« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015/03/30

富士山がきれいに見えております

2015年3月30日

岡山へ往復することが多いので、節約のためにジパングクラブの割引を利用し、そのため行きか帰りのどちらかは「ひかり」を使っています。これは「のぞみ」はジパングの割引がきかないためで、同様に外国人旅行者のための「ジャパンレールパス」も「のぞみ」は使えません。JR東海が勝手に制限しているのですが、日本からのヨーロッパ旅行者向けの「ユーレイルパス」は制限無しに乗れるのに、JR東海が勝手に制限しては、本当は国際問題になるところです。

この制限のためか、ビジネスマンの多い平日の「のぞみ」と比べ、「ひかり」は外国人旅行者が多いようです。

今日はよい天気で、富士山がきれいに見えました。すると新富士のちょっと手前で、「進行方向右手に、富士山がきれいに見えております。」というアナウンスが、日英、二カ国語でありました。当然テープではなく、生です。ひかり475号でしたが、粋な車掌さんでした。Dscn1217a


富士山がきれいに見えるというアナウンスは、飛行機では良く耳にしますが、JRではなかなかありません。一度東北新幹線の大宮-上野間で6月に「この時期には珍しく富士山が見えております。」というアナウンスをきいたことがあるくらいです。ましてJRで英語の生のアナウンスをきくのは、初めてでした。

2015/03/28

花粉症+ものもらい

2015年3月28日

花粉症で目がかゆい毎日が続いているのですが、ここ数日朝から目やにがひどく、また時々目頭の方に痛みがあるので、眼科に行ってきました。

土曜日なので混んでると思ったのですが、意外と空いています。4月、それも中旬を過ぎると猛烈に混み出すのですが、まだ会社や学校の身体検査は行われていないので、今の時期は空いているようです。

診察してもらった結果は、何と「ものもらい」ができていました。目がかゆいのでこすって、その時に雑菌が入ったようです。気をつけてはいるのですが、寝ているときに無意識にこすった可能性もあります。殺菌剤の「クラビット」が出ました。

これで「クラビット」と、花粉症用の「パタノール」の2種類の目薬をさすようになったのですが、この2つはどちらもさらさらなので、目薬をさす順序はどうでも良いそうです。ただランダムにさしていると、5分間を開けているときにどちらをさしたのかわからなくなりますので、自分なりにクラビットを先にするようにしています。

2015/03/25

WindowsタブレットのBluetoothマウス

2015年3月25日

先日買ったWindowsタブレットにはBluetoothのキーボードが付いていますが、そのキーボードのタッチパッドの操作性がどうにも悪く、マウスが付けられないかと探してみました。USBポートに余裕があれば普通の有線マウスが使えるのですが、USBポートは充電にも使うため、有線マウスは充電しながらでは使えません。本体はBluetooth4.0を装備しているため、BluetoothキーボードとBluetoothマウスの併用は、理論的には可能なはずです。ただネットのレビューを見てみると、「キーボードとの排他使用になった」とか、「人柱のつもりでやってみたら?」とか、恐ろしいことが書いてあります。まあ安いマウスなら無駄にしてもそんなに腹は痛まないので、買って試してみることにしました。

ヨ○バシカメラのマウス売り場で「無線マウス」というのを見てみると、どうも違うようです。そこで係の人に聞いてみたら、無線マウスとBluetoothマウスはまるで別物で、Bluetoothマウスは「無線マウス」の逆の位置にちゃんと「Bluetoothマウス」と書いて置いてありました。

見てみたところBluetooth4.0のものはなく(すべて3.0)、その中でon-offのスイッチが付いていてペアリングが楽そうで、なおかつ安いDigio2の物を買ってきました。メーカー名を見たら、アルバムで有名なナカバヤシでした。

家に帰ってセッティングをするときは、ペアリングしているので影響は出ないと思いますが、一応デスクトップパソコンのBluetoothマウスのスイッチは切っておきました。そして本体のBluetoothアイコンをクリック、機器探査モードになったところでマウスの電源をonし、接続スイッチも長押し。これでぱっとマウスが表示されます。そして接続にすると、1回目はなぜか失敗、2回目にパスワードを聞いてきたのでここは無しで次へ。それだけで簡単にペアリングができました。

一太郎で試してみましたが、マウスもキーボードも、どちらも使用可能です。ただメールの捜査中にジャストシステムのアップデートを受信し、それを消したらなぜかマウスのポインタも一緒に消えてしまいました。その後はどうやってもポインタは出てこず、仕方なしに再起動して、やっと出てきました。

ともかく、パソコンモードでの操作はずいぶん楽になりました。外出先ではタブレットモードで使おうと思っていますが、まだその機会はありません。

2015/03/24

スカイツリーに行ってきました

2015年3月24日

東京にいる期間もあと半年くらいになり、天気も良かったので、スカイツリーに出かけてきました。まだ行ってなかったのです(^_^;。春休みになって小中学生が増える寸前です。

コースは半蔵門線の押し上げから、駅からそのまま東京ソラマチに入れます。着いたのはお昼のちょっと前だったので、まずフードコートで腹ごしらえ。ヴィド○ランスに入ったら、星形のピザがありました。ソラマチ限定品だそうです。15032402a


当日券の売り場は、少なくなったと言っても長い行列です。最後尾の表示はチケット購入までに80分待ち、当日買えるようになっただけでも、ずいぶん楽になりました。何となく動いては止まりをしながら、約1時間でチケットが買えました。

600m/分という高速エレベータで、350mの展望台まで一気に上がります。普通の展望台でも東京タワーより高いのですから、やはり高いです。今日は天気が良く、眺望は最高です。昔東京タワーから眺めたときに比べて、東京は高層ビルが増えました。東京駅は、見えません。また西の方は雲が出ているので、富士山も見えません。15032413a


スカイツリーは押上駅の隣にあり、このあたりは東武、京成と線路が集まっているので、電車がよく見えます。200mm~300mmくらいのレンズを持ってくれば、かなり面白い写真が撮れるでしょう。

郵政博物館によって、その後すみだ茶屋で一服、のんびり遊んで帰りました。

2015/03/22

引っ越し作業と心房細動

2015年3月22日

先日、岡山の第2拠点を移動しました。同じ市内での引っ越しですが、下宿の引っ越しと違って一応「一家」での引っ越しですから、引っ越し業者を頼んでの引っ越しとなりました。朝からカーテンを全部取り外しますが、レースと厚手と2重にしているので、結構な作業量になります。椅子に上がって手を伸ばして、別の手ではカーテンを支えているので、思ったより重労働です。以前の状態だったら、確実に心房細動が起こっているところでした。カテーテルアブレーションの効果絶大というところです。

このカーテン、仙台でそろえたものですが、岡山に引っ越すときにそのまま全部収まりました。さすがに今回は寸法の合わないものが出てきて、数組買い直さなければいけないようです。3回の引っ越しが1回の火事に相当するくらい財産が減るそうですが、確かに余計な費用がいっぱい出ます。

その引っ越し先、フレッツ光の配線が元までは来ているのですが、それから先のハブ(?)が満員とかで、申し込んではいるものの数ヶ月待ちになります。その間はWiMAXですが、これが建物内では遅く、ストレスがたまることになりそうです。

2015/03/17

同窓会

2015年3月17日

先日、ペグリバ一期生の同窓会を行いました。小生はイントロンAから途中でペグリバに変更したので言わば0.5期生ですが、一期生に混ぜてもらっています。メンバーは、美女3人に小生との計4人、どちらかと言うと、女子会に混ぜてもらったようなものです(笑)。
詳しくは、スマイルさんのブログにあります。

こういう同窓会は成績の良い人が集まりやすく、集まった4人は全員無事に卒業した人たちでした。

このペグリバを含めて小生は入院9回ですが、入院は14,5回という歴戦の勇士(?)から、風邪も引いたことが無く、入院は後にも先にもペグリバの1回だけという方まで、同期生と言ってもそのほかの病歴はいろいろですね。

昼食会だったのですが、話が弾んで、結局解散したのは17時半でした。このメンバー、また集まるかな。

2015/03/16

日々雑感

2015年3月16日

タブレットのDVDドライブ
3月5日の記事で、「タブレットとDVDドライブ(BUFFALOのDVSM-PT58U2V)の相性があまり良くないようだ」という記事を書きました。そしてその後わかったことは、DVDは認識するがCD-ROMは認識しない、ということでした。その後DVSM-PT58U2Vの仕様をよく見たら、定格はDC5V1.5Aでした。そして使ったDCアダプタは5V1A、どうやらDCアダプタの能力不足のようでした。こうやってみると、DVDよりCD-ROMの方が駆動時に電気を食うのですね。BUFFALOのホームページで見つけた純正のDCアダプタは5V2Aで、さすがに余裕を持って造ってあります。BUFFALOには直販もありましたが、アマゾンの方が安くて納期も早いので、そちらに注文しました。CANONのRAW現像ソフトがすんなり入りましたので、これでOKのようです。BUFFALOさん、お騒がせしました。

uniballビジョンエリートのリフィール
小生は水性ボールペンが好きで、以前はuniballアイ、ビジョンエリートが出てからはビジョンエリートを使ってきました。これらは裏ルートからの入手がほとんどだったのでふんだんにあったのですが、会社を辞めて裏ルートの入手が困難になり、東急ハ○ズに行ってきました。ビジョンエリートはリフィール交換型なので、換えのリフィールを探すためです。ところが係員に聞いてみたところ、「三菱のカタログには、ビジョンエリートは使い捨てと書いてあります.」とのこと。UBR-90というリフィールの型式もあるのでそんなわけはないと思って調べたところ、換えリフィールは日本国内では売っていませんでした。元々このビジョンエリートは自家用飛行機で移動するアメリカのVIPように開発された商品のようで、日本国内の販売はあくまでもおまけでした。日本のアマゾンではなく米国のアマゾンでは換えリフィールの2本組みが売っていましたが、円安の今日、ちょっと高いので、止めておきました。もったいないけど、軸になっている物を買います。

貨物時刻表
3月14日のダイヤ改正当日、注文しておいた貨物時刻表が送られてきました。それをよく見たら、城端線の時刻が乗っていません。城端線自体は営業範囲に入っており、貨物列車が廃止になったという話しもないので、完全な波動輸送扱いになったようです。今度は二塚駅から工場に引き込む列車を狙っていたので、今度は事前に運行を調べて、それも早めに行った方が良さそうです。

2015/03/13

くまモン電車を撮ろう(4)

2015年2月10日(火)

6:40起床、まだ真っ暗である。夜が明けると、このホテルの窓から市電が撮れることに気がついた。今日の天気は曇。曇だと、逆光でも気にせず撮れるので、ありがたい面もある。Img_65021a


辛島町まで市電で行く。熊本市電はSUICA,PASMOなど、交通系ICカードのほとんど、少なくともJRのものは全部使えるようになった。岡山電軌は使えるのはICOCAだけなので、ずいぶん進んでいる。バスも使えるようになるとありがたいが、バスはまだまだである。Img_65081a


交通センターで撮影に関係ない荷物をコインロッカーに放り込み、藤崎宮前へ。併用軌道の部分で2本撮る。そこで今日のくまモン電車の運行を駅に聞きに行ったが、これが大間違いで、次の電車だと言う。急いでまた戻ったが、上りには間に合わなかった。Img_65141a


肝心のプラ台車を履いているのは下り側なので、下りはしっかり撮るようにする。併用軌道区間は速度が遅いので、台車も流さずに撮れる。このFRP台車、黒に赤い線が入り、イメージはまさにくまモンである。Img_65201a


青蛙が廃車になると話題になっているが、1本はまだ残るので、今日は撮影終了である。バスで交通センターに戻り、西辛島町の交差点へ。今度の狙いは黒い0800型の「CCOCORO」である。西辛島町の交差点で待っているの、A系統とB系統(旧2系統と3系統)の両方が撮れる。しばらく待っていたが全く姿を見せないので、お昼にもなったことだし、交通センターへ戻る。後でわかったことだが、COCOROはブレーキに不具合が見つかり、2月8日から3月2日まで運休していた。Img_65211a


なおN先輩に聞いた話だが、COCOROはその黒い色から視認性が悪く、車との接触事故も絶え間ないそうだ。そして一旦事故を起こすと熊本の業者では塗装ができず、わざわざメーカーの新潟トランシスから機械と技術者を送ってもらい、再塗装をしているそうである。なまじ七つ星と同じ塗装を行っているので、メンテナンス性もすごく悪くなっている。余談だが車内で使われている木製の部材は、デザインをした水戸岡氏の会社が造っているそうだ。Img_65361a


交通センターで昼食。あちこちに、交通センターは3月末で閉鎖という掲示がしてある。どうやら再開発で、すべての建物を取り壊して、新しく複合施設を造る予定のようだ。現在の交通センターは規模は日本一だそうだが、ともかくわかりにくい。どこ方面はどのホームに行けば良いのかがわかりづらく、そしてそのホームにどうやって行けば良いのかもわからない。横浜駅の西口と同じで、目の前に見えているのに、どうやって行けば良いのかがわからない。車道を突っ切りたくなる。新しい交通センターは、そのあたりが少しでも改善されることを望む。2018年完成予定だそうだが、その頃に熊本に来る用事があるかどうか、である。Img_65441a


早めに空港に向かう。空港連絡バスはリムジンバスのはずだが、やってきたのは2ドアの路線バスタイプ、それでも荷物置き場を大きく取ってあり、一応空港連絡専用のようだ。この手のバスはリムジンタイプに比べ、バネが固い。空港に着き時間があったので、スイーツで一服でもと思ったら、喫茶室にいきなり団子があった。字では「いきなり団子」と書くが、元々の熊本での呼び方は「いきなりだご」である。元々は芋を使った代用食であるのだが、熊本の名物になってしまった。Dscn11821a


時刻通りに搭乗開始。ところが、JALのB-767なのだが、乗ってみたらがら空き、搭乗率は30%くらいだろうか。遅く手配したのに窓側の席が取れたわけがわかった。B-767はCAの定数は確か7名だと思っていたが、5名だけである。乗客数が少ないので、必要最低限に絞ったようだ。空いているのは、席を2つ分使えるので、乗客としてはありがたい。飛行中も晴天で、地上がよく見える。アルプスや富士山も、くっきり見えた。Dscn1185a


定刻羽田到着。羽田からの京急1000型は、今度はドレミファインバータというおまけ付きだった。

(完)

2015/03/11

くまモン電車を撮ろう(3)

2015年2月9日(月)(つづき)

熊本に到着、熊本駅が、妖怪ウォッチの毛馬本駅に化けている。熊本ではN先輩に会う約束をしている。暮れに音信不通だった上に年賀状も来ず、身体でもこわされたのかと心配して電話したところ、年賀状が行方不明になっていることが判った。1月2日の午後配達されるはずの分がごっそり消えているような気がするのだが、これは確認するわけにも行かず、確認したのはN先輩だけである。Dscn1176a


そのN先輩、小生より13歳年上なのだがお元気で、昼食をごちそうになる。駅前のビルに市電のシミュレーターがあるというので行って見て、平日で空いているのでやってみたが、目の距離感が合わず、目眩がしてきた。小生は運動視差立体視で距離を確認しているため、こういう画面では距離を誤認し、脳がパニクるようだ。その後一緒に市電の撮影、最古参の1063号(昭和26年=1951年製!)が、帯が青色の昔(昭和40年頃)のワンマン塗装に復刻されていた。Img_6437a


その後用事のある先輩と別れ、小生は一人で三角線に乗り網田へ、夕日を狙ってみるのだ。平日日中の三角線はキハ31の単行、トイレがついていない。同じキハ31を運用している筑豊線でも苦情が出ていると聞くが、改造してトイレを付けないのだろうか。Img_64451a


ただ今は法律(もしくは規則)が変わり、トイレを付けるとすると大型の車いす対応にしなければならず、そうなると小さいキハ31だと定員が大幅に減少するので、やらないのかもしれない。トイレ付きの改造ができないのなら、キハ40がいるのだから単行をキハ40にして、キハ31は増結に回せばいいのに。Img_64591a


今日はちょうど干潮と日没が近い時間である。これが休日なら、「お立ち台」は大混雑だろう。そのお立ち台からはかなり距離があるので、小生の250mmでは干潟を撮影するのには良いが三角線を撮影するのには向かないと思い、お立ち台とは逆方向に歩く。昔(大昔)雲仙岳をバックにC11を撮ったことがあるが、その場所が今どうなっているかだ。昔撮った場所は現在では木が伸びてしまい、撮影できなくなっているところが多い。何とか近い雰囲気の場所を見つけたが、ここでは干潮時でも干潟は見えないことが判った。どうしようかと思っているうちの上り列車が来てしまい、大慌てで撮ったのがこの写真である。Img_64731a


今度は低い位置から取れないかと思っていたら、防波堤が目に入った。上から狙っている人が大勢いるはずなので、防波堤の上に立ったら顰蹙ものだが、幸い干潮なので防波堤の陰に降りられる。ところがそこへ降りるためには石垣を降りなければならず、片目なのでちょっと怖かった。こういう田舎では落ちても誰も気がつかないので、下手したら満潮時に水死である。慎重に何とか降りた。Img_64921a


逆光の夕日の中を走る列車と、イメージ通りだったのだが、写真にしてみるとイメージとはかなり違った。この写真を後日クラブのOB会で知人や先輩に見せたところ、「凝り過ぎ!」という人と「面白いじゃない」という人と、評価は真っ二つだった。Dscn1177a


網田駅に戻る。網田駅は小生の記憶では昭和30年代のままだが、実は開業当初(三角線の開業は明治32年(1899年)である)の駅舎そのままということだ。なお現有する熊本県最古の駅舎ということで、国の登録有形文化財になっていた。Dscn1178a


三角線で熊本に戻り、駅ビルで「火の国定食」の夕食、駅前のホテルに泊まる。

熊本泊。
(つづく)

2015/03/09

くまモン電車を撮ろう(2)

2015年2月9日(月)

昨日早く寝たので、5:20に起きる。朝食前に朝の3連接を撮影に行こうと思ったのだが、まだ真っ暗どころか、雰囲気は真夜中である。一旦出かけてまた戻り、6:30になって再度でかけるが、まだ真っ暗だ。Img_63911a


九州は東京と体感的には1時間時差があることを、すっかり忘れていた。7:40くらいに、何とか撮れるような明るさになった。まず小手試しで、2連を撮る。ISOを800にして、1/200,F4.5というデータである。Img_64081a


かつての黒崎車庫前、現在の西黒崎まで歩く。かつては黒崎車庫前のあたりに国鉄線をくぐる地下道があり、朝は通勤客で混雑していた。ところが現在は黒崎駅の裏側にあたるところに道路(黒崎バイパス)ができ、さらに黒崎駅には橋上駅舎になって両側に出られるようになったため、西黒崎で降りる通勤客は、ほとんどいないようだ。通勤には邪魔にならずに、撮れる。Img_64161a


筑鉄の3連接は数年前までは編成ごとに色が違ったが、現在は色を統一しようとしているのか、青が2編成ある。3連接が2本並んでくれたが、本当は色が違ってくれた方が面白い。今日は赤系の色が撮れなかった。Img_64301a


ホテルに戻って朝食、それからチェックアウトするが、駅の裏側に歩いてみる。昔居た会社だ。その当時の建物もいくつか残っているが、小生が昔いたところは道路にかかるために取り壊され、何もない。また正門前にあった黒崎窯業へ続く引き込み線も、今はない。Img_6431a


その当時は、12時ちょうどに黒崎を出発する96逆行牽引の貨物列車があった。ほとんど毎日のように見ていたものの、写真を撮っていない。今になってみると、実にもったいないことをした。旧三菱化成、現在の三菱化学への引き込み線はまだ残っているため黒崎着発の貨物列車はまだ健在のようで、「金太郎」EH500が空のコキ200を従えて止まっていた。Dscn1172a


黒崎駅で、熊本までの切符を買う。「小倉回りですか?」と聞かれる。なるほど、考えていなかったがそういう行き方もある。逆に、その方が早いだろう。在来線に乗りたいため、博多までは在来線の特急(大分からの「ソニック」が走っている)、博多から九州新幹線にした。買った後で気がついたが、門司港から熊本までは200km弱、黒崎からだともっと近くなるが、三角線の撮影をするつもりなので三角まで買えば、200kmを越えてジパングの3割引になった。今回は往復飛行機なのでジパングの購入用紙を持ってきておらず、惜しいことをした。Dscn1173a


昨日も寒かったが、今日も寒い。博多まで特急に乗らずに途中の千早あたりで撮影しながら行く手もあったが、寒くてその元気が起きない。黒崎で885系の「ソニック」にさっさと乗り込む。885系のシートは、革張りである。昨日のJALよりこちらがシートピッチも広く、格上の感じだが、最近は鉄道より飛行機の方が運賃が安いことが多いので、当然なのかもしれない。Dscn1174a


黒崎-博多間には、小生が北九州にいた頃には、ノンストップの421系の特快が走っていた。この特快、強引にすっ飛ばすものだからよく揺れ、子供達を連れて行ったらまず間違いなしに酔った。当時は山陰線の急行も博多まで乗り入れていたので、後では走りがおとなしいこの気動車急行を使っていた。885系の特急は快適であったが、トイレに行ったらやはりよく揺れていた。Dscn1175a


博多に到着。「ゆふいんの森」が出発するところだったので、撮る。783系のハイパーサルーンも「みどり」で健在。なお九州の古い特急電車の型式は、北海道のものと番号が交互に付いているので、4番ずつ飛んでいる。

鹿児島中央行きの「さくら」で熊本へ。九州新幹線乗り入れのN700系は、指定席は4列シートだが、自由席は普通のN700系と同じである。熊本まで40分かからないので、ゆっくりしている暇もなく熊本に着いた。

(つづく)

2015/03/08

くまモン電車を撮ろう(1)

2015年2月8日(日)

富山から帰ってまだ一週間も経っていないのに、今度は九州に出かける。JALのマイルがたまって九州往復ができるのと、2月まではディスカウントマイルで3月以降はもう少しためないと行けないという、二つの条件が重なった。また2月末は岡山行きが控えているし、気候は悪いが、行くなら今しかない。Dscn1157a


飛行機が出るのは12時過ぎだが、今日は雨の予報なので、降り出す前に出発する。今のところ、曇である。京浜急行のエアポート急行で行く。京浜蒲田では羽田行きのホームが列車によって変わるので、快速特急に乗っても、乗り換えにまごついている間に前の電車は出てしまう。Dscn1158a


途中で快特に追い越されても、直行のエアポート急行に乗った方が、確実である。やってきたのは1000型のジーメンス製インバータ装備車だが、後期型と見え、ドレミファインバータは積んでいない。あのドレミファインバータ、小生は絶対音階はないので新聞に載っていた音階だが、固定ドを移動ドに直すとB-dur(変ロ長調)である。ピアノではなく、クラリネットで音階を決めたか?Dscn1159a


羽田に到着。まず手荷物検査を終えて保安区域に入ってしまい、それから昼食を食べようと歩いていたら、UCのラウンジを見つけた。そのうち手放そうと思っていたゴールドカードが役に立つ。タ○ーズコーヒーでコーヒーは頼まずにサンドイッチだけ買い、ラウンジで食べる。ラウンジには無料のコーヒーもある。Dscn1160a


福岡行きに搭乗する。搭乗するときは、すごい雨である。早めに来ておいて、良かった。機種はボーイング767-300、スカイスイートという新しい座席で、本革張りというのが売りだが、リクライニングできるのはほんの少しだけである。最近は機内でパソコンを広げる人が増えたので(機内でWi-Fiも使える)、邪魔にならないようにリクライニング角度を制限したか。革張りのシートも、JR九州の「ソニック」の方がゆったりしてシートピッチも広く、それに比べるとだいぶ落ちる。Dscn11611a


福岡空港からは地下鉄で博多駅へ、福岡市営地下鉄もSuicaが使える。地下鉄を降りたところでド○ールコーヒーを見つけ、小腹が空いたのでモンブランセット。禁煙席が満員で喫煙席に行ったら、先客10人が全員女性だった。Dscn1164a


福岡は曇、時々日が差す。博多から篠栗線の快速で直方へ、817系2連のワンマンである。この817系、日立のAトレインだが改造工事は行われておらず、窓は全部はめ殺しである。換気は電動ファン頼りのため、真夏に停電で立ち往生したら、死人が出るだろう。Dscn1165a

時折雪がぱらつく篠栗線を抜け、筑豊線に入る。飯塚はいろんなものが取り払われたのか、ずいぶんすっきりした印象になった。構内は広い。直方に到着、かつての機関区などは全部取り払われたが、電車基地になっているために、広い構内は電車がたむろしている。そしてかつての伊田線が三セク化され、端のホームに単行の気動車が止まっている。かつての伊田線は複線だったが、今は単線化してしまったのだろうか。

直方で降り、筑豊直方駅まで歩く。筑豊直方は飯塚経由博多まで線路を引く予定の途中駅だったため、国鉄の駅からは離れたところに造られた。そして以前は終点も路盤の工事途中の感じで、いつでも延長できる雰囲気があったが、篠栗線の完成でその需要もなくなり、終点もしっかりとした車止めになった。あまり利用者がないのか、ビルではあるがシャッターだらけ、すっかり寂れて無人である。トイレも無い。トイレは近くのローソンで借りる。そして一駅、感田に移動する。Img_63771a


感田で遠賀川の河原に出る。夕日の写真を撮りたかったのだが、今日は雲が多い。写真は、今ひとつである。収穫は筑豊直方でもらった時刻表で、ネット上に公開されている時刻表には出ていない、3連の運行表が載っている。そしてその時刻表によると日曜日は3連はお休みだが、何と3連接が来た。久しぶりに、4ビートのジョイント音を聞く。もっと粘っても良かったのだが、猛烈に寒く、引き上げる。九州だと思って防寒下着を着てこなかったのが敗因だった。Img_63831a


感田からそのまま筑豊電鉄で黒崎へ、泊まるホテルは筑鉄黒崎駅ビルの中にある。このビル、1階はバスセンターのため以前来たときは排気ガスのにおいが強く、飲食店が全部つぶれていた。今回は換気が改善されたのかその臭いはせず、飲食店も新しい店が増えていた。夕食もそこで済ませ、街には出ずに早く寝る。

黒崎泊。
(つづく)

2015/03/07

肉体的疲労より心労の方が、期外収縮が起こりやすい

2015年3月7日

カテーテルアブレーション以来、と言うより、術後3ヶ月の制限期間が終わって以来、ほぼ昔通りのペースで生活しています。昔と言っても若い頃とまでは行きませんが、心房細動頻発のずっと前、期外収縮が頻発する前です。ただ不整脈は完全になくなったわけではなく、時々脈が飛んだり、期外収縮が起こったりしていますが、いずれも短期間で(脈が飛ぶのは、しばらく続きますが)、日常生活に影響はありません。

数日前、連絡事項が3件ほど、いずれも連絡待ちの状態で翌日に繰り越しになってしまい、その翌日はちょっと胸が痛いような期外収縮が起こりました。以前なら心房細動が起こった、お風呂の掃除など、息が切れるような力仕事をしても、こういう期外収縮は起きませんから、肉体的な疲労より精神的な疲労の方が、期外収縮に繋がりやすいようです。

今日は本を読んでいて「どどど」と連続3回打ち、心房細動再発かと思ったのですが、そこで止まりました。以前はブラームスのクラリネット5重奏を聴いて、感動してか心房細動が起こったことがあったのですが、いわゆる「心を動かされる」事で、本当に心(心臓)が動かされているようです。

医者からは、期外収縮は心房細動に繋がることがあるので、公式には不整脈の薬をきちんと飲むように、暗には期外収縮が起こるような生活は避けろ、と言われていますが、感動しない人生は面白くないので、こちらは生活を特には変えていません。しばらくこのままで様子見です。

2015/03/05

Windowsタブレット顛末記(2)

2015年3月5日

顛末記の続きです。

3月2日(つづき)
ヨ○バシカメラの、パソコン修理コーナーに行く。平日の午前中とあって、空いている。症状を話し、交換もあると言われたことを伝える。係員がいろいろやっても、キーボードを認識しない。別のタブレットからBluetuuthを起動させ検索しても、キーボードが出てこない。これはハードの異常だろうということになり、新品の在庫確認のために、売り場係員を呼ぶ。やってきた売り場の担当者、「一度見せてください」と言っていろいろ触り、キーボードの方をごそごそやっていたら、「見えました!」見事繋がった。一応念のために電源を切って再立ち上げし、自動的に認識することを確認した。「何かあったら、またすぐに持ってきてください。」と言われて、無事修理が完了した。

原因はlenovoのコールセンターの担当者の説明不足らしく、一度キーボードとのペアリングが成立した後に本体を初期化したので、Bluetoothで検索しても言わば独身相手だけを探し、キーボードは自分のパートナーをひたすら待っているという状態だったそうだ。キーボードの電源スイッチを長押しすると、キーボードからBluetoothの電波を発信するので、その状態で接続させれば良いのだそうだ。ちなみにこの説明をしてくれた売り場の担当者は、lenovoでタブレットの講習を受けてきたそうだ。

早速家に帰って、セッティングの続きを開始する。中断していたDVDドライブのサポートソフトのインストールを始める。どうもネットに繋いでいないとうまくいかないようで、光ファイバの無線LAN環境の方が、進行速度が速い。ただタブレットとDVDドライブ(BUFFALOのDVVSM-PT58U2V)の相性があまり良くないようで、「ファイルが見つかりません」がたまに出る。2回インストールをかけて、やっと完了した。

今度はウイルス対策ソフト(スーパーセキュリティZERO)であるが、今度はCD-ROM自体を認識しない。CDがちょっと回ると「ひゅ~~ん」という音を立てて止まり、また起動しては止まりの繰り返しである。幸いソースネクストはプログラムのダウンロードサービスがあるので、ライセンスキーでダウンロードする。なにやら先行きが不安だが、ウイルス対策までは完成である。

3月3日
ヨ○バシドットコムに注文しておいた一太郎2015のバージョンアップ版が届く。ネットショッピングはあまり好きではないのだが、店頭より1000円近く安いので、買ってしまった。このDVDは、ちゃんと認識する。ただファイルの読み飛ばしがあったようでATOKの設定がうまくいかず、これも2回インストールを行った。

Windows8.1はCD-ROMの操作を促す表示が画面の右上に出るので、これを見落としていた可能性もある。また、スーパーセキュリティZEROは、CD-ROMからプログラムをインストールしようとするとそのCD-ROMを全部チェックするので、これにやたら時間がかかった。

一太郎は、インストールするとデスクトップにアイコンがちゃんとできる。officeもアイコンがないと不便なので、ショートカットを作る。幸いショートカットの作り方はWindows7と同じなので、これはできた。

3月4日
ジャストシステムの直営店に注文しておいたメールソフト、SHURIKENが届く。最近はメールは直接読むことが主流になっているようだが、古い人間なので、こういうメーラーを使わないと落ち着かない。このSHURIKENをインストールしようとしたら、またCD-ROMを認識しない。スーパーセキュリティZEROと同じで、「ひゅ~~ん」の繰り返しである。ジャストシステムはダウンロードサービスは行っていないし、どうしたものかと考えて、ホームネットワークを構築することにした。

マイクロソフトのサイトにホームネットワーク構築の詳しい説明があり、その通りにする。ネットワークのグループ名の変更がポイントのようだ。まずデスクトップパソコン(Windows7)から設定、パスワードは推奨の通りに無しにしておく。XPまではホルダを共有化するとアイコンが変わったが、7は変わらない。一応、専用の共通ホルダを作る。すんなりできる。

次にタブレットを設定する。これもすんなりでき、デスクトップ機が見えるようになった。ところがそれをクリックしたら、いきなり「アクセスを拒否しています」と出た。さて、困った。アクセス制限のかかりそうな場所をチェック、特に制限はかかっていない。ウイルス対策ソフトを切ってみる。これでもダメ。タブレットの再稼働をかけてもダメで、デスクトップ機の再稼働をかけたら、やっと拒否されなくなった。

この状態がいつまで続くか心許ないので、即SHURIKENのインストールに入る。デスクトップ機のCD-ROMを入れ、AUTORUNを止めてファイルを表示。ここで共有化ができたので、ファイルを共有化する。そしてタブレットでデスクトップ機のDVDドライブをクリック、インストールが始まった。ちなみにデスクトップ機は光ファイバは有線接続であるが、キーボードもマウスも無線(Bluetooth)。そこにキーボードをBluetoothで繋いだタブレットが無線LANで繋がるのだから、どこがどれに繋がっているのか、見た目ではわからない。改めて、最近の技術はすごいと思う。

無事SHURIKENのインストールは終了、メールを受信させて確認する。これでOKだが、デスクトップ機の環境がなかったら、全く進まないところだった。皆さん、こういうセッティングをやっているのだろうか。それとも、タブレットには外部ソフトはインストールしていないのだろうか。

何はともあれ、GOOGLEの予定表も見えるようになったし、これでタブレットとして持ち歩けるようになった。ただ小生が使っているWiMAXのモバイルルーター(URoad-8000)はなんとも遅く、SIMフリーモデルを買ったのだから、どこかでSIMに契約変更した方が良いのかもしれない。

2015/03/04

Windowsタブレット顛末記(1)

2015年3月4日

やっとWindowタブレットの設定が終わりました。かかりっきりではなかったと言うものの5日がかり、かなり手強い代物でした。以下その顛末を、、。

拠点を岡山に移した後も、東京には少なくとも数ヶ月に1回は来そうである。そう考えると(気が早いが)、簡単に持ち歩けるタブレットが欲しくなった。大学時代のクラブのOB会の会合で、一つ下の後輩にi-PADを見せられ、その使い勝手が良さそうだったこともある。とは言うものの、アップルの製品は修理がきかないと言って良く、また現在使っているスマホもどき(ウォークマンZ)の予定表を連動させるには、アンドロイドの方が良い。そこでアンドロイドの端末を眺めていろいろ聞いてみたら、アンドロイドでG-MAIL以外のメールを使うのは、止めた方が良いという。小生はG-MAILのアドレスを持っているが、これはあくまでも予定表にアクセスするだけのもの。メインはniftyである。これが使えないと、使い勝手が悪い。

2月28日
アンドロイドタブレットもいまいちだなあと思いながら調べてみたら、ASUSに50K代でキーボードが分離できるWindowsタブレットがあることがわかった。ヨ○バシカメラに日参するような感じだったが、再度売り場を眺めてみたら、ASUSはモデルチェンジして何と70K代、円安の影響にしても、上がり方が激しい。代わりにlenovoの、キーボード分離型Windowsタブレットが55Kで売ってあるのを見つけ、ほとんど衝動的に買ってしまった。YOGAタブレットというものである。

3月1日
昨日はセッティングには取りかかれず、今日から開始する。ところが小生の手持ち品をいろいろ見てみたら、Windows8.1に対応した物が何もない。外付けのDVDドライブも対応しておらず、結局新しい外付けDVDドライブ、USBのミニとの変換ケーブル、USBメモリー、ウイルス対策ソフトなどを買ってきた。まさに日参である(^_^;。

セッティングの最初に単体のパスワードを入れるが、次にマイクロソフトアカウントのパスワードを要求される。ところがこれがメールアドレスを入れてパスワードを入れると、「メールアドレスにセキュリティコードを送ったから、それを入力しろ」と来た。これはこのタブレットが2台目と決めてかかっている対応で、台目だったらどうしようもないだろう。

無線LANの設定は、比較的簡単だった。ただカミさんがいないのを良いことに携帯用のWiMAXを使ってコタツで設定していたら、その場所は電波状態が良くなく、いつの間にか切れている。翌日からだが、光ファイバのルーターに付いている無線LANに切り替えた。

なんだかんだでマイクロソフトアカウントまではOK、内蔵されているofficeをインストールする。付属品にCD-ROMケースのようなものがあったが、中身はアクセスキーだけで、ソフトは内蔵であった。ところがアクセスキーを入力する段になって、タブレット単体ではタッチキーボードを使うが、これがi-Phoneと同じでCapsロックが効かない事がわかった。大文字だらけのアクセスキーに四苦八苦しながらやっとインストールしたが、デスクトップにもタイルにもofficeがない。スタートメニューを発見してプログラム一覧を出したらちゃんと入っており、新しいofficeはショートカットは自分では作らないらしいことがわかった。

本当はもっと早くやるべきだったのだが、キーボードを繋ぐ。ところがこれも、説明書通りには行かない。キーボードのスイッチを入れてしばらくするとLEDの点滅が止まると書いてあるが、止まらない。本体の設定も、説明書と本体が合わない。触っていたら偶然「キーボード」というところを見つけ、触ったらキーボードの型番が出てきて、それを触ったらBluetoothの接続もできた。やれやれ。

次にウイルス対策ソフトを入れようと思い、外付けDVDドライブを繋ぐ。ところがCD-ROMはまだ入れていないのにアクセスランプが点滅しっ放しで、消えない。ネットで「タブレットはDVDドライブに電力供給する能力がない」とか書いてあったことを思い出し、5Vのアダプタを繋ぐ。純正ではなくザウルスのものだが、電圧と容量さえ合えば使える。DVDドライブを自動で認識してくれ、サポートソフトをインストールしようと思ったが、これがなぜかものすごく時間がかかる。このYOGAタブレットはUSBポートが一つしかなく、USB給電なので何かを繋いでいると、バッテリー駆動になる。ソフトのインストールが終わらないのにバッテリー残量がどんどん減り、結局タスクマネージャを立ち上げて(ここの操作は、8.1も同じだった)インストールを強制終了させ、シャットダウンして一晩充電することにした。

3月2日
朝見てみると、給電ケーブルを繋いでいたはずなのに、バッテリー残量が0である。はっと気がついた。YOGAタブレットにはUSBケーブルが2本付属しているが、細い方と太い方がある。昨日は細い方を繋いだが、これではインピーダンスが大きすぎたのかもしれない。太い方を繋ぎ直したら、やっと充電が始まった。なおマニュアルには、「キーボードの充電には細い方を使え」と書いてあるが、本体は細い方では充電できないとは書いてない。

やれやれと思っていたら、いきなりシャットダウンしてしまった。そして起動をかけると、起動に失敗する。どうやら昨日のインストール中断が、悪さをしているようだ。対策を見たら、「リフレッシュ」と「初期化」とがあり、まず軽い方のリフレッシュを行う。リフレッシュはうまくいき、無事起動、無線LANも復活する。ところが、今度はキーボードを認識しない。Bluetoothの設定があったので接続先の検索をかけるが、捜査しているだけで、キーボードを探せない。やむなくlenovoのコールセンターに電話をすることにした。

lenovoのコールセンターには、思いの外早く繋がった。症状を話すと、一度初期化をやれ、と言う。そしてそれでも治らなかったら、ハードの故障の可能性があるので、メーカー返却の修理になるという。買った店を言ったら、新品と交換の可能性もあるとのこと。なにやらいやな予感がしたものの、一度初期化。案の定、キーボードを認識できない。返品交換の可能性を考え、付属品を全部そろえて箱に詰めて、ヨ○バシカメラに持って行くことになった。まさに、日参だ。

(つづく)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ