« 無事に帰ってきたものの、眼鏡の忘れ物 | トップページ | 花粉症と、白内障の手術時期 »

2015/02/04

高岡ステーションビル様、ありがとうございました

2015年2月4日

富山から帰ってきたら眼鏡がなくなっていることに気がついたことは、前回書きました。

そこで昨日、一通り忘れた可能性のあるところに電話してみました。まずホテルですが、ここにはありませんでした。その次に可能性があるのが、最後に荷物を詰め替えた高岡駅の待合室です。小生は写真を撮りに動き回るときは、宿泊に必要で写真撮影に必要のないもの、例えばひげそりや着替えなどは、まとめて駅のコインロッカーに入れています。今回はまず富山で東富山まで往復して撮影するのに富山で放り込み、次に城端線の二塚まで往復するために高岡で放り込みました。撮影が終わったら今度は帰るためにセカンドバッグを出してその他のものをリュックの奥に詰め込みます。今回忘れた中近用の眼鏡はセカンドバッグの中に入れていたのですが、車内用のスリッパをセカンドバッグに移すときに眼鏡を一旦外に出し、戻し忘れたものと思われます。

高岡のJRの待合室は吹きさらしのため、暖房の効いた万葉線の待合室で行いました。そこで万葉線の事務所に、待合室に忘れ物がなかったか聞いてみました。ところが、万葉線待合室と書いてあるものの、管轄は万葉線(万葉線株式会社)ではないと言います。隣に加越能バスの切符売り場があるため、そちらに聞いてみてくれとのことでした。

加越能バスに電話してみました。ところが待合室は加越能の管轄ではなく、わからないのでステーションビルに聞いてみてくれとのことでした。管轄が違うのはしようがありませんが、どこが管轄なのかがわからないというのは、困ったものです。かなりまめに清掃が入っていますので、どこかが管轄しているはずです。

調べてみたら、株式会社高岡ステーションビルというのがありました。そこに電話して聞いてみたところ、届け出はないが、一応清掃の担当者に聞いてみて、あったら電話をすると言うことで眼鏡の特徴と電話番号を伝えました。

しばらく待ったら電話がありました。小生が伝えた眼鏡屋の名前の入った眼鏡拭きは入ってなかったものの、四角い焦げ茶色のケース、ダンヒルのゴールドフレームという特徴が一致したため、お願いして着払いで送ってもらうことにしました。そして、今日無事到着しました。今お礼状を書き終えたところです。

度数が合わなくなって新しいのを作っていますが、白内障のせいか日によって見え方が違うため、よく見えるときはこのダンヒルの眼鏡の方がしっくりきます。これはその眼鏡で書いています。高岡ステーションビルの担当者の方、ありがとうございました。

« 無事に帰ってきたものの、眼鏡の忘れ物 | トップページ | 花粉症と、白内障の手術時期 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/61084773

この記事へのトラックバック一覧です: 高岡ステーションビル様、ありがとうございました:

« 無事に帰ってきたものの、眼鏡の忘れ物 | トップページ | 花粉症と、白内障の手術時期 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ