« カメラがノートパソコンに化けた | トップページ | Windowsタブレット顛末記(2) »

2015/03/04

Windowsタブレット顛末記(1)

2015年3月4日

やっとWindowタブレットの設定が終わりました。かかりっきりではなかったと言うものの5日がかり、かなり手強い代物でした。以下その顛末を、、。

拠点を岡山に移した後も、東京には少なくとも数ヶ月に1回は来そうである。そう考えると(気が早いが)、簡単に持ち歩けるタブレットが欲しくなった。大学時代のクラブのOB会の会合で、一つ下の後輩にi-PADを見せられ、その使い勝手が良さそうだったこともある。とは言うものの、アップルの製品は修理がきかないと言って良く、また現在使っているスマホもどき(ウォークマンZ)の予定表を連動させるには、アンドロイドの方が良い。そこでアンドロイドの端末を眺めていろいろ聞いてみたら、アンドロイドでG-MAIL以外のメールを使うのは、止めた方が良いという。小生はG-MAILのアドレスを持っているが、これはあくまでも予定表にアクセスするだけのもの。メインはniftyである。これが使えないと、使い勝手が悪い。

2月28日
アンドロイドタブレットもいまいちだなあと思いながら調べてみたら、ASUSに50K代でキーボードが分離できるWindowsタブレットがあることがわかった。ヨ○バシカメラに日参するような感じだったが、再度売り場を眺めてみたら、ASUSはモデルチェンジして何と70K代、円安の影響にしても、上がり方が激しい。代わりにlenovoの、キーボード分離型Windowsタブレットが55Kで売ってあるのを見つけ、ほとんど衝動的に買ってしまった。YOGAタブレットというものである。

3月1日
昨日はセッティングには取りかかれず、今日から開始する。ところが小生の手持ち品をいろいろ見てみたら、Windows8.1に対応した物が何もない。外付けのDVDドライブも対応しておらず、結局新しい外付けDVDドライブ、USBのミニとの変換ケーブル、USBメモリー、ウイルス対策ソフトなどを買ってきた。まさに日参である(^_^;。

セッティングの最初に単体のパスワードを入れるが、次にマイクロソフトアカウントのパスワードを要求される。ところがこれがメールアドレスを入れてパスワードを入れると、「メールアドレスにセキュリティコードを送ったから、それを入力しろ」と来た。これはこのタブレットが2台目と決めてかかっている対応で、台目だったらどうしようもないだろう。

無線LANの設定は、比較的簡単だった。ただカミさんがいないのを良いことに携帯用のWiMAXを使ってコタツで設定していたら、その場所は電波状態が良くなく、いつの間にか切れている。翌日からだが、光ファイバのルーターに付いている無線LANに切り替えた。

なんだかんだでマイクロソフトアカウントまではOK、内蔵されているofficeをインストールする。付属品にCD-ROMケースのようなものがあったが、中身はアクセスキーだけで、ソフトは内蔵であった。ところがアクセスキーを入力する段になって、タブレット単体ではタッチキーボードを使うが、これがi-Phoneと同じでCapsロックが効かない事がわかった。大文字だらけのアクセスキーに四苦八苦しながらやっとインストールしたが、デスクトップにもタイルにもofficeがない。スタートメニューを発見してプログラム一覧を出したらちゃんと入っており、新しいofficeはショートカットは自分では作らないらしいことがわかった。

本当はもっと早くやるべきだったのだが、キーボードを繋ぐ。ところがこれも、説明書通りには行かない。キーボードのスイッチを入れてしばらくするとLEDの点滅が止まると書いてあるが、止まらない。本体の設定も、説明書と本体が合わない。触っていたら偶然「キーボード」というところを見つけ、触ったらキーボードの型番が出てきて、それを触ったらBluetoothの接続もできた。やれやれ。

次にウイルス対策ソフトを入れようと思い、外付けDVDドライブを繋ぐ。ところがCD-ROMはまだ入れていないのにアクセスランプが点滅しっ放しで、消えない。ネットで「タブレットはDVDドライブに電力供給する能力がない」とか書いてあったことを思い出し、5Vのアダプタを繋ぐ。純正ではなくザウルスのものだが、電圧と容量さえ合えば使える。DVDドライブを自動で認識してくれ、サポートソフトをインストールしようと思ったが、これがなぜかものすごく時間がかかる。このYOGAタブレットはUSBポートが一つしかなく、USB給電なので何かを繋いでいると、バッテリー駆動になる。ソフトのインストールが終わらないのにバッテリー残量がどんどん減り、結局タスクマネージャを立ち上げて(ここの操作は、8.1も同じだった)インストールを強制終了させ、シャットダウンして一晩充電することにした。

3月2日
朝見てみると、給電ケーブルを繋いでいたはずなのに、バッテリー残量が0である。はっと気がついた。YOGAタブレットにはUSBケーブルが2本付属しているが、細い方と太い方がある。昨日は細い方を繋いだが、これではインピーダンスが大きすぎたのかもしれない。太い方を繋ぎ直したら、やっと充電が始まった。なおマニュアルには、「キーボードの充電には細い方を使え」と書いてあるが、本体は細い方では充電できないとは書いてない。

やれやれと思っていたら、いきなりシャットダウンしてしまった。そして起動をかけると、起動に失敗する。どうやら昨日のインストール中断が、悪さをしているようだ。対策を見たら、「リフレッシュ」と「初期化」とがあり、まず軽い方のリフレッシュを行う。リフレッシュはうまくいき、無事起動、無線LANも復活する。ところが、今度はキーボードを認識しない。Bluetoothの設定があったので接続先の検索をかけるが、捜査しているだけで、キーボードを探せない。やむなくlenovoのコールセンターに電話をすることにした。

lenovoのコールセンターには、思いの外早く繋がった。症状を話すと、一度初期化をやれ、と言う。そしてそれでも治らなかったら、ハードの故障の可能性があるので、メーカー返却の修理になるという。買った店を言ったら、新品と交換の可能性もあるとのこと。なにやらいやな予感がしたものの、一度初期化。案の定、キーボードを認識できない。返品交換の可能性を考え、付属品を全部そろえて箱に詰めて、ヨ○バシカメラに持って行くことになった。まさに、日参だ。

(つづく)

« カメラがノートパソコンに化けた | トップページ | Windowsタブレット顛末記(2) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windowsタブレット顛末記(1):

« カメラがノートパソコンに化けた | トップページ | Windowsタブレット顛末記(2) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ