« 瀬戸大橋を撮ってみたが | トップページ | 北斗星 »

2015/07/24

不整脈の薬が減った

2015年7月24日

3ヶ月に1回の、心臓の定期検診に行ってきました。久しぶりに、早起きです。緊張すると目覚ましより早く起きるので、5時に目が覚め、結局そのままです。2回乗り換えて最後は送迎バス、予定通りの到着ですが、家を出てから2時間ちょっと、やはり遠い。

診察の前に心電図を撮りますが、今回は珍しく、心電図を撮っている最中に「どかん」という期外収縮が起きました。そのため検査の方から、「脈飛んでいるの、わかります?」と聞かれました。脈が飛んでいるどころか、心臓の鼓動をはっきり感じます。僧帽弁閉塞不全は期外収縮が出やすいとは言うものの、やはり5時起きが影響したかな?

診察ではこの期外収縮は、自分で不快と感じていないので特に問題にはされず、逆に今までシベノールとベプリコールの2つを飲んでいたものが、シベノールが終了になりました。薬は徐々に止める方向に持って行きたいそうです。

次回は10月、次回は岡山から直接行く可能性があるので、午前中の遅い時間にしてもらいました。岡山を始発に乗れば、間に合います。この話をしているときに、何で岡山だという話になり、小生の出身地は熊本だといったら、S先生は何と宮﨑の都城の出身だそうです。連れ合いが九州出身でないと九州に住むのは無理だと(小生のカミさんは東京の、先生の奥方は長野の出身)、妙なところで意気投合しました。

« 瀬戸大橋を撮ってみたが | トップページ | 北斗星 »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

通院、お疲れ様でした。
不整脈のお薬が減らせて、良かったですね。
薬は少ないに限りますよ。

ところで、何で岡山なんですか?
私も不思議です。

yokobueさん、ありがとうございます。

副作用を感じない薬でしたが、やはり薬は少ないに限ります。

岡山ですが、季候がよく、災害が少なく、車無しで生活できて、などいろんな条件で消去法で残ったのが、岡山でした。結果として、双方の実家のお墓の中間地点になります。またおまけとして、医療環境はかなり良いですね。

小生は熊本生まれ、カミさんは東京生まれで、新婚時代は北九州。岡山は縁が無いところです。ただ二男が岡大の大学院を出たので、地元の人にはそれを言うと、すぐに納得します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/61948956

この記事へのトラックバック一覧です: 不整脈の薬が減った:

« 瀬戸大橋を撮ってみたが | トップページ | 北斗星 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ