は、特に問題なし。心電図にも期外収縮の「どかん」が記録されていますが、それ以外の波形はきれいです。薬も変化無く、ベプリコールはそのままです。これから岡山に向かう話をしたところ、先生は永住するのか、ときいてきます。そうだと答え、これからしばらく岡山から通ってくると言ったら、「通うのが大変だと思ったら、いつでも言ってください。紹介状を書きます。」とのこと。どの病院が良いかという話になり、O大病院まで歩いて10分と言ったら、「あそこの循環器は、一流です。知り合いの先生もいるので、そこに書きます。」とのこと。再手術があるかもしれないと思ってしばらくHハートセンターにするつもりだったのですが、年が明けたら紹介状を書いてもらった方が良いかもしれません。

引っ越し荷物が届いて落ち着いたら、O大病院はまずは眼科から始めます。

2015/10/22

マリンシャトル

2015年10月22日

不動産屋さんの退去立ち会いは無事終了し、28年間住んだアパートに別れを告げました。かなり痛んでいますが、30年近くの分の劣化を、どのくらい見てくれるかです。どちらにしろ、インターホンも小生のところだけ「ピンポン」で、他の部屋は皆カメラ付きに変わっているように設備自体が陳腐化していますので、この後大がかりなリフォームになるでしょう。Dscn1407a


明日の心臓の検診までまだ東京近くにいなければいけないので、午後がぽっかり暇になりました。電車とバスの博物館は来年の春まで工事中だし、ランドマークタワーに上がって横浜の街でも見てみようと思い、桜木町の駅を降りたところでふと思い立ちました。「横浜港の遊覧船に乗ってみよう。」昼食後歩いてパシフィコ横浜の先にある観光船乗り場に行ったところ、15分前に出たばかりで、次が16時過ぎです。案内で聞いたところ、山下公園の方が頻繁に出ています。そこでみなとみらい線に乗り、元町中華街から山下公園へ。13時30分の便に間に合いました。Dscn1413a


マリンシャトルという船ですが、造りは景色を眺めながら飲み食いするようになっています。そのためデッキもオープンではなくアクリルに覆われているので、最前部の客室に行きました。ちょうど最前部の席(横向き)が空いていたので、そこに陣取り、横浜ベイブリッジ、鶴見つばさ橋、大黒大橋の3つをくぐるクルーズを楽しんできました。

明日は少し早起きです。

10/24追記。写真を追加しました。ガラス越しなので、汚れや映り込みがあります。

2015/10/21

荷物の運び出し終了

2015年10月21日

今日荷物の運び出しが終了し、光ファイバの取り外し工事も終わりました。高校以来、結婚も含め2,3年に一度引っ越していたのですが、少し(10年くらい)落ち着こうとかみさんと話したのが1987年。それからバブルが起こってはじけてIFNに急性網膜壊死といろいろあり、10年どころか28年も住んでしまいました。その間にアパートの他の部屋は何回かリフォームされているため、新築時の状態をとどめているのは小生のところだけになりました。明日の不動産屋(管理会社も兼務)の立ち会いで、担当者がどんな反応をするかが楽しみです。

荷物をかなり減らしたと言っても、一世帯が引っ越すとなると、荷物の運び出しも大変ですね。朝9時から始めて、11時半までかかりました。小物はすべてまとめていたので、早い方かもしれません。エアコン(2台)、冷蔵庫、洗濯機、それにハイベッドは持って行かずに処分ですが、処分する物もトラックに一緒に積み込むので、積み込みの手間は同じです。

岡山までの輸送は、JRコンテナにしました。速達性は無いですが、安いです。見積もりの時に担当者が「電車の方が安いですよ。」と言っていたのの意味がわからず、しばらく話していてJRのコンテナのことだと、やっとわかりました。貨物電車でコンテナを運ぶのは佐川急便だけで、ク○ネコは機関車が引っ張る貨物列車です。昔九州から埼玉に引っ越すときは日通扱いの国鉄コンテナで、アパートの前にコンテナを横付けして直接積み込みました。今回もJRかク○ネコのコンテナが来ることを期待したのですが、来たのは普通の4t車でした。

2015/10/19

電子レンジの周波数変更

2015年10月19日

今度の引っ越し先は岡山ですが、昔だったら、周波数変更の手間がいろいろかかるところでした。しかし最近のものは、小型のものはDC駆動、大型のものはインバータ制御になっており、ほとんどのものがそのまま使えます。

それで調べて、面白いことがわかったのが洗濯機です。昔の2槽式の時代、周波数に関係なく使えました。60Hzになると回転数が高くなり、脱水槽の停止時間が長くなりますが、洗濯や脱水能力は回転数の低い方(50Hz)、ブレーキ能力は高い方(60Hz)で設計しておけば、両用で使えます。まあ使い方も使う人が適当にタイマーを設定していたので、多少の能力の大小は、問題になりません。

これが1槽式の自動運転になると、50Hzまたは60Hzの専用になりました。周波数をまたいだ引っ越しの時には、プーリー交換が必要になります。実は小生のところにある洗濯機もこのタイプで、古いために交換部品もなく、荷物運び出しの時に処分します。これがもう少し立つと、同じ1槽式でもインバータ制御になり、また周波数は両用になります。岡山で使っているドラム式は、仙台で買って岡山に引っ越しました。

現在売られている電子レンジは、インバーター式の周波数両用型と、インバーターのない専用型との、両方があります。これはあまり意識せずに買ってしまい、仙台で買ったのは両用型でそのまま岡山で使っていますが、東京で最近買った物は、50Hz専用型でした。これは引っ越しの時は、部品代は無料で周波数変更してもらえます。そのため、買った店であるヨ○バシカメラに行ってきました。ヨ○バシカメラは西日本に店舗がほとんど無く、大阪の先は博多です。そのためこちらで変更を頼もうと思ったのですが、結果は不可でした。持ち込み修理は店頭渡し、引き取り修理は引き取った場所への返却のみとなっており、修理後配送というサービスはないのです。

そこでどうすれば良いのか調べてもらったところ、元々電子レンジは出張修理の対応品なので、岡山からヨ○バシカメラのコールセンターに電話すれば、最寄りの(岡山、福山、広島のどこか)シャープの営業所から係員が出張してくるのだそうです。買ったときには「お届けしますか?」と聞かれもせずに持ち帰り用の荷造り(ひもをかけて、持ち手を付ける)をされましたから、まさか出張修理の対象とは、思いもしませんでした。出張修理は出張費を取られますが、さほどのことはないでしょう。事前に電話で確認すればいく手間は省けましたが、調べてもらうのになんだかんだで30分近くかかりましたから、電話で確認できたかどうかはわかりません。引っ越し荷物が一つ増えましたが、今更一つ増えたところで、大勢に影響はありません。

2015/10/18

Windows10

2015年10月18日

小生のパソコン、Windows7なのですが、そろそろ更新を考える時期に来ています。今のパソコンを買ったのが2010年8月なのでまだ5年なのですが、いろいろ不具合が目立ちだしてきました。キーボードはあちこち(特に左側)動作しなくなってしまい、純正は高いので、安物の有線キーボードを買って取り付けています。

久しぶりにパソコン売り場を覗いたら、もうWindow10内蔵のパソコンが並び始めていました。XPは名作だったためXPからの移行はずいぶん時間がかかったのですが、7だとすんなり10に置き換わるようです。

さてそのWindows10ですが、使っている周辺機器が対応しているか調べたところ、エプソンのプリンタ(複合機)はOKだったものの、最近はもっぱらネガスキャンに使っているキャノンのスキャナや、バッファロー、アイオーデータの外付けHDDが全滅です。小生はパソコンのデータを引っ越すときは、一旦外付けHDDに全部移して、そこから新しいパソコンに移す方式を取っているのですが、これはまず10対応のHDDを買わなければいけません。それも、ミラーリング対応のものを。

そうなると、更新時期は早くて来年、頑張って再来年でしょうね。ただし今のパソコンにはBSチューナーは付いておらず、岡山の環境は部屋までBS端子が来ていますから、自分でBSを録画したくなったら早めに更新するかもしれません。

小生のパソコンはWindows95から始まり、95がもう1回、それからXP、7と来ています。95がほとんど最終モデル(NECのPC-9821の最終モデル)だったので、そこからXPまで飛びました。今度が10として、その次の更新時期は73,4才の時期となるので、今度の更新がおそらく最後でしょう。73,4の時期には、パソコンが現在のガラケーと同じになっているか、プロ専用モデルだけが残っている状態かもしれません。今度の更新が、選択肢が多い最後になるでしょう。

2015/10/17

忙中閑あり

2015年10月17日

引っ越しまであと4日、というところでかなり忙しい毎日のはずなのですが、引っ越しの前日、もしくは前々日でないと手が付けられないことも多く(例えば、パソコンのばらし)、ぽっかり暇になりました。そこで、東京でないと行けないところ、地下鉄博物館に行ってきました。15101702a


場所は地下鉄東西線の葛西、高架のガード下です。ここは地下鉄が地上を走っている区間で、西葛西から浦安にかけてはずっと高架です。そして葛西の駅は快速の追い抜き線があるので、高架が広くなっています。その下には、博物館くらいすっぽり収まるわけです。15101703a


実物は、銀座線の1001と丸ノ内線の301、この301には、現役時代に乗ったことがあります。小生の学生時代は、営団地下鉄(当時)の車両はまだ1両の廃車もなく全車健在で、100型も1000型も、乗ったことがあります。ただ1001に乗ったかどうかの記憶はありません。

地下鉄博物館内には図書室があり、各線の建設記録が置いてあります。これも面白かったです。

2015/10/12

本の整理

2015年10月12日

今日が体育の日らしいです。小生たちの世代にとっては、体育の日と言えば10月10日、1964年の東京オリンピック開会式の日です。この時小生は高校1年で熊本在住。当然開会式はテレビですが、凡太郎氏に誘われて、新聞社前に置かれている街頭カラーテレビを見に行きました。当時はカラー放送は始まっていましたがまだ家庭にはそれほど普及しておらず、こういうテレビが繁華街に置いてあったのです。最近の何とかビジョンの走りですね。この時の映像では、青空にブルーインパルスのジェット戦闘機が描いた5つの輪が、印象に残っています。

閑話休題。引っ越しの荷造りを本格的に始めました。本棚の下の大判の本から入れ始めていますが、長いこと出していない本は、埃がひどいです。そんなに埃がひどくなるほど見ない本なら処分したら、ということになりますが、やっぱり処分するには忍びない本も多いんですね。例えば、こんな写真集とか。15101201a


もう1回○ックオフに本を持って行くつもりですが、残す本も多いですね。

交友社の本はまだ入手が可能ですが、斎藤晃氏の蒸気機関車に関する著作などはすでに絶版になっており、入手困難で古本市場ではかなりの高値が付いているようです。こういう本は老後の楽しみでゆっくり読もうと思っていますから、まだ取っておきます。しかし歳を取ると、緑内障やら黄斑変性やら、本が読めなくなるような病気が一杯ありますから、早めに読んだ方が良いかもしれません。すでに老後ですから。

2015/10/10

700系とN700系

2015年10月10日

このところの岡山への往復は、「のぞみ」と「ひかり」を半々に使っています。「のぞみ」はジパング割引が効かないので時間に余裕があるときは「ひかり」を使うのですが、新幹線用のe特急券(ネット購入)は直前まで無料で列車の変更ができるので、移動日に他の用事が重なるときは、ついつい「のぞみ」になってしまいます。現在定期の「のぞみ」はN700系で、「ひかり」は新大阪行きはほぼN700系、岡山行きはほとんど700系となっています。この700系とN700系、走行性能が異なるために揺れの癖などは違うのですが、車内の座席配置などは全く同一になっているため、代走が可能です。

車内設備の違いは、たくさんあります。N700系は全車禁煙のため喫煙室区画がある(そのため、何かが減っているはずです)、窓側にコンセントがある、11号車の車いす対応トイレが、電動車いす対応になっている、などです。ところが、今まで気がつかなかった違いがありました。

小生は指定席を買うのはほぼ一週間前ですが、そのせいか、11号車にあたる確率が高いです。この11号車はトイレが車いす対応になっているため、男子小便所がありません。そのため、トイレが混むのです。上りで新横浜の到着間際にトイレに行くときは混んでいるため、よく13号車のトイレを使っていました。先日久しぶりに700系に乗ったとき、この時も11号車だったのですが、トイレに行ったら男子小便所がありました。後で調べてみたら、700系は全奇数号車のトイレに男子小便所が併設されているのに、N700系は11号車だけ無いのです。どうやら車いす用トイレを電動車いす対応に大きくしたとき、男子小便所を廃止してしまったようなのです。

ついでに調べたところ、JR東はE5系もE7系も、すべてのトイレに男子小便所は併設してあります。すると、何でN700系だけ、ということになります。今度投書してみるかな。

2015/10/06

眼科も紹介状

2015年10月6日

順序が逆になってしまいましたが、先日(9月25日)眼科に行ってきました。コンタクトがまた欠けたので、破片が目の中に残っていないか、見てもらうためです。こちらの結果は異常なし、他も特に問題はありません。

前回ここに来たときに先生には岡山に行くことは言ってあり、大学でばりばりやったあと開業した人を紹介する、ということでした。先生は、J医大の出身です。その紹介状を依頼しようと思ったらもうできあがっており、宛は何とO大学病院でした。いろいろあるので、一応経験のある大きな病院に見てもらい、そこでなにも大学病院に通うこともないということだったら、近くの開業医を紹介してもらったら、ということでした。O大学からも、桐沢型ぶどう膜炎に関する論文は出ているそうです。

以前大きな病院の眼科の看護師さん(それもかなりのベテラン)と話したとき、桐沢型ぶどう膜炎の名前を知らずに、驚いたことがあります。そこの眼科では、ほとんど白内障だけだそうです。実は岡山には、もう一つK医大というのがあって、桐沢型はここに京大から専門の先生が移り、実績もあるようです。ところがここは意外と白内障手術の実績が少なく、この次は白内障の手術だと思っていた小生には、K医大よりO大学の方が良いと思っていました。

その後近くの眼科開業医を紹介してもらう段になったとき、一番近いのはO大学病院(歩いてすぐ)なのですが、どうなるんだろう。

2015/10/02

最後のTの門

2015年10月2日

肝臓の検診に行ってきました。3回目のIFN、ペグ+リバが終わったのが2005年8月ですから、治療終了後ちょうど10年になります。
爆弾低気圧の風も家を出る頃には収まり、雨もあがりました。電車もほぼ定刻です。病院に着いて再来受付機にカードを入れたら、受付番号ちょうど100番、頭の中で華やかに鐘が鳴り出しましたが、そこは無視して診察室の前へ。予約時刻から20分ほど遅れて呼ばれました。Y先生、休養を取られているという噂もありましたが、いつも通りです。

前回の血液検査の結果は、GOT=14,GPT=8,HBV,HCVともに検出せず。HBs抗体は、273あります。このHBs抗体について聞いてみたのですが、一度できた抗体は消えることはないとのこと。逆に言うと、HBV遺伝子は肝臓の中に居座っているという証拠でしょう。

最近は肝臓より腎臓の方が問題になっていますが、やはり若干悪化し、eGFRは3月の62.4が今回は56.4まで下がっていました。ただこのくらいなら、あんまり気にすることはないとのこと、塩分制限を続けます。それ以外はすべて標準値内、総コレステロールも191です。まあ体脂肪率が14%くらいですので、コレステロールはまだ気にするレベルではないでしょう。151002011b


前回Y先生にO大学病院への紹介状をお願いしており、このあたりはきっちりしているY先生、忘れることもなく、できあがっていました。T病院は、これで最後になります。最初の受診は1993年ですから、22年間通ったことになります。その間にIFNが3回、著効になったのは最後の3回目ですから、それまでは無理にIFNはやらずにペグが出るまで待つという手もあったかもしれません。しかしそれまでIFNを続けて肝臓の悪化を防いでいたからこそペグが効いたという考え方もあり、やはり1993年時点でIFNを打てる環境に(具体的には、東京に)いたのも、幸運と言えるでしょう。その時熊本の片田舎にいたら、どうなっていたかわかりません。

と言うことで、写真はT病院の卒業証書です。美人のY先生を見られなくなるのは、残念だなあ(笑)。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ