« となりのロボット | トップページ | Windowsタブレット顛末記(1) »

2015/02/28

カメラがノートパソコンに化けた

2015年2月28日

富山に行ったときに写真を整理していて、何か写真にシャープさが足りないような気がして、新しいカメラが欲しくなりました。小生が使っているカメラは、CANONのEOS Kiss X5です。いわゆるエントリーモデルなのですが、何しろ軽く、APS-Cですが画素数も1800万あり、プロも使っているカメラです。特に軽いので、山岳カメラマンに愛用者が多いとか。

小生の撮る写真は引き伸ばしてもせいぜい全紙なので、APS-Cで十分です。画素数がもっと欲しいと思うときはトリミングを多めにかけるときで、これは倍くらいの画素が欲しくなります。ところが、今話題のEOS7DMark2でも、2000万画素なんですね。列車を撮るときにはついつい先頭につれて画面の中心が動いてしまい、ぎりぎりで狙うどこかが欠けてしまうので、ついつい広めの画面でトリミングでカバーしています。これを防ぐには、要は腕を上げれば良いんですけどね。

もう一つは、軽さの問題です。一眼レフ特有のミラーぶれ、これを防ぐにはカメラは重い方が良いです。しかし最近のカメラはぶれ止めがしっかりしているので、小生はもっぱらそちらに頼りっきりです。もう少しグリップをしっかり持った方が良さそうです。

上の2つをカバーするにはフルサイズのカメラということになるのですが、フルサイズは高い、重い、かさばる、と三拍子そろっているので、車を使わない小生には向かないでしょう。

鉄道写真、それも走行中を撮るときは連写機能を使用しますが、古いカメラでは一度シャッターボタンを放すと転送が始まり、連続撮影可能枚数内であっても、その後シャッターが切れなくなることがありました。連写速度と連続撮影可能枚数はカタログに書いてあっても、こういうことは書いてありません。先日ヨ○バシカメラで、SDカードを入れて試させてもらいました。ダダダ、ダダダ、という完結連続撮影ができるかどうかです。これはカメラの上位とかエントリーモデルとかには関係なく、最近の設計の物は可能になっているようです。ちなみに、小生のKissは可能です。

こうやってみると、まだまだ小生はカメラの性能より、腕の方が劣っているようです。EOS8000あたりに触手が動いたのですが、当面Kissで腕を磨いた方が良さそうです。

と、散々カメラを調べた後、今度はタブレット機に目が移ってきました。先日、友人が持っているi-PADを見せてもらい、なかなか便利だと思ったからです。それでタブレットをいろいろ見ていて、アンドロイドタブレットにしようかと思っていて、結局キーボード着脱型のノートパソコンになってしまいました。レノボのYOGA Tabletというものです。一番安いモデルで55K円、買ってしまいました。確定申告で出した申請がそのまま通ればまかなえます。明日からセッティングです。

« となりのロボット | トップページ | Windowsタブレット顛末記(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

南海さん、こんにちは
新PC購入おめでとうございます。
小生もタブレット着脱型のノートを考えています。
タブレットにもなってノートにもなるやつは、お高いと思っていましたが、
55Kであるとは知りませんでした。

ひでほさん、ありがとうございます。

本当はASUSの物を考えていたのですが、いつの間にかモデルチェンジし、値上がりしていました。
今日はセッティングして第1報を載せる気だったのですが、WINDOWS8.1の使い勝手が悪く、またこのタブレットはすごく癖があるようで、セッティングに難航しています。やっとキーボードの認識ができ、手持ちの外付けDVDドライブが8.1に対応していないことがわかってまた買いに行き、ついでにマイクロ/標準のUSB変換ケーブルも買ってきて、今DVDドライブのサポートソフトをインストールしているところです。今日中にウイルス対策ソフトまで入れたいところですが、できるかなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/61208786

この記事へのトラックバック一覧です: カメラがノートパソコンに化けた:

« となりのロボット | トップページ | Windowsタブレット顛末記(1) »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ