« レノボの組み込みソフト | トップページ | フレッツ光顛末記 »

2015/08/23

重いレンズ

2015年8月23日

小生は一眼デジカメを使い始めてずっと、ひたすら軽いカメラを選んできました。は重くないと、ミラーぶれが吸収できない、と言う人もいます。また、フルサイズの邦画が質は良いに決まっています。しかし、リュックを背負って急ぎ足で歩いたら心房細動が起こったこともあるのですから、画質よりもまず身体、です。それに小生は、写真は1足(場所)、2腕(構図)で、3番目が機材、と思っていますから、フットワークが最優先します。Img_68091a


小生が前に使っていたCANONのEOS Kiss X5は、本体重量が515gです。ちなみに同じCANONNでも、EOS5Dは本体だけで860gあります。これに200gのEF-S18-55mmISを付け、それに55-250mmの交換レンズ(350g)を持っても、1Kgをちょっと越えるくらいです(ケースを除く)。これだけ持って、4月にはAと一緒に山登りをしたこともあります。車で上れるところまで登って、そこから山道を歩いて、右のような写真を撮るためです。ちなみにAはニコンのフルサイズ2台持ち+三脚、重量は5kg近くあるでしょう。

カテーテルアブレーションが終わって身体が動くようになった頃、EOS8000Dを買いました。これも本体は520gで、軽量の初心は貫いています。ところが付属の18-135mmが480g、55mmの倍以上の重さがあります。確かに最初にKissX2を買うとき広範囲をカバーできるズームもあったのですが、店員さんから「こんな重いレンズ、普段使いには使えませんよ。」と言われたことがあります。何年か経って、「こんな重いレンズ」を普段使いに使うようになってしまいました(笑)。いや、カテーテルアブレーション様々です。EOS8000Dは、18-55mmと55-250mmのダブルズームキットと、18-135mmのキットが同じ値段だったのですが、それぞれのキットの合計重量はほぼ同じです。まさかカメラもkgいくら、ではないですよね。

日頃は135mmまででほとんどカバーできるため、持ち歩く重量は以前と変わっていないのですが、性懲りも無く望遠系も買い換えてしまいました。EF-70-300mm 1:4-5.6 IS USM で、630gあります。以前の望遠のほぼ倍の重さですね。そろそろもっと軽いミラーレスに変えようかと思っていたところ、逆行しています。あと何年持って歩けるかな。

« レノボの組み込みソフト | トップページ | フレッツ光顛末記 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重いレンズ:

« レノボの組み込みソフト | トップページ | フレッツ光顛末記 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ