« 不在配達の保管期間 | トップページ | マエストロ・ブロムシュテット »

2015/09/16

フレッツひかり顛末記・無線LAN

2015年9月16日

先月、フレッツひかりはパソコンとWindowsタブレットの設定は終わりましたが、スマホ「もどき」のアンドロイドウォークマンの設定は、時間切れでした。今回早速取りかかりました。元々東京の自宅でWi-Fiを使っているので、岡山ではネットワークの追加だけです。ウォークマンの設定ページで、すでに部屋のルーターが見えています。どうやらウォークマンの対応は2.5GHzだけのようですが、あとはパスワード(暗号化キー)を入力するだけです。暗号化キーはルーターの側面に書いてあるので、それを入力すればOK、と入力しましたが、「保存しました」と出るだけで、「接続しました」が出ません。1回ウォークマンの電源を切って立ち上げ直しても、同じです。

暗号化キーが変わっている可能性もあるので、WEBからのセットアップページを見てみることにしました。東京のは機種が古く、WEB.SETUPですが、こちらのはaterm.meです。ところが入力しても、
「このサイトは、インターネット上のサーバーです。(「クイック設定Web」ではありません)
お客様のネットワーク環境で「クイック設定Web」にアクセスするには、Aterm製品のLAN側IPアドレスを直接入力していただく必要があります。」
と、なにがなにやら、わからない文章が出てきます。おまけに、
「LAN側IPアドレスが分からない場合には、製品に付属の取扱説明書に記載されておりますので、そちらをご確認ください。」
と書いてありますが、取扱説明書にLAN側のIPアドレスなど、書いてありません。サポートページにはたどり着け、そこで見ても、該当するような項目はありません。一つ気になったのが、「プロバイダの設定ツールを使用して設定すると、アクセスできなくなることがあります。」という記載です。パソコンの有線LANは、NTTからもらった「かんたん設定ツール」なるものを使って設定してあります。そこで、今度はタブレットの無線LANを使って確認することにしました。

タブレットはWindows8なので、前回は押しボタン一つで設定し、繋がっています。今回立ち上げてみると、あれ、IEがエラーになる。無線は自動接続ではなかったかと思って接続したらなんと「接続できません」。そこでルーターを初期化しようとリセットボタンを爪楊枝で押してみましたが、いくら押してもうんともすんとも、実際はPOWERランプが赤の点滅に変わるはずなのですが、全く変化しません。そこでルーターの電源を一旦切り、立ち上げ直したところ、タブレットの無線LAN設定ページで見えているルーターの5GHzの分が、パスワードを要求してきました。しめしめと思って入力しても、また「接続できません」。今回は「ボタンを押しても接続できます。」とあったのでルーターのボタンを押したら、やっと接続できました。そしてaterm.meを入力したら、今度はクイック設定WEBに接続できました。無線LANからも入れるのですね。

そこで確認したところ、暗号化キーは変わっていません。ただプライマリだけでセカンダリを使用していなかったので、セカンダリも使用可能にしました。セカンダリは暗号レベルを落とせるので、場合によってはこちらが使えます。ルーターの設定を変更すると、ルーターの再起動になります。そして再起動をかけて無線LANが使用可能になったら、いつの間にかウォークマンも無線LANに繋がっていました。「保存しました」が生きたのです。

いったい何が原因なのか、要するにルーターを再起動させたら治ったようなのですが、全く不明です。とりあえず繋がったので、良しとしておきます。

« 不在配達の保管期間 | トップページ | マエストロ・ブロムシュテット »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フレッツひかり顛末記・無線LAN:

« 不在配達の保管期間 | トップページ | マエストロ・ブロムシュテット »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ